前回書かせていただきましたA様の家計管理の中で、一番悩まれていらっしゃった
「食費や日用品等の現金でのやりくり費」を明確にしてみます。

なな個人のやりくり費の方法は

  • 食費
  • その他

この2つのみに分けて管理しています。

参考:家計簿公開♪

やりくり費の項目はいっぱいありますが、
現金管理の部分は食費以外は「その他」の部分からすべて出しています(*´▽`*)

 

スポンサーリンク

まずは現金やりくりに「いくら使えるか」を明確にしましょう!

前回の記事より、固定費部分のなな流「通帳管理アフター」を抜き出します。

 

<夫口座1>

住宅ローン 87,000(固定)
生命保険 11,000(終身)(保険相談して、貯蓄性ありと判断)
スマホ 7,000(分割含む。格安simに見直しました)
車保険1台 2,600(ダイレクトに見直ししました)
給食費 4,200
保育延長 2,000
家財 800
ガソリン20,000
光熱費 21,000
夫こづかい 20,000
定期預金 25,000

(夫口座1)固定費合計 175,600円

 

<妻口座1>

生命保険 11,000
学資保険(二人分) 21,000
車保険 3,000

ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200

(妻口座1)固定費合計 21,600円

 

夫口座2=子ども用貯金専用口座 1>

定期預金 5,000

固定費なし

<妻口座3=子ども用貯金 2>

給食費 4,300

固定費 4300円

<口座名義は奥様でも旦那様でも可=子ども用貯金 3>

固定費なし

 

A様のご家庭の固定費の合計額 201,500円

 

収入から固定費を引き「やりくり費」を明確にします!

bsDB88_dietman15172036

 

A様ご家庭の収入は

夫収入約21万/月。ボーナス手取り約40万/年。
妻収入約16万/月。ボーナス手取り約80万/年。

とのことですので、ご夫婦で「月37万円」の手取りがあります。

 

手取り総額から固定費を引くと

370,000-201,500円=168,500円。

約「16万円」が「やりくり費」となります。

 

やりくり費は奥様のネット口座を使って管理してみましょう♪

元々はネット、スマホ、キッズケータイ代の引き落とし口座にされていたのですが、
それらを、妻1の口座にまとめてみました。

すると「妻口座2 ネット」の口座が空きます。

ここに上記のやりくり費「168,500円」を入金します。

 

どの口座を使ってもいいのですが、ネット銀行は下ろしやすく、残高の管理もしやすいとのことですので、

一番使い勝手のいいネット銀行を「やりくり費口座」に選んでみました♪

 

現金管理分のお金の鉄則は「下ろしやすい、使いやすい」ことが一番デス♪

 

やりくり費を簡単に予算分けをして、初めて「先取り貯金」の額を決めよう!

やりくり費はななの場合は食費とその他の予算分けです(*´▽`*)

  • 食費の予算「35,000円」
  • その他の予算「45,000円」

でやっています。

なのでやりくり費の部分は「8万円」下ろしてしまい、その中で一か月やりくりできるようにしています♪

 

予算はゆるすぎてもダメ、キツすぎてもダメ。ここで初めて「先取り貯金」の額を決定♪

A様でしたら「168,000円」がやりくり費になったわけですが、
これらをすべて予算に入れてしまうゆるゆる家計管理はNG!

なぜならまだ「先取り貯金」をしてませんでしょ?

 

168,000円のやりくり費ならいくら先取り貯金できるだろうか。
まずは25、000円を先取り貯金しようか。

なので「143,000円」を食費とその他で分けてみる。

やりくりに慣れてきてもう少し頑張れそうなら、先取り貯金額を徐々に増やしていけます♪

 

同じように計算していって、もしもこのやりくり費が2万円しかない。
とわかれば、固定費を削ってやりくり費を増やします。

やりくり費が食費以下。という場合は、貯蓄型保険の解約等も視野にいれる必要があります!

 

やりくり費は専用口座を使うことで明確化するかと思います!

家計の中で食費等「現金管理」に使う予算を立てるときは、

まず「固定費にいくらかかっていて、現金管理に使える分はいくらか」

ここをはっきりさせます。

 

あとは予算を立てて、その中でやりくりしていきます。

 

きっとこの方法で「やりくり費にあといくら使えばいいのかわからん(´;ω;`)ウゥゥ」
という心配からは解放されるかな?

という願いを込めて、なな流ではありますが、やりくり費の方法を書いてみました。

 

先取り貯金はどうするの?
の「定期預金」の使い方は次回書いてみます♪

スポンサーリンク