Z_twqAGEDlNEQiC1505789565_1505789688

プリペイド式クレジットカードって何?と言いますと、連日力を入れて記事にしております「LINEpayカード」のような形式のものです。

  • チャージしないと使えない
  • 使えるお店はカードブランド(JCBなど)の加盟店で使える

タイプのカードです。

 

ふと「チャージした分しか使えない=予算内の家計管理ができる?」とひらめいた。

家計簿なしでプリペイド式クレジットカードで家計管理してみるワザです。

 

スポンサーリンク

1、LINEpayカードが使えるお店を把握する

今回はLINEpayカードで家計管理をしてみる。ということで書いていきます。

まずはいつもの行動範囲でLINEpayカードを使えるお店を下調べします。

「この月からLINEpayカードで家計管理をしてみよう」と思った1~2か月前から、いつものお店で使えるか実際に使ってみるのが一番いいかも。

 

使えるお店がだいたいわかって、LINEpayカードでの家計管理ができそう!と思ったら本格的にスタートします。

 

2、きつ過ぎずゆるすぎないくらいでの予算を立てる

例えばなな家の場合。

LINEpayカードを使えそうなところは

  • 食費
  • 日用品
  • 被服費や交際費

あたりかな。この項目に予算立てをします。

 

  • 食費 (35,000円)
  • 日用品(2,000円)
  • 被服費など(5,000円)

合計 42,000円をチャージの予算として取ります。

 

3、現金で持ち歩く分も忘れずに予算立てしよう

LINEpayカードの場合、通常のクレジットカードで決済できるところでも、LINEpayカードだと決済できないところもあるようです。

そんなときのために現金を用意します。

 

「家計簿をつけずに家計管理する」ことに一番の重点を置く場合、生活費の決済の部分は、普通のクレジットカードとの併用はしないほうがいいと思います。

還元率のことを言ったら、もちろん併用したほうがオトク。

でもね。普通のクレジットカードを解禁したら最後。もう予算を守るのは難しいと思うの。

 

生活費の決済の部分って? なな家の場合

月に一回で支払ってしまう分ではなく、毎日の生活の中でお金が動くところを「生活費の決済の部分」と名付けてみました。(byなな)

生活費

 

ちなみに毎月の固定費となり、普通のクレジットカードで払ってもOKな項目はこちら。

家計管理

 

はい。長々申し訳ございませんでしたm(__)m

LINEpayカードで払えない部分を補うための現金。なな家は3万円に設定してみます。

 

4、予算を4回(4週)に分けてチャージしていく 現金は月2回に分ける

なな家の場合ですと

  • チャージ分は「42,000円」
  • 現金管理は「30,000円」

の予算が出たので、これを4回に分けてチャージしていきます。

できれば5週ある月も4回のチャージ内で収まるようにできたら嬉しいね。もちろん予算を立ててチャージしてもいいと思います。

 

現金はまずは15000円をIN。半月後にまた15000円を入れて予算内でやりくりできるようガンバル。

 

予算を守るためには、ここも「きつすぎずゆるすぎない」を目標にしてみる。

チャージ分は途中での息切れを防ぐために最初は多めにチャージします。

立てた予算を守れないと大体そこで「も~うヤメタ!」になるでしょ?(あれ?ワタシだけ?)そんな挫折を防ぐ。

 

1週目が予算の30%でやってみます。

  • 1週目のチャージ 12,600円
  • 2週目以降 9800円

チャージ式=1週目で余った分は何もしなくても2週目、3週目の分になるところが嬉しい♪

この割合はやりやすいようでいいと思いますが、1週目を多くしておくのがななおススメポイントです♪

 

いわゆる「臨時出費」に対応したい場合のルール

その「臨時出費」は

  • 生活費の中でのやりくり分か
  • 年に数回の決まった出費なのか

を振り分けよう。

 

生活費なのか年に数回の出費なのか、お金の出どころを分ける

チャージする分のお金はどこから出すべきか。これをルール化します。

例えば「カラオケ代」「遊園地代」などの「生活費の決済部分」は「現金として振り分けた分」なな家で言えば「現金 30,000円」の部分からチャージします。

 

なので「銀行口座からチャージ」するように設定している場合は、先に銀行口座にチャージ分を入金しておかないといけない。

ちょっと面倒だけども、予算を守るという意味ではすごくメリットです!!

 

「車検」「帰省費用」などの「年に数度の決まった出費」は、生活費とは別にしておいたところから、チャージ引き落とし口座に移してからチャージします。

 

LINEpayカードの場合は、月のチャージ限度10万円が原則なので気を付けよう

なので、結局は「生活費の決済」で大方使い切ってしまうご家庭の方が多いかもしれないですね^^

LINEpayカードの場合「本人確認」をすると、月のチャージ限度額が「100万円」に上がるそうです。

 

現金がないとチャージができず使えない。という性質は家計管理に向いている!

クレジットカードで家計管理をする。というのは、実は相当な高度テクニック。だって「今現金がなくてもとりあえず買えて」しまうから。

でも、チャージしないと使えない。ということは「現金が手元になくては」使えない。

それでいてLINEpayカードなら2%のポイントも付くからね。

これはうまく利用したいですね~~(*´艸`*)

スポンサーリンク