これも、節約パパさんのクレジットカード記事を見て
こりゃ、ななブログでもシエアしなきゃならん!!と思って、記事にしました^^

クレジットカードの還元率は、大体0.5%が普通で、1%だとかなりいい部類に入ります。

それがなんと「1.75%」とは!!
もちろん条件はありますよ^^そして、今は1.5%へと改悪になってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ

 

スポンサーリンク

レックスカードの簡単な基本スペック 条件によっては年会費がかかる

まず、年会費は2,625円。
ああ、ダメだ。。と思うのは早い♪

 

この年会費、家族カードも申し込み、

  1. 本人会員が初年度の場合は家族会員初回年会費無料
  2. 前年度の本人会員と家族会員合計のカードショッピングご利用金額が50万円以上で次年度無料(恐らく、本会員が初年度を過ぎると、年会費420円かかる)

なんです!!

もちろん、一人で使ってらっしゃって、年間50万円以上引き落としが
あるならば、同じく年間費は無料になります。

 

要するに、家族カード同時申し込みして、家族で年間50万円以上引き落としがあるならば、

楽天のヘビーユーザーで、楽天のあの短い期間限定ポイント^^;ももれなく使ってる
ような人じゃない場合、

明らかにREX CARD(レックスカード)のほうがお得です^^

 

楽天カードと比較するならば「私は楽天攻略の女王!」くらいでなければ、改悪後でもレックスカードのほうがお得だと思います(#^^#)

還元率が下がったといえども、レックスカードは1.5%還元、楽天カードは1%還元ですのでね。

 

レックスカードはポイント付与の方法も改悪になっている

REX CARD(レックスカード)は、ただいま、価格コムで調べましたところ、
100円で1ポイント計算になっています。というのは、2013年の9月の話でして、

2015年11月のホームページでは、
「月間のショッピング合計金額2000円ごとに30ポイント」という計算方法になっています。

レックスカード改悪

 

何が改悪かと言いますと、100円で1、5ポイント計算の場合、

例えば月間の合計金額が「11,900円」だとしますと、

100円計算ならば119×1.5%=178ポイント付きます。

 

しかし、2000円で30ポイントの場合「1900円部分は切り捨て」になってしまいますので、

10000円÷2000円=5

5×30ポイント=150ポイントとなってしまいます。

このあたりもちょっと改悪になってしまったかな。。

 

ポイントはJデポ交換で請求額から差し引くことができる

Jデポ交換というのをしなくちゃいけないみたいですが、
(ちょいとややこやしいね。。)

500ポイント以上貯まったら、その「Jデポ交換」をすると、1500円分の「Jデポ」となり、次回請求額から差し引くことができるはずです♪

レックスカードJデポ交換

 

ここは「改善」になっていて、前は「1500ポイント」が最低交換だったのですが
「500ポイント」に下がっています(#^^#)

ポイントは期限がありますから、最低交換ポイントは少なければ少ないほどいいですよね♪

レックスカードのポイントの有効期限は2年間のようです。

 

そして「楽天やリクルートカード」のように、貯めたポイントは基本的には系列の通販でしか使えない。という縛りがないところは、大変使いやすいと思います!

 

レックスカード改悪を受けて、他のカードに乗り換えたほうがいいの?

なな個人の考えとしては、通販はほとんど使わない。という方は、無理にリクルートカードプラスなどにしなくてもいいと思っています。

1.75%から考えたら改悪ですが、1,5%だって十分高還元率です。

 

それにレックスカードの一番のメリットは

貯めたポイントを忘れず交換さえすれば、ポイントを使い損ねることはない

ことだと思います!

 

楽天やリクルートカードですと、定期的に通販で買い物をして、しっかり戦略しないと実はあまり旨みはありません。

戦略すれば旨みたっぷりですけれども♪

 

クレジットカードって、このほかでも、
それぞれのご家庭で最適なカードって全然違いますから、
ぜひ一度、クレジットカード一覧表みたいのを、細かくご覧になってみてくださいね!!

スポンサーリンク