年収700万円っても、子どもが2人とも大学に行っているのだよ。
というご家庭のケースではありません。

逆に上記のようなご家庭でも「学費は準備してあったし、そんなにカツカツではないです」
という方もいらっしゃると思います。

 

無料家計診断といえば、一番やりがいのある(!?)
なな実家、約8年前の通帳を見つけたため、そこから勝手に家計診断します。

モーレツ嫌な娘w

 

スポンサーリンク

年収約700万円弱、夫婦2人でも貯金ができないケース

家族構成 父:57歳 母:55歳
(娘(なな) 32歳、別居、互いに援助等なし)

父は単身赴任。父の生活費はほぼ会社負担。母は実家に一人で住んでいます。

これで年収700万円って余裕でしょう♪って思ったら大間違い!?

 

50代子供なし(独立)夫婦のある1か月の通帳から見た家計簿

給与 370,000円

住宅ローン
70,940円

電気
3723円

水道
19,194円(2か月分)

電話
2412円

ガス
1012円

ここまでですと、水道料金どうした!?ってくらいで、
さすがは節約ブロガーななの親って感じでしょ?

 

しかし、固定費はまだ続きます。

自動車保険
5200円(月払い)

クレジットカード
25,718円(使途不明)

リボ払いと思しきカードローン
20,000円

 

まず固定費の出費で見直したいところ

YUUKI150321020I9A4366_TP_V

生命保険、医療保険

会社団体のものに入っていたようで、
18,000円がすでに給与から天引きされています。

ですので、保険料の項目がありません。

55歳で子ども(なな)も独立してますので、18,000円から見直したいところではありますね~。うんうん。

 

住宅ローンの借り換え

収入からしたら無理な金額ではないと思いますが、

もしも2016年の6月現在で、同じくらいの月の支払い額になっている場合、

「住宅ローンの借り換え」で大きく月の返済が減る可能性があります。

実は、なな実家の場合、ボーナス払いがあったことも大きく家計を圧迫しています。

 

自動車保険

年間にすると「62,400円」

余裕があるなら、収入から鑑みれば決して高くないと思いますが、

家計に余裕がない場合は、ネット通販保険でもっと安くすることができます♪

 

クレジットカードの使い道の把握大事♪

上記は通帳の動きをそのまま書きだしたので(嫌な娘w)
固定費をクレジットカードで払っているわけではありません。

ということは、何に25000円使っているのか、しっかり把握しておく必要アリ(‘ω’)ノ

 

リボ払いと思しきカードローン 20000円

これをなくせば、少なくとも毎月2万円は貯金できるわけです。

そして、なな実家の給料と家族構成であれば、
家計を見直すことで、このカードローンはあっという間になくすことができるはずです。

 

ちなみになぜ「リボ払いと思ったか」というと、
毎月20000円が同じ会社から引き落としされていたので、

「この会社名からしてカードローンでしかもリボ払い(*_*)」とわかりました。

 

節約ブロガーなな、実家の変動費の使い方にビビる!しかも月末残金4900円!

-shared-img-thumb-YUKI_uwanensyuhikusugi15113032_TP_V

通帳から見ただけなので、何に使ったのかは一切わかりません。

90%以上の確率で、両親とも何に使ったのかわかってないと思います。

  • 給料日:20万円引き落とし。
  • 給料日2日後:2万円引き落とし

 

一回で20万円の引き落とし!!そして2日後に謎の2万円引き落としw

逆に、毎月毎月2000円~4000円程度残るのが、ある意味神業。とか思ったw

 

ここで簡単でいいので家計簿をつけることが大事になってきます!

だって、220,000円って・・・。
あ、少し足したら、なな家の月の手取り全額なう。

という大金を毎月「何に使ったかよくわかんね」と言っていたら、
そりゃ家計は大変になって当たり前!

 

ですので、まずはななの両親の場合は

  • 食費
  • 小遣い
  • レジャー
  • その他

だけでも大まかに書いてみれば、だいぶ違ってくるはずです。

 

自分で「この項目は多めに使っている」と感じるものを家計簿つけしてみる

例えば、お子さんが中学や高校生くらいのご家庭ですと

  • 食費
  • 教育費
  • 小遣い
  • その他

になってきますでしょうか。

大学は「学費」ですから削減といっても難しいかと思いますが、

中学生や高校生の場合の「教育費」は「塾」が大きく占めてくるかと思うので、
再検討の余地ありかも、

 

なな実家の家計の場合、変動費部分で月5万円は削減可能!

まずは子どもが独立してますし、食費は実質母一人分です。

どうアバウトに考えても22万円の変動費のうち5万円は削減可能です。

 

例えばですが

食費
30,000円

父小遣い
50,000円

レジャー
20,000円

その他
70,000円

これで17万円。ものすごい努力が必要な数字じゃないはず。

月5万円貯金して、リボ払いを完済してしまえば、今度は7万円貯金できます。

 

いつも「とにかく固定費節約を!」と言ってきたななですが、
「変動費爆使い」な家計もあるのだな~。とw

「無駄使い?してないよ。でも貯金なんか無理」

というご家庭は、下ろしたお金の大まかな書き出し=簡単な家計簿つけが大事かも☆彡

スポンサーリンク