なな家は「夫 社会保険」「妻 国保」です。

社会保険や年金の支払い額は「所得税や住民税で控除」が効きます。

このメリットを生かして高~い所得税や住民税を節税しちゃおうということで、早速計算してみます。

 

スポンサーリンク

税金で控除が効くとは? 年間5万円も手取り額が増える!

控除といいますのは、簡単に超大雑把にいえば「支払う税金を安くしますよ=手取り額増えますよ」ということです。

 

年収が300万円の場合の税金支払い額の違いは7万円にもなる場合が

  • 年収が300万円
  • 子供なし、生命保険料控除などもなし
  • 社会保険料と厚生年金で年間に50万円支払ったとします。
社会保険料控除がない場合の所得税と住民税の合計は年間で240,100円

税金計算

 

社会保険料等の50万円を控除すると所得税と住民税の合計は年間で164,500円

税金計算

年間で75、600円も税金が低くなりました=手取り額が75,600円増えたよ!

「控除」って大きい~!なので、しっかり「控除の恩恵」が受けられるように策を練ります。

 

具体的になな家の節税をしてみよう! 国民健康保険料を夫の収入で控除してみます。

国民健康保険料や国民年金支払い料は家族の分を合算してOKです。

なので、ななの確定申告で国民健康保険料を控除として申告しないで、夫の年末調整で控除とすることが可能です。←地味に超大事だった。

まずはななの収入だと控除でどのくらい税金が安くなる?

今年の年収はわからないけれどもざっと150万円とします。

  • 経費 30万円
  • 青色申告控除 65万円
  • 小規模共済掛け金 24万円
  • 基礎控除 38万円

・・・・・。

あれ?上で挙げた控除分を全部足すと157万円になって年収分を超えてしまったよ?

ということは、ななの収入で国民年金料や国民健康保険料を確定申告しても、この段階で最低の「所得税0円、住民税5000円」になってしまい、これ以上節税できないのです!

※住民税の計算方法は若干違うところがありますが、大きな違いにならないので割愛します。

 

夫のお給料で控除してみよう!5万円以上の節税が可能!!

夫は会社員で所得の出し方が若干複雑なので、先ほどの税金計算ツールで計算します。

  • 今現在のわかる分(住宅ローン控除など)は控除して計算しています。
  • 社会保険料は概算にしています。
  • しかし年収がそもそも概算ですm(__)m

ななの国保、国民年金料金を含めない場合の所得税と住民税の合計は年間200,700円

税金計算

 

ななの国民年金、国民健康保険料を控除すると税金分合計は148,000円

  • 国民年金保険料 197,880円
  • 国民健康保険料 150,000円(概算)

合計 347,880円

税金計算

年間で52700円もの差が出ました!やっぱりパンチ効きますね。

ちなみに手取りが下がっているのは「夫のお給料から社会保険料を払っている」計算になっているからです。

「生計が一」なので、ななのお財布から出しても「夫が払っている」のと一緒だよ。

 

税金の控除の効く支払いを普段から覚えておかなきゃですね

年末調整や確定申告の紙に控除が該当する支払いの項目が書いてあるので、その分を申請すればいいのですが、とにかく「知ったもの勝ち」なのが「税金」や「国の制度」だったりします。

ちょいと面倒だけども「5万円」も違うなら毎年きちんと計算しようと改めて思っています(*´з`)

スポンサーリンク