今まで「103万円」の壁を意識して働いてたパート主婦(夫)には朗報では??
いえいえ。「配偶者控除を拡大」されてもほとんど意味ないです。

<配偶者控除>201万円まで減税…段階的に縮小 ヤフーニュースより

なぜかって?だって「社会保険の年収106万円か130万円の壁」があるじゃないか。

 

社会保険や厚生年金支払いは、所得税や住民税なんかお呼びでもないくらい高いですから。国保、国年の私なんてさらに高いし。

国は「ミスリード」を狙ってる可能性も十分にあるので、こちらも知識をつけたうえで働き方を考えてみましょう!!

 

スポンサーリンク

150万円まで配偶者控除が効く新制度でも、配偶者の税金支払いは変わらない。

所得税等の控除の計算は今までと同じと仮定します。イコール奥様側の税金支払いは変わりません。

あれ?配偶者の所得税は150万円まで0円なんじゃないの?いえいえ。現行の税制度のままですと

  • 旦那様の税金は減ります=手取り額が増えますが
  • 奥様(配偶者)の税金は減りません。

「配偶者控除を拡大しただけ」ですのでね(*´ω`)

 

旦那様年収400万円、奥様年収140万円の場合の新制度の手取り額

奥様の手取り額は変わらないので、奥様から計算します。

パート収入で月の給与のみ。賞与等はなし。生命保険控除等も一切ない。という条件です。
パートですと、国保ではなく「社会保険」に加入しているはずなので。。。

H28年手取り額計算

年間の手取り額は「1,163,966円」です。今の手取りを計算すると大体このくらいの金額かと思います。

 

旦那様の手取りは「配偶者控除」が全額適用になるため手取り5万円増

新制度では「旦那様(主な収入源)」の手取り額が増えるよ。ということなので、どのくらい変わるかな??

まずH28年度の場合の旦那様の手取り額
  • 同じく、生命保険料控除や扶養控除等はない前提です。
  • 奥様の年収が140万円なので「配偶者特別控除」が効いています。
  • 通勤費を年間10万円、賞与なしで計算しています。

H28年手取り額計算

H28年度の場合は「3,008,404円」となりました。

 

新制度の配偶者控除が適用された場合の旦那様の手取り額

現行が「103万円」が上限なので、10万円引いて「奥様の年収は93万円」の給与。ということで計算しています。

配偶者控除減税後手取り額

新制度の場合で「配偶者控除のみ拡大」になったとすると、旦那様の手取りは
「3,058,804円」となります。

 

奥様の手取り額に変更はないので、世帯の手取り年収は「3,058,804円ー3,008,404円」で、50,400円増となります。

年間で5万円増は嬉しいですね☆彡

 

今まで年収103万円未満に抑えていたパートを140万円まで拡大しても世帯の手取り額増は働いた分そのままは増えない。

え?何で?って?

今まで「年収103万円以下」で働いてた場合、140万円まで働いても、旦那様の配偶者控除は変わりません=旦那様の手取り額に変化はありません。

しかし!!奥様の手取りは「実質」かなり減ります!
なぜなら「配偶者控除」は「奥様の給与」には関係ないからです。

 

社会保険の壁となる「106万円(現在は大企業のみ)か130万円」を超えると、何気に先ほどの表にあるように「年間およそ20万円強」もの負担も発生し、手取り額激減(>_<)

ちなみに「年収100万円」の場合の手取り額は以下の通りです。

配偶者控除減税後手取り額

社会保険料が発生していますが、これは単身の場合等であり、配偶者の扶養に入っている場合は0円のはずです。

なので、そのまま「年収100万円」が手取り額です

 

年間40万円も多く働いたぞ~!でも手取り額は16万円しか増えてないぞ~(´;ω;`)

配偶者控除減税後手取り額

ということになってしまうわけです。。。

「実質」というのは、今までは「働いた時給分=手取り」だったのに、年収140万円に増やした結果「働いた分=手取りにはならない」になってしまうからです。

 

150万円~210万円の配偶者控除だけ見て、働き損にならないように考えてみよう!

社会保険料というのは厚生年金も入るので「手取り額が減るから損」というわけでもありません。

旦那様の扶養に入っていれば「国民年金分」しか年金はもらえませんが、厚生年金に入っていれば年金額も上がります。

社会保険に入るメリットはあるんですよね~(*´ω`)

 

ただし「今の手取り額を増やしたい」から働く時間を増やす場合は要注意!

「年金よりも今の生活を少しでも楽にしたい!子育ても両立したい」と思うから「パート」という働き方を選んでいると思うんです。

年間40万円といえば、時給850円だとしてなんと470時間分です!!月にしておよそ40時間も働く時間を増やさねばならない。

 

配偶者控除額拡大!という言葉のみが先行して、何気に106万円か130万円の壁を超えさせて、自分が納得しないままに社会保険の扶養から外れてしまった!

ということのないように、自衛していきましょう!!

スポンサーリンク