フリーランスと書いてますが「ネット収入」のある方が一番迷うところだと思います。
フリーランスの方も一緒のようですので(調べて理解するのにめっちゃかかったで^^;)

この超わかりづらい「フリーランスの場合の扶養」のお話です。

 

なお、ここでいう「扶養」とは「ご主人が会社員」の方の場合で、自営業等の場合は当てはまらないと思いますのでご了承ください^^
(自営業は「扶養」という表現ではないかと思います。違ったらご指摘を。。)

 

スポンサーリンク

フリーランスで確定申告が必要なのは専業主婦の場合「年収38万円」からです

フリーランスの場合、年間38万円以上の収入
(収入と所得もまた違います。。記事下に「所得」についてのリンクを張っておきます)
がある場合から「確定申告」が発生し、税金の徴収の対象になります。

 

「103万円までは非課税」ってよく聞くと思いますが、それは「パート」などでどこかに「勤めてる(給与所得)」場合のことを指すようで、

フリーランスが関係するのは「年収38万円」と「年収130万円」が大きな壁となります。

 

なので「フリーランス(ネット収入含む)」の方は「年収38万円」を超えた段階でまず「確定申告」が必要になり、自分で税金を納める必要がでてきます。

確定申告書というのは「税務署」に出すもので、フリーランス本人が出す確定申告書は、旦那様の会社には関係ありません。

 

社会保険の扶養のことは旦那様お勤めの会社に聞きます。税務署じゃないよ

はい。もう、この「所得税の扶養」だの「社会保険の扶養だの」がホンットわけわからんだった。

まず「所得税(や住民税)」を管理しているところと「社会保険」を管理しているところは全く別物です。←ここ超重要。

なので、社会保険の扶養のことを所得税を管理している「税務署」に聞いてもNGなんですね~。

 

例えていうなら、

  • 社会保険(健康保険のこと)を管理しているのは田中さんのご家庭。
  • 所得税を管理しているのは佐々木さんのご家庭。
  • ちなみに住民税はお嫁に行った佐々木さんの娘さんのご家庭(一応所得税とつながりはある)

このくらい違います。

年収130万円を超えそうだから、どのように手続きしたらよいか、詳しい条件はどんなか。と佐々木さんに聞いてもわからない。みたいな感じ。

 

社会保険の扶養の詳細を聞くのは「旦那様の会社で入っている社会保険」に聞きます。

扶養から外れる、扶養に入りたい。どちらにしても、まずはお勤めの会社を通せば手続きできるかと思います^^

うちのようにイレギュラー(ママフリーランス)な場合、直接社会保険の組合に詳細を聞いてみて。ということも出てくるかも。

会社に言われた通りしていれば大丈夫です。

 

協会けんぽ保険証

ちなみに上記の保険証は「協会けんぽ」というところから出ています。

 

節約の裏技。年収130万円を超えないように収入調整をすると社会保険の扶養でいられる

なぜ130万円にそんなにこだわるのか。

まず一番は、社会保険の扶養を抜けて奥様が自分で保険料を支払う場合、国保と国民年金の保険料はあまりにも高すぎます。

例えばななの自治体では年収130万円だと、国民健康保険で年間14万円以上(国保の金額は収入ではなく所得で決まる)国民年金で年間19万円以上払うことになります。

国民年金保険料は全国共通です。

 

年間で35万円って( ;∀;)

いやいや、でも自分で支払ったらそれなりの恩恵はあるんでしょ?やっぱり扶養でいるよりはオトクなんでしょ?

・・・・・残念。。自分自身への恩恵は見事に1円もありません。

  • 国民健康保険の窓口負担も「3割」
  • 国民年金は「専業主婦の3号」も「フリーランスの1号」も将来支給される金額は全く一緒です。

敢えて言えば「旦那の厄介にはなっていない」という自負の部分だろうか。というくらい「実質」の恩恵はないですね~。。

 

入院等をして「高額療養費」というものを使うときは恩恵があるのですが、まあ日常的ではないわな~。

 

旦那様の社会保険料も奥様が抜けたからと言って下がることはない。

ご主人の社会保険料は「月収をベースに」出しているので扶養0人だろうと、5人だろうと同じ金額を支払います。

 

ということは、ご主人も今までと同じ金額の社会保険料、厚生年金を払い、なおかつ

自分自身も年間30万円以上も国や市町村に一気に払う必要が出てくるのが、この「年収130万円」のラインなわけです。

 

つまりは130万円を少し超えるかも?程度の年収なら130万円未満に押さえたほうが世帯支出はグッと減る裏ワザになります☆彡

 

奥様の年収は「今までの年収」ではなく「これからの年収見込み」で扶養が決まる

この年収というのは「昨年度の年収」ではなく

今後の年収が130万円を超える場合

という、フリーランスにとっては、非常に悩ましいところになりますので、上記のリンクが参照になれば幸いでございますm(_ _)m

 

これは上記リンクで一記事取ってありますので、ご覧いただけますと嬉しいです。

 

年収130万円以上170万円くらいの幅であるなら可能なら扶養に入りたい。

年収130万円未満にできるような収入の調整ができるなら。という大前提ですが。

パートさんですと半分会社が負担するはずなのでこの年収幅がもう少し下がりますが、フリーランスの場合は全額支払いなので、170万円くらいまでは実質手取りは減ってしまうと思います。

年収130万円に抑えられるうちは、ご主人の恩恵をしっかり受けた方が絶対オトクです!
(だと思います。。)

 

なお、こちらの記事では「年収130万円」と記載してありますが、ご主人の「社会保険協会」によって異なってくるかもしれませんのでご確認ください。

この記事で書いたのは、ご主人が「協会けんぽ」に入っている場合です。

 

色んなサイトで「年収130万円」と書いてあるので、恐らく一律だとは思うのですが、
ご主人が他の社会保険協会に入っている場合は、そちらのサイトをご一読ください。

 

参照:収入と所得の違いって何?(超重要♪)

スポンサーリンク