なな家は平均して月15kgくらいのお米を消費しますので、スーパーで買っていたときは、
10kgがだいたい3000円として、1か月4500円。

9000円ということは2か月分しか自己負担せずに1年間のお米を賄ったことになります♪
実家から送ってきたのかって?そのような不確実な方法ではありません☆彡

 

本当はもう少しうまく回せば6000円で済んだのよ~!
今年は自己負担3000円程度で1年間のお米を賄う意気込みです!!

というほどの意気込みなんていりません(#^^#)

スポンサーリンク

1、リクルートカードプラスのポイントとポンパレモールをうまく使いこなす

リクルートカードプラスのポイントは、公共料金を引き落とすなり、税金を払うなりして、
普通に使えば、年間100万円使えば2万ポイント確定♪

2万ポイントで1年分のお米賄えないでしょ?って?その通り!!だから。。。

 

ポンパレモールのキャンペーンポイントを無駄なく使いこなす

昔から比べるとだいぶ改悪になってしまったので、もう一度作戦の練り直しは必要ですが、
それでも1万円買って1000ポイント(期間限定)がつくのは大きいと思います♪

 

ポンパレモールで5万円買ったら1万ポイントですからね★

今年は、5万円以上の買い物を2回くらいしたので、
この10000ポイントの2回分も大きかったかな~~。。

 

電化製品など、大きなものを買う時は、実店舗で下見してしっかり検討したら、
同じものをポンパレモールで買うと期間限定1万ポイントは難しくないですよ♪

 

ポンパレモールって値段高くない?かえって無駄じゃない?

いいえ☆彡ななが買ったものに限って言えば、

最安値ではないが、実質1万円引きと考えたら最安値」でした☆彡
だからポンパレモールで買ったしね♪

 

この期間限定1万ポイントでもちろんお米(でも何でもいいけれど)を買うのですよ♪
無計画に1万ポイントももらって、失効したら意味ないですのでね♪

 

国保や国民年金を払っている自営業の方はお米画像をクリックしてみよう↓

自営業はリクルートカード

2、ふるさと納税ができる人は積極的に挑戦してお米をいただく

ふるさと納税というのは、超簡単に言えば、

「実質2000円の自己負担で特産品(お米等)をあげちゃいますよ♪」
という制度です。

 

ふるさと納税は限度額などをしっかり勉強してからやってみよう

一番大事なのは「限度額」ですね。

 

ふるさと納税の大原則は「税金を戻す」制度ですので、税金を多く納めていない、
もしくは非課税の場合は

「家計を助ける」意味でのふるさと納税はできませんので、ご了承ください。

 

実際のなな家の1年間のお米GETヒストリー

1回目 27kg 入会キャンペーンポイントで7000ポイント

2回目 27kg ポイントが足りず、3800円分の負担

3回目 15kg ふるさと納税
(夏期間は傷みを防ぐため小分けでふるさと納税のお米)

4回目 15kg ふるさと納税

5回目 15kg ふるさと納税 3回分で2000円自己負担

6回目 10kg スーパーで3000円(微妙に在庫が足りず(´;ω;`)ウゥゥ

7回目 27kg 6980ポイント(1000円オフクーポン♪)

8回目 27kg 8000ポイント

9回目 27kg 8980ポイント

 

合計190kg

自己負担 8800円

お米を賄ったポイント合計 33、960ポイント分♪

 

まとめ お米をポイントで賄うのは「補助」として考えよう!

ポンパレモールを上手に使いこなすことは最重要とななは考えていますし、
ななも改悪に負けず、どんどん攻略法を編み出して、記事にする予定です!

しかし、ポイントはあくまでも「必要なものを買い物したうえで」享受するものであって、
ポイントほしさにクレジットカードで買いまくるのは本末転倒です。

 

なな家は、ななが個人事業主で国保や年金を払う関係もあって、ポイントが貯まりやすいのですが、

ご自分の家庭にあった「クレジットカード&ポイント作戦」を練ってくださいね♪

スポンサーリンク