お金は大切です。(あれ?結末?w)
大切ですが、有り余るほどあれば幸せなのかったら、それは違います。

そんなこと何で言い切るの?
ななん家は節約してるじゃん。お金持ちじゃないでしょ?って?

はい、そうですよwww

 

でも、言い切ります。
「お金が有り余るほどあれば幸せというわけじゃないよ」

 

スポンサーリンク

ななは実家にいる25年間は、裕福に育ちました。

私が実家にいるころは、両親はお金のことでケンカしたことは一度もありません。

私が高校生くらいのころだったか、
「子どものいる家庭にいくらか配布金」みたいなのがあったんです。
(どんな形態だったかは忘れましたけれど)

その所得制限にかからなくて、うちには配布金はなかったほどです。
(かなり緩い所得制限でしたが、それにもかからないほど)

 

「児童手当??そんなのあったの?」と言ってるくらいなので
(同年代のオットはもらってたらしいので)

大体、どんな感じかは想像できると思います。

 

 

じゃあ、その家庭にいた娘(なな)は幸せに思えたのか

ったら、決してそんなことないんです。

何、贅沢言ってんの?と思うかもしれませんが、
これ、心の問題なので、正直にそうとしか思えなかったんです。
まして、まだ若かったですしね。

 

母は、父と結婚した理由を、
「お金に困らないと思ったから」と言っています。
そして、当時つきあっていた人を捨てて(?)父と結婚したくらいです。

その読みは、今でも外れてません。
なので、母としては成功だったのかもしれませんね。

 

でも、子どもである私は、幼いうちは、本当に何も感じることなく、
母も家にいてくれたし、穏やかに生活できて、それは感謝しています。

 

ただ、大きくなるにつれて、
料理の嫌いの母は、仕事を持っていなくても、週2は出前。土日はフル外食。

その他、お金のかかる遊びに興じている姿。。。
パートに出れば(なぜパートに出ようと思ったのか?w)
1週間でやめてくる始末。。。

 

それだけなら別によかったのですが、
時間があるものだから、一人っ子の娘にどうしても目が行き過ぎてしまい、
中学に入っても、机の中のものは総点検。

手紙、日記類、すべて読まれていました。。。

 

母は、中学を出てすぐに働いているので、それが頭にこびりついてるのか、
ななは、進学校で原則バイト禁止の高校に通っているにも関わらず、
毎日のように「バイトしろ、バイトしろ」と唱えられ、

「何で、家に金余ってるのに、バイト禁止の身分の私がバイトしなきゃならんわけ?
こづかいくれればいいじゃん」

としか思えませんでした。

 

その後、短大に行けば行ったで、
「働いたら学費全部払いなさい」とか言い出して。
普通に考えれば当たり前なんだけどね。

「何で、親は遊びまくってるのに、私が学費出さなきゃならないわけ?
親なら、遊びを控えて、娘のために、学費くらい出してくれて当たり前じゃん」

って本気で思ってました。

 

怖いでしょ?
子育てって間違うと、こんな感覚持つんですよ。

 

 

お金があればすべてがうまく回るわけじゃないよ。

もう、上記の例を見て、十分にわかると思いますが、お金があったらあったで、
「頑張る姿」など子どもに見せられないのが普通だろうし、

それを見て育つ子どもは、歪んだ考えを持つものなんです。

 

そんな歪んでたななの青春時代を、
共に(まだ知りあってないけれど)すごしてたオットは、
高校生になったら、すぐ郵便局のアルバイトをして、
そのバイト代をすべて義母に渡してくれたそうです。

よほど感激したのか、この話、20回以上聞いてます(笑)

その後もオットは、ずっとバイトをして、バイト代のほぼすべてを
義母に渡してくれたそうです。

 

それもね。。そのお金、義母は少ししか使わず、貯めておいていて、
結婚時に渡してくれました。

ななの実家からは、一銭もありませんでした。
あるだけ使って、貯金もなかったでしょうからね。

 

義母と私の実家なら、年収でいえば、5倍以上違ったはずです。
それなのに、こんなことになってしまってるんです。

当時は、恥ずかしいやら情けないやらで、もう、穴に入りたかったですよ。。。

 

だからね、ななブログ愛読者様の節約主婦さんが書いていた記事。
とっても共感しました。
節約主婦さん、いつも、本当に頑張っています。ななはいつも反省させられます^^;

 

お金があるから幸せとは限らない

まったくもってその通りだと思いますよ。

 

義母は、お金に関しては、私など想像もできないほど、苦労しています。
けれども、何も言わなくても、息子(オット)は義母のために頑張ってくれました。

その一方、お金に全く困らずすごした私は、
学費も小遣いも「やってくれて当然」と思って育ちました。

 

今の私の不安障害も、育ちの中のゆがみから来ていることは
自分でもわかっています。

 

お金がなくても、一生懸命生きていれば、
必ず、どこかで報われるんです。

ななが節約を頑張る理由は、実は、
「子どもに一生懸命生きる姿を見せたい」という気持ちもあります。

 

「お金さえあれば、すべてがうまく回る」
それは全くの迷信ですよ。

お金はあってもいいのですが、
「うまく使ってこそ」生きてくるんです。

 

ななのような子どもに育たないように、
「お金がないということ」も、けっして悪いことじゃないですよ^^

スポンサーリンク