共働き家庭の読者様から「家計管理の仕方をどのようにしたらよいでしょうか?」ということで、現在の具体的な家計管理の方法も最初に教えていただきました。

あくまでも「ななであればこのような家計管理の仕方をするよ~」という参考例にすぎませんが、

自分自身もあれこれやってみて、今のスタイルが一番わかりやすいので、
「なな流家計管理の方法」を書かせていただきたいと思いますm(__)m

 

スポンサーリンク

A様ご家族 お子さん3人の共働き家庭の家計管理の現状です。

夫収入約21万/月。ボーナス手取り約40万/年。
妻収入約16万/月。ボーナス手取り約80万/年。

このうち、私は会社の財形で2万/月貯蓄。夫は給料振込銀行にて2万5千円の定期預金です。

 

毎月の支払

<夫口座1>
住宅ローン 87,000(固定)
生命保険 11,000(終身)(保険相談して、貯蓄性ありと判断)
スマホ 7,000(分割含む。格安simに見直しました)
車保険1台 2,600(ダイレクトに見直ししました)
給食費 4,200
保育延長 2,000
家財 800
ガソリン20,000
光熱費 21,000
夫こづかい 20,000
定期預金 25,000

<夫口座2>
定期預金 5,000

 

<妻口座1>
生命保険 11,000
学資保険(二人分) 21,000
車保険 3,000

<妻口座2 ネット>
ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200

<妻口座3>
給食費 4,300

他、現金管理
食費、日用品、パン教室5,000円前後、児童クラブ1,600円前後
その他NHK支払い(年2回)団信(年1回)支払いもあります。

前に比べたらスマホ、車保険でかなり節約しました。
食費、現金管理がほとんど出来てません(涙)

 

以上がご相談の内容です。

 

食費や現金管理をやりやすくするためのなな流家計管理の方法デス

YUUKI150321020I9A4366_TP_V

固定費の支出はしっかり把握されているのでOK♪

なな個人が気になったところは「各口座の目的がわかりづらいかな?」というところでした。

ですので、最初は「共働き家庭の家計管理の仕方の一例」をご紹介させていただきました。

 

一つの通帳にまとめるということは、引き落とし口座を変えなければならないのですか?

あ、そうか!

もう「引き落とし口座」として固定されているため、引き落とし分を全部新通帳に変えて、
しかも奥様名義の分の引き落としはどうすんや?という疑問はごもっとも!!

自分が一馬力家計管理なので、想像ができなくて申し訳ございません。。。
(読者様のご質問でいつも勉強させていただいております)

 

A様のケースの家計管理改善方法

その1 口座分けのやり方

<夫口座1> =現在のご主人の固定費の引き落とし口座

<妻口座1> =現在の奥様の固定費の引き落とし口座

上記2つはそのまま残します。

 

子ども貯金専用口座をお子さん3人分作ろう!

<妻口座3>
給食費 4,300

これは「お子さんの給食費の口座なので解約等はできない」とのことでしたので、
この<妻口座3> から引き落としているお子さんの子ども貯金専用口座にしちゃいましょう♪

子ども貯金専用口座というのは、なな家の場合、
児童手当やお年玉、夫の給料から差し引いている5000円を入れています。

 

<夫口座1>から引き落とされている子ども貯金はどうしたらいいの?

これは<夫口座2>をまず一つ活用して、<夫口座1>から引き落とされているお子さんの
子ども貯金専用口座にしてもいいし、新しく口座を作ってもOK♪

もう一人のお子さんの分は新しく作りましょうか(*´▽`*)

これで3人分の「子ども貯金専用口座」ができました。

 

そして「子ども貯金専用口座」から引き落とし日に間に合うように、給食費等、保育費等を
「子ども別」に引き出して引き落とし口座に入金します。

給料引き落としでもいいかとは思いますが、児童手当等は3人分別々に入れたほうがよさそうですね!

面倒ですが、子ども費だけは上記のようにした方がいいかな?と思います。

 

学資保険は「子ども費」から調達していいと思います!

家計から払っていらっしゃると思うのですが、

学資保険は「子どもの教育費貯金」=子ども費の一番大きな割合を占めるのが
一般的だと思います。

ですので「子ども費」から支払っていいのでは?と思います。

 

基本口座5つを軸に、固定費を管理するとやりくり費も見えてくる♪

口座はあと最低2つ

  • 食費等のやりくり用口座
  • 貯金用口座(まずは一つ)

は必要なのですが、まずは、基本になる「固定費=引き落とし口座」を整理してみます。

 

A様 なな流アフター「口座家計管理方法」

FCFG0I9A0293_TP_V

 

<夫口座1>

住宅ローン 87,000(固定)
生命保険 11,000(終身)(保険相談して、貯蓄性ありと判断)
スマホ 7,000(分割含む。格安simに見直しました)
車保険1台 2,600(ダイレクトに見直ししました)
給食費 4,200
保育延長 2,000
家財 800
ガソリン20,000
光熱費 21,000
夫こづかい 20,000
定期預金 25,000

先取り貯金は家計全体がしっかり見えてからのほうが気持ちの余裕が出ます♪

 

<妻口座1>

生命保険 11,000
学資保険(二人分) 21,000
車保険 3,000

ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200

 

夫口座2=子ども用貯金専用口座 1>

定期預金 5,000

お子さんの児童手当等を入金しましょう♪名義はご主人のままでOK♪
定期預金専用ならば、普通預金を作ろう♪

学資保険はお子さん別に分けて口座引き落とししたほうが見えやすくなるかと思います。
これは手続きで変えておいた方が後々わかりやすくなると思います。

現在貯まっている定期預金はお子さん用にしてもいいですし、ある程度下ろして
「家計貯金」として後ほど一つにまとめる。

 

<妻口座3=子ども用貯金 2>

給食費 4,300
名義は奥様のままでOK♪

<口座名義は奥様でも旦那様でも可=子ども用貯金 3>

児童手当等を入金しよう♪

 

以上5つの口座を中心に回していきましょう♪

<妻口座2 ネット=やりくり費専用口座>
ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200

奥様の名義ですので、1の口座に移すのはそんなに手間はかからないと思います。

長くなりましたので、A様の家計管理の要でもあります、
「やりくり費専用口座」の活用方法を次回記事にいたします☆彡

スポンサーリンク