病気で働けなくなったとき、国民健康保険料を払うのはかなり負担が大きいと思います。かと言って、保険料を未納にしていると病院で国保が使えなくなってしまう。

札幌市の場合、前年の所得が低い場合は自動的に減免になるようですが、退職の場合は「申請」の必要があります。

つまり「役所に行って手続きしないと国民健康保険料は減免にはならない」と思って、知識をつけておこう!

 

スポンサーリンク

家族全員が国保加入者、一人暮らしの場合は国民健康保険料の減免の申請に行こう!

まずはご自分の事情(病気退職をしたなど)を話して、減免の申請に行くには何が必要かを聞いてみましょう。

  • 働けない状態の場合は代理人でもOKか?
  • 必要な持ち物は何?
  • その他の注意事項

病気をされているご本人が申請に行かなくてはならない場合はなおさら何度も足を運ぶのは大変ですので、極力一回で済むようにしておきたいです。

 

退職理由が特定受給資格者と特定理由離職者の場合、減免額が大きくなります!

特定受給資格者と特定理由離職者って何?ってまず疑問。

難しい言葉だけども、非常に大事なのでハローワークのサイトを張ります。ご自分があてはまってるかどうかしっかりご確認くださいませm(__)m

ハローワークインターネット 特定受給資格者および特定理由離職者とは

 

「退職」された場合は「前年の所得」は「勤務時の所得」になります。なので申請しなければ高い保険料が請求されてしまう(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかし、病気で働けなくなって退職された場合は「特定理由離職者」となるので、減免額の優遇があります。

「前年の所得額の30/100」で計算されるので、十分に減免にかかってくる可能性があります。例えば、前年の給与所得が200万円の方でしたら、それを60万円として、保険料を計算します。

簡単に言えば「30%」ですね。

 

低所得世帯の保険料減額表 札幌市の場合

国民健康保険料の減免

札幌市 国民健康保険 保険料の減額について

前年の所得が低い場合は札幌市は申請は必要ないですね。

 

特定受給資格者か特定理由離職者で前年所得が300万円、3人家族の場合の減免割合

特定受給資格者か特定理由離職者なので300万円×(30/100)=90万円

 

90万円が今回の計算の「所得」となります。

  • 7割減免=33万円以下なので該当しない
  • 5割減免=33万円+(265,000円×3)=1,125,000円以下

所得は90万円なので、5割減免に該当します(*´ω`)

 

ちなみに2割減免は

  • 2割減免=33万円+(48万円×3)=1,770,000円以下

申請しなければ「300万円」の所得で計算されてしまうため、減免はなくなってしまいます!

とにもかくにも役所に相談!!ですな(*´ω`)

 

なななな

「年収」ではなく「所得」です!

せんせいせんせい

役所の国保担当に聞けば所得額や減免の額がわかりますよ~

扶養に入っていなくても「世帯」で考えるので、世帯収入があれば減免にはならない

世間はまだまだ「旦那様のお給料中心」で考えがちだと思うところが罠になるかも。。

 

旦那様が病気で働けなくなりました。奥様がフルタイムで働いています。

という場合は奥様の所得によっては減免されない可能性もあります。

それでも奥様も国保加入者であれば、減免できないか聞いてみる価値は十分にあります。

 

奥様が正社員の場合は社会保険の扶養に入れる

奥様が働けなくなったら旦那様の扶養に入る。これはすぐ思いつくと思うのですが、逆パターンは思いつかない可能性もある!!

 

でも奥様が正社員で社会保険に加入していれば「奥様の扶養」として健康保険に入ることができて、しかも追加保険料もありません。

お子さんがいらっしゃれば、お子さんも奥様の扶養に入れますよ!

ここが正社員の威力です!!!羨ましい~~~!!

 

※収入によって社会保険の扶養に入れるかが決まります。病気療養中ということで収入0と考えた場合です。

 

病気退職等、特定受給資格者か特定理由離職者の場合は、役所に相談して国民健康保険料の負担が減らないかを聞こう!

退職されて収入がないところに、バカみたいに高い国民健康保険料が固定費として支出されてしまったら、生活費を圧迫してしまいます。

病気で退職された場合、病院にかかるでしょうから、未納してしているうちに「窓口負担10割」になってしまう可能性もあります。

 

「減免制度」を知っておくことで、貴重な手持ちのお金が減ることも防げます!

今日まで元気だったからワタシには関係ない。と思っていて、いきなり来るのが「病気」です。経験者心から語る。

元気なうちから「何となく」でも知っていると、いざという時すぐ動けますよ~(*´ω`)

スポンサーリンク