私は商工会議所で「申告の代行」をしてもらってますので、おそらく申告時に必要な「収支内訳書」などは、商工会議所の方で書いていただけるようで、そのチェックにもう一度行くのですが、

「帳簿」の書き方はOKだったようで、それを元に書類(収支内訳書とかだと思います)を作ったら、またご連絡いただけることになっています。

「白色申告。。帳簿??(´・ω・`)」となっていたのですが、教えていただいた通りにやりましたら、さほど難しくなかったです^^
(経費の準備を全然してなかったので(汗)ほとんど経費がなかったからなんだけどね(´Д`;)

 

スポンサーリンク

H26年度白色申告の帳簿の書き方

「H26年度」と書いてますのは、まず
白色申告に帳簿が必要になったのがH26年度から」なんだそうです。

H25年以前は、白色申告は「メモ書き」みたいなものでもよかったんだそうです。
(まあ、私のつけた帳簿も「メモ書きに毛の生えた」ようなものですけど^^;)

なので、来年度からは、もっと詳しい帳簿が必要になるかもしれないとのことで「H26年度」としてあります。

 

白色申告の帳簿は普通の「ノート」で大丈夫です^^
(なななんて、子供の余った「10mm方眼ノート」で書いたよ^^;)

 

最初のページに「何月何日にどこから振り込まれたか」収入を書く

ここは、収入公開になってしまうので、写真は貼りません。ご了承ください。
ですが、次から示す「経費」の書き方と全く一緒ですので、ご参考くださいませ^^

例)

1月24日 アドセンス 80,000円
2月23日 A8 30,000円
・・・・・・

のように、一年分を書いていき、最後に収入の合計を書きます。

 

経費の書き方

これは「通信費」「光熱費」のように「項目ごと」に書いていきます。

 

書き方は収入と同じです^^

ただし、家で仕事をしてる場合、家計の分も請求されてますので、

経費の方は「仕事で使った分」を、自分で計算して、その分だけが「経費」となります。これを「按分」と言います。

按分は自分で決めて(というか自分しかわからないと思うので)OKです^^

 

よほど大胆な按分にしない限り、税務署から疑われることはないそうです。

 

通信費

白色申告帳簿書き方

まずは全部の合計を書く。そのあとに按分何%と書き、合計から按分の料金を計算して、
「経費」となる部分を書きます。

ちなみにADSLをひいてる場合「固定電話ありプロバイダータイプ」を使ってる方は、固定電話の基本料金とプロバイダ代、両方経費にできますよ~^^

(固定電話がないとプロバイダ動かないからね^^)

 

光熱費

白色申告帳簿書き方

こちらも同じ^^こちらのほうが見やすいかな?

按分を書いてないのは「開業届」をまだ出してないため「雑所得申告」になってしまうそうで
(白色申告の帳簿はこの書き方でOKです)

「光熱費は雑所得申告の場合経費に含まれない」と言われたので、書いてません。

 

開業届の大失敗については、別記事にいたします(´;ω;`)

 

あとは上記の領収書をすべて集めて保管しておく

固定電話から、プロバイダー代、光熱費、他にも「経費」としてかかった分はすべて大事に「領収書」をとっておいてください^^

収入の方の証明書も、取れるものは取るようにしてください^^

 

というななは、帳簿書きのときに1年分出したんですけど^^;

 

ちなみに、ソフトバンク関係のものを経費にする場合(ソフトバンクBBとか)過去6か月分までしか、マイページからの印刷ができず、

さらに「ソフトバンク側」でも、過去6か月しか保存してないそうで(´;ω;`)
他の関係も、そういうことが起きないよう、こまめに領収書を取っておくように致しましょう。

ね、なな。今年は気を付けようね。

 

逆にアドセンスは確定申告準備を始める1月に1年分印刷したほうが効率いいと思います。

 

白色申告の帳簿付け、意外と簡単でしょ?^^

経費の多い方は大変だと思いますが、青色申告に比べたら全然楽だと思います^^

 

自分で確定申告をなさる方は、持ち物をしっかり確認してからお出かけくださいませ^^
私は代行してもらってるので、皆様と持ち物等がちょっと違うかもしれません。。

 

帳簿付けは上記のような形でOKでした~^^

スポンサーリンク