「やめさせる」と言い方もちょっとトゲありますが、高齢者の運転での事故が多く

「家族がどうやって高齢の親の運転をやめさせるのか」

という問題は誰しも他人事ではなくなっているような気がします。

高齢の親の運転をやめさせたい。どうしたらいいか?

 

我が家も実家も田舎です。車があったら便利です。

しかし80年以上真面目に生きてきて、人生の終盤に「他人様の命を奪った容疑者」になるのはあまりに悲しすぎます。

誰のどんな言葉で運転を卒業し、移動の足はどうするのか。を考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

主治医に運転はもうやめたほうがいいと言ってもらう

調べてみるとこの意見が目立ちました。

  • 家族ではない第3者でありながら身近な人。というところ。
  • 医師の意見なら素直にやめられる。

そんな高齢者の方が多いようですね。

 

身内の説得は空振りに終わることが多いらしい。

これはわかりますわ~。身内だからこそムキになる!?これもまた全国共通の悩み!?のようですね。

私の両親もあっという間に60代。

60代になったら耳が聞こえづらくなる?判断力が鈍る?ホント?と思っていましたが、
教科書通りに衰えています(;´・ω・)

 

でも心はまだ若いときのままなんですよ。まだまだ自分は何でもできて、何でもわかる。

だから息子、娘から「年寄りなんだから運転やめなよ」と言われても反抗するだけ。
第三反抗期!?ww

 

移動の足はバス?タクシー?お金の問題も考えてみる

バスターミナル

例えば入院中の配偶者の着替えを持ってお見舞いに行く。

この場合「着替えを持ってバスに乗れば?」と言われても、

それなりにかさばるものをもって、バス停まで行きバスを待ち、かさばる荷物とともにバスを降りてまた病院まで数分歩く。83歳の身体能力ではかなりキツイと思います。

40歳パニック障害の私でもキツイのに。。。

 

タクシー使えばお金がかかる。年金暮らしには厳しい!?

母が大手術をしたのですが、自分のパニック障害の通院が手術の次の日だったので、自分の病院から母の病院へ行きました。

 

地下鉄で行くと

  1. 自分の病院から地下鉄駅まで徒歩5分程度。
  2. 地下鉄で250円
  3. 母の病院の駅で降りて病院まで徒歩10分程度。

よってかかる料金は250円で済みます。

 

しかしななは「バスや地下鉄に乗っているだけでも奇跡」という状態です。
どこがキツイかというと「徒歩」の部分なんですね。

私まで倒れたらお話にならないので、この区間をドアtoドアのタクシーを使いました。

  • 地下鉄なら250円のところ、タクシー1790円なう。

これを毎日。となったら、今度は「金銭的に」キツイのは当然です(´;ω;`)ウゥゥ

 

今は障がい者サービスですが、事業所サービスで移動代が安くなります!

本来は「移動の困難な障がい者が行動したいときのサービス」です。

「車移動」を頼みたい場合は「事業所のサービス」になります。

 

なながお話を聞いた事業所の「車移動サービス」の料金です。

  • 年会費 15000円
  • 移動支援料金 15分200円(日中)
  • 車代 1km 60円
  • お迎え料金 最大200円

 

例えば、5km離れた病院に行きたいとします。

すると一回の料金は

200円(15分以内)+(60×5km=300円)+200円(お迎え)=700円。

ほぼ初乗り料金で片道5km、しかもドアtoドアの車に乗ることができます。

※年会費の換算は利用回数でかなり異なるので、実際はそちらの計算も必要です。

 

ちなみにタクシーですと約5kmだとおよそ「1700~1800円程度」かかると思います。

片道で1000円程度差がつくと「30往復で3万円」の差がつきます。
30往復=15日なので、1か月で3万円以上差がつきます。

 

そもそも「高齢者=障がいがある」のが普通なのでは??

全員。ではないと思いますが、
少なくとも「運転に支障が出る=どこかに障がいがある」と言ってもいいのかな?と。

上記のサービスを使うとなると、
「最初に登録したり、使うときは前もって電話したり」と面倒はあります。

しかし、疲れているのを無理して運転するよりは安心なのではないでしょうか?

 

うちの自治体はまだ「障がい者のみ」ですが「高齢者、障碍者向け」のサービスを展開している自治体もあり、最近の事故を受けてもっと広がると思います。

 

このようなサービスを使って、安心して高齢の方々が移動できるよう、そして痛ましい事故が起こらないよう、もっともっと広がってほしいと思っています。

スポンサーリンク