セルフメディケーション税制?何だか難しい言葉が出てきた。でも庶民には関係ないんでしょ?ってつい先日まで思ってましたが大はずれ!!

むしろ「庶民のための節税=手取りUP対策」なんですよね~~!!

 

「節税」というと、普段税金が天引きされ手取りのお給料を中心に考えて暮らしているサラリーマン家庭には「無縁」と思ってしまいがち。

でももう一度言うよ。「節税=手取り額UP」ですよ~~!!

 

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制って何?

今までは「年間で10万円以上医療費を払ったときは家計に負担が大きいから税金を安くするね」という「医療費控除」という制度がありました。現在もあります。

 

セルフメディケーション税制というのも「医療費控除」と同じ考え方なのですが、大きく異なるところは

  • 「該当する市販薬(=スイッチOTC医薬品)」を1年間で12000円以上購入したときに税金を安くする
  • 税制に該当する年間の購入額が非常に低いので、かなりの家庭で適用になるはず

 

1年で10万円というのは意外と敷居高いのですが、12000円ならば3000円の該当市販薬を4つ買えば適用されますのでね。かなり敷居が低くなりました!!

「軽い風邪程度なら病院にかからないで市販薬で治す」という考え方を日本で導入しようじゃないか!というのが今回の「セルフメディケーション税制」の始まりだそうで。

 

セルフメディケーションのイメージと詳しい内容はこちら

セルフメディケーション税制

この図だけじゃめっちゃわかりづらい(-“-)

 

しかしセルフメディケーション税制の内容はしっかり押さえるべき!なので、厚生労働省よりはるかにわかりやすく記事を書いていらっしゃるneronaさんのブログを読みましょう!!

 

セルフメディケーション税制のななが思うメリット

1年間で12000円という敷居はとても低い。一人暮らしでも適用されるかも!?

全部の市販薬ではなくて「スイッチOTC医薬品」に限り。なのですが、意外と幅広くて、普段何気にドラッグストアで買っているような胃腸薬や痛み止めも該当している可能性はあります。

 

試しに楽天市場で「セルフメディケーション税制」と検索すると~

セルフメディケーション税制 対象商品

セルフメディケーション税制 対象商品

これらはほんの一部にすぎません。

 

アレグラ、パブロンエース、ロキソニンSプラスなどなど「普段買ってますよ」というお薬が多いかなと(#^^#)

これだと「年間12000円」という敷居はとても低い方も多いのかな?と感じます!

 

セルフメディケーション税制の一番のデメリットは「確定申告」が必要なこと

確定申告というのは「税務署等に出向き」「書類を書いて」申請することを言います。

一般のサラリーマン家庭ですと「一度も確定申告をしたことがない」という場合も少なくないと思います。年末調整でほぼ事足りますのでね。

 

税務署自体が交通機関なり車を使わないと行けない場所にあることがほとんどだと思います。

それに持ってきて、確定申告時期の税務署は鬼のように混んでいるそうです。

 

オットオット

配送中、何でこの道めっちゃ混んでるんだ?と思ったら税務署だったよ

e-taxと言って家で確定申告ができるけれどネットにつながったパソコンがないとできない。

スマホからではe-taxはできないはずです。パソコンに何かくっつけないと確定申告できませんのでね。

さらに言えば、よほど税金に詳しいなどでない限り、いきなりe-taxは敷居が高すぎると思います。難しいでしょ?

ななは今年3回目の確定申告になりますが、e-taxで自分で確定申告をきちんとするのはまだちょいと不安です(>_<)

 

もちろん家で確定申告できるのであれば、これらのデメリットはないですけれどね(#^^#)

 

小さい子どもまで「親の自己判断」に委ねすぎるのはどうなんだろう?

1~2歳で泣くしか表現できないと、まずどこが病気をしているのかがわかりません。

中耳炎かもしれない、お腹が痛いのかもしれない。

中耳炎なのにお腹の薬飲ませても仕方ないわけでして。

 

テレビでセルフメディケーション税制のことを取り上げていたとき

「子どもは医療費がほぼ無料なのですぐ医者にかかれてしまうのはどうだろうか?」という論調がありましたが、個人的にはやっぱり小さい子は医師にかかりたいですよね。

 

税金を納めていない年金生活の方には該当しない制度である

年金生活の方のほうが、何となくでも「市販薬を買うと何か得するらしい」と新聞やテレビ等でご存知だと思います。

しかし「税金を戻す」制度ですので、非課税の年金生活の方には該当しない制度です。

同じく勤労者の方でも非課税で所得税も住民税も払っていない場合は「セルフメディケーション税制」は使えません。

 

持病で定期的に病院に通っているときは病院から薬を処方してもらったほうが安いし安全

実はそうなんですよね~。

例えばななですと一か月に一回精神科に通っています。

  • 痛み止めは特に聞かれることなく手持ちがなくなったら処方してくれます。
  • 整腸剤も「便秘をしていて不快」などであれば処方してくれます。
  • 風邪でツライ時は風邪薬も出してくれます。

 

痛み止めはロキソニンのジェネリックなのですが、ロキソニンを10錠処方してもらって、いつもとのお薬代の差額は100円もあるかないかです。

楽天でロキソニン12錠を買うとおよそ650円。まとめ買いすればもっと安くなるかもしれませんが、さすがに10錠100円以下はないかなと。

 

そもそもが「持病で毎日お薬を飲んでいる」と言うと、ドラッグストアでは「今は購入を控えて、主治医に相談してください」と言われます。ななはね。

 

痛み止めのみをもらう目的のみで病院に行くのなら市販薬の方が安い!

病院に行くと「診察代」がかかりますからね。初診で問診3分で1000円は超えます。

プラスお薬代になりますので、この場合は市販薬のほうが安いですよね♪

しかも冬時期の内科なら「待ち時間1時間以上、インフルエンザやノロウイルスなどなどの感染リスク付き」

 

せんせいせんせい

軽い症状なら市販薬で手当てするメリットは大きいですよね

体のことですから「絶対病院は行かない」とか極端に走らず、うまく市販薬と病院を使い分けた上で、セルフメディケーション税制の恩恵を上手に受けたいです(*´ω`)

スポンサーリンク