配偶者控除が150万円まで拡大される!?ということで、会社員の配偶者がパートではなく「雑所得、事業所得等」の場合はどうなるのだろうと思って税務署に聞いてみました。

雑所得、事業所得って?と言いますと主にはフリーランスの場合になるかな?ネットで稼いだお金は「雑所得か事業所得」になります。

「配偶者控除が150万円まで上がるなら事業所得申告のワタシも十分恩恵ある!」と張り切る前に!?おさらいしてみました。by勘違いして張り切ってたなな。

 

スポンサーリンク

給与者ではない人は150万円の壁は関係ない場合が多いので確認しよう

そう。ネット等で稼いで雑所得なり白色、青色申告をしている人にとっては「150万円の壁」は関係ありません。

雑所得組に関係あるのは後述しますが「38万円~76万円の壁」になります。

 

配偶者控除150万円に当てはまる人はあくまでも「給与所得者」

世間をにぎわせている「配偶者控除150万円の壁」はあくまでもパートなどの「雇用されている」場合に発生するものなのです。

内職の場合ですと、報酬ではなく「給与」扱いになり、パート等と同じく65万円が適用されるはずですので、詳しくは税務署にお聞きください。

 

ネットの収入は「内職」じゃないの?

内職じゃないです(#^^#)

ネットの収入の大半は「雇用」の関係にないですよね?

アドセンスやASPやポイントサイトに「雇われている」わけではなく「報酬」をもらっているので「雑所得」です♪

 

現行の配偶者控除は38万円でここが事業所得者等のラインとなります。

38万円って何かと言いますと「配偶者控除額」なのですね。なので雑所得組は「38万円以下」で、会社員の年末調整の紙に「扶養」として名前と所得を書くことになります。

 

給与所得者の扶養控除等申告書

事業所得や雑所得の「所得」は「収入ー経費」です

ワタシ青色申告の65万円の控除もありますよ!という場合の「65万円」は、配偶者とは関係ないのですね~(´;ω;`)ウゥゥ

なな家で言えば、夫は会社員、ななは青色事業者で65万円の控除で確定申告しています。

それなら「収入ー経費ー65万円が所得じゃないの?」と思ったのですが、そうではなくてあくまでも「収入ー経費」が所得になります。

 

なななな

雑所得組が年末調整の扶養欄に書けるのは所得が38万円以下なのね

せんせいせんせい

そう♪「扶養になる」のは所得が38万円以下だよ♪

なななな

給与所得控除の65万円は雑所得組には関係ないのね

せんせいせんせい

そう。雑所得組は「雇われてない」ので「給与所得控除」ってのがないのよ

 

せんせいせんせい

パートは外に出るから衣服代等がかかるでしょ?その分が「給与所得控除」なのよ

なななな

ななも「家着」が「制服」なんだけど~

せんせいせんせい

じゃあアンタ「制服」のまま家の掃除も料理もしちゃってるでしょが!

 

所得38万円~76万円になった時は生命保険料控除の横の欄「配偶者特別控除」に書きましょう!

雑所得組で「収入ー経費=38万円以上76万円以下」になったときは「配偶者特別控除」が発生しますので、76万円のラインが一番大事かもしれない。

38万円を超えると「扶養」ではなくなりますので、先ほどの「給与所得者の扶養控除等申告書」の方には書きません。

 

生命保険控除の紙の横に「配偶者特別控除」を書く欄があるので、そちらに書きます。

配偶者特別控除申告書

 

事業所得の場合「38万円」の配偶者控除額がいくらになるかがカギ!

現行のパート等の配偶者控除は「配偶者控除38万円+給与所得控除65万円」で「103万円まで非課税」となっています。

これが「150万円」に上がった時、雑所得組が一番注目すべきところは「配偶者控除額がいくらになるか」です!

もしも「配偶者控除額が50万円」になった場合は「収入ー経費=50万円以下」になれば、扶養になるわけですな~。

 

配偶者特別控除額もグンと上がっているので、そちらの計算も要チェックです!

スポンサーリンク