定年までやめることなく働きつづけてきた女性の大先輩をたくさん見てきているなな。

なのでむやみに恐れる必要もないのですが、
働けなくなる事態って、本当に急激にやってくるものです。

そんなときに焦らずに家計を立て直すためにも、元気なうちのシュミレーション。
とっても大事だと思っております。

なな家も考えていますよ!

 

スポンサーリンク

家計診断のトリ もしも奥様が働けなくなった場合の固定費見直し術

まだ続きあったんかいな!って感じですみませんm(__)m

 

A様の家計の現状を拝見させていただき、

共働きであればこのままで大丈夫。片働きになった時の見直し

を最後にしておくと、もう万全!と思いました。

 

旦那様だけのお給料で考えたとき固定費で消えてしまう

A様のご家庭の「固定費=毎月出ていく金額」は20万円ほどになっています。

もしも奥様が数年働けなくなった。という事態が起きたとき、
「固定費20万円」のままではお給料のほぼ全部が消えてしまいます。

 

具体的な削減方法 やはり保険料から一気に削減

現状の固定費をざっと書いてみます。

夫収入約21万/月。ボーナス手取り約40万/年。

住宅ローン 87,000(固定)
生命保険 11,000(終身)(保険相談して、貯蓄性ありと判断)
スマホ 7,000(分割含む。格安simに見直しました)
車保険1台 2,600(ダイレクトに見直ししました)
給食費 4,200
保育延長 2,000
家財 800
ガソリン20,000
光熱費 21,000
夫こづかい 20,000
奥様生命保険 11,000
奥様車保険 3,000
ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200
給食費 4,300

 

貯蓄型生命保険は生活が苦しくなったらすぐに解約

TSU893_saisoku_TP_V

生命保険 11,000(終身)(保険相談して、貯蓄性ありと判断)

ということは「貯蓄型生命保険」です。

 

貯蓄型生命保険というのは、途中解約するととても損してしまいますが、
一定の期間払い込み続けると掛けた分以上の金額が戻ってきます。

参照:貯蓄型生命保険とは?

 

生活できるうちはもちろん解約しないほうがいいのはリンク内でわかるかと思います。
途中解約はかなり損してしまいます。

しかし、月21万円のお給料から22000円の保険料はかなり圧迫されますし、
万が一がなければ下りてきません。

 

やはりここは「掛け捨て保険」に変える必要が出てくるかと思います。

病気で倒れてしまうと同じ条件だと掛け金が高くなりますが、
元気であれば共済ですと月額2000円で日額1万円の保険もあったりします。

掛け捨ての生命保険に変えることで、ご夫婦で8000円前後にできます。

 

 

車の所有を考える 乗る頻度の少ない車を燃費の悪い方で。

A様のご家庭は小さなお子さんが3人いらっしゃいますので、
車がない。というのは、地域によっては厳しいかもしれません。

ですので、

「通勤の車は燃費のいい方の車で」
というルールに変更すれば、かなりガソリン代も下がるはずです。

もう一台は「通勤用」ではなくなりますので、自動車保険料も安くなります。

 

なな家の車2台持ちのときのガソリン代の変遷

-shared-img-thumb-MIYA151213088749_TP_V

ボロ車とアトレーワゴンの時。

軽なのに、ボロ車の燃費悪すぎで1か月13、000円くらい。

 

ワゴンRとアトレーワゴンの時

アトレーワゴンの燃費は悪いので、ワゴンRで通勤。

アトレーワゴン(なな用)の稼働回数 月5回程度で月6~8000円前後。

 

ワゴンR1台の今

ガソリン代 6000円以上の月ほぼない(*´▽`*)

 

お子さんがみんな大きくなって、さしあたって車は必要ないな。と感じたときは、
1台にすれば、もちろんもっと削減できます♪

 

住宅ローンは元気なうちに繰り上げ返済しておき、万が一に備える!

片働きになったとき、一番圧迫するのは月87000円の住宅ローンです。

月21万円のお給料から考えると、約41%もの金額になっています。
これは元気なうちに手だてを打っておきたい。

 

全額繰り上げ返済する必要はない。返済額変更型で月の負担を少なくするのも手

返済額変更型の繰り上げ返済は、めっちゃ調べまくりましたのでリンク内ご覧くださいませ。

できれば月42000円(お給料の20%)ほどまで下げられたらかなりラクになります。

 

返済額変更型の繰り上げ返済はおススメではない。と言われましたが、

A様のご家庭の場合は、元気なうちに月の返済額をさげておくほうがいいかなと思います。

 

「繰り上げもできない。月の返済額を下げてもらうしかない」

となると足元を見られてしまいます。一般より高金利での貸付になるとの噂も!?

それよりは「繰り上げ返済で返済額を下げる」ほうがいいかな。と思います。

 

固定費削減で月の固定費は約13万円まで下がりそうです

住宅ローン 87,000(固定)⇒45000円

生命保険 11,000(終身)⇒8000円
スマホ 7,000(分割含む。格安simに見直しました)
車保険1台 2,600(ダイレクトに見直ししました)
給食費 4,200
保育延長 2,000
家財 800
ガソリン20,000⇒10,000円
光熱費 21,000
夫こづかい 20,000⇒15,000円(ちょっと頑張ってもらおう♪)
奥様生命保険 11,000⇒
奥様車保険 3,000
ネット 5,400
スマホ 2,000
キッズケータイ 200
給食費 4,300

固定費 130,500円

やりくり費 約79,500円

※家計が大きく変わったときは就学援助等も調べてみましょう!

 

「もしも」のシュミレーションは、一度大まかにでもしておいた方がいいです。

病気だけとは限りません。人生山あり谷あり。

「もしも」の時に「どうするの?生活できないし!」と右往左往しないためにも、
冷静な今、色々と考えておくと、いざという時にも焦らずに済むかな~。

と思います(*´▽`*)

スポンサーリンク