関東の方で大きな地震がありましたね!関東周辺の方、お怪我等なかったでしょうか?
また、ガスが止まってしまっているというところが800件以上あるようで、

ここでは「プロパンガスのガスメーター復旧のやり方」をご紹介します。

また、ガス臭い、復旧がすぐできない等の場合は
それ以上触らず、速やかにプロパンガス販売店に電話してくださいね!!

 

スポンサーリンク

地震でプロパンガスは止まるようにメーター遮断機能があります。

大体震度5以上の揺れを感じたとき、ボンベが倒れるなどの被害等から素早く
お客様を守るため、先に「メーター」でガスを遮断してしまう機能がついています。

プロパンガスはボンベで供給しているため、ボンベは倒れないようにチェーン等で
固定はしているものの、大きな揺れに耐えられない可能性もあるためです。

 

今、プロパンガスが止まってらっしゃるほとんどのお宅が
「メーター遮断」になっている状態だと思われます。

なので、警報機が鳴っている、ガス臭いなどの「異変」がない限りは
ご自分でガスの復旧をすることができますので、ご参考ください。

 

プロパンガスのメーター遮断から復旧する方法

の前に、プロパンガスと都市ガスの違いをお話しますね。

外に出てみて、下記のようなものがついているお宅が「プロパンガス」供給です。
家を一周してみても下記のようなものがない場合は「都市ガス」供給です。

プロパンガス

 

ちなみにアパートや集合住宅の場合、プロパンガス供給でも、
メーターをご自分で触るより販売店に電話した方が早いかと思います。

 

今回は「プロパンガス」の復旧の方法のご紹介です。

下記リンクにわかりやすく載っていましたので、どうぞご覧ください^^

プロパンガスメーター遮断の復帰方法

 

ボンベに書いてある電話番号ではなく、ガス料金が請求されてるところへ
電話してください

ガズ臭いなどで、電話する必要がある場合、

ボンベに販売店の電話番号が書いてある場合もあるかもしれませんが、

たいていは、販売店はお客様のガス料金の請求や、このようなトラブル時の復旧を担い、
配送業者というのは販売店から依頼されて、ボンベを配達するようになってます。
なので、ボンベに書いてある番号は大抵「配送業者」です。

 

なので、ボンベに書いてある番号に電話すると若干対応が遅くなる可能性があります。
(配送業者にかかってしまうため、販売店へかけ直したりする手間が出てきます)

すぐにガスの請求書が出て来ない場合は、ボンベに書いてある番号に電話していただいても
もちろん対応はしますが、

ガスの料金請求書がすぐ出てくる場合は、直接そちらへかけて頂いたほうが
対応は早くしてもらえますよ^^

 

ガスなので怖いと思いますが、警報機等も鳴っていなく、
ガス臭くもない、ボンベが倒れている、傾いている等以外の場合は、
まず問題なく復旧できるはずなので、慌てずリンク内の通りに復旧してみてください^^

今は恐らくたくさんの方が電話していて、
販売店に直接かけてもすぐ対応できないかもしれませんのでね。。

なお、これは「プロパンガス」の場合で、都市ガスに関しては触れておりません。
申し訳ありません。

 

以上、元プロパンガス会社事務員勤務のなな記事でした^^

 

東京のガス会社のメーター復旧方法が混み合っていて見られない状態でしたので、
お一人にでも多く、この情報をお届けできたらと思います!!
ソーシャルでの拡散ができましたら、ぜひご協力お願い申し上げます。

スポンサーリンク