「働いてる女性に不利だから」という名目で(名目にすぎんのだよ)
配偶者控除をなくして、更に税金を取り上げようとしてる国に対して、
もっともっと、一緒に女性から声をあげませんか?

簡単にいえば「控除」があればあるだけ、税金を払わないでいい仕組み
になってます。つまり「手取りお給料」が増えます。

今回言っているのは「専業主婦やパート(年収103万円まで)」女性の
配偶者控除というものをなくし、税金をもっと高くしてしまいましょう。
と言っているのであります。

 

 

スポンサーリンク

配偶者控除の代替案が必須。「子育て支援」とか中途半端な政策はいらない

はい。もう素性丸出しで毒吐きますよw

配偶者控除の代わりに「育児や介護の支援策をします」などと言っているようだが、
やるならば「無料で24時間育児や介護の支援をします」くらいの勢いがなければ、
何を出してきても中途半端にすぎないわけ。

政治家先生は高いお給料をいただいてー?
保育ママを3人くらい雇って、子どもが急病になろうが、保育園を休もうが、
保育ママにでも頼んで、何も困らないから、シャーシャーと

「欧米では女性も働くのが当たり前」とかトンチンカンなこと言っちゃってるけど?

 

私達庶民が「育児支援」を受けるのに、どれだけ苦労してるかわかってるの??

政治家先生は、「月5万円だ10万円」くらい、育児に使ってもどうってことないかもしれん。
けれど、私達は「月3万円」の保育の支援を受けるのでさえ、
ものすごい金銭的に苦しく、悩むわけです。

 

手取り収入10万円台のご家庭が、北海道なら普通ってわかってますか?

奥様が小さい子を抱えながらパートで5万円ほど稼いだとして。。
足して25万円にも届かないそのお給料から、節約して節約して、それでも
「3万円」なんてお金を「育児支援」に回すことはできません。

 

ましてや「責任持って一人の社員として働く」となったら、もっとお金が必要だと思います。

 

「会社に育児中の親が休みやすいように政策します」の無責任発言について

これも全く「中小企業」ってものがわかってないよね。

ななの夫はアラフォーです。年寄りですがw感覚はもう若者に近いです。

私の親世代である「子どもを迎えに行くのは女の仕事だろ。なぜ男が行く??」
とか、そういう感覚はないです。

 

でもはっきり、部下のことを「しょっちゅういなくなるの迷惑」と思っています。
「なぜ男が行く??」と思ってるわけではなく、

冬の繁茂期に突然「子どもが熱出したから迎えに行きたいのですが」
と言われたら、ギリギリの人数しか雇ってない中小企業だと
もう単純に「仕事が回らない」んです。

まあ、課長である夫の能力不足がないわけじゃないでしょうけれど、
それでも、中小企業はそういうものなんです。

 

夫の会社で産休をとった女性がいます。
「2人目産休をとか言われたら、ハッキリ言ってもうやめてほしいよね」
って、陰口言われてしまうんです。

だって、その人がいない間、元々いる人だけでその人の分の仕事も回してるんです。
産休だからと言って、いずれ戻ってくる人のために新しく雇ったりなんかしません。

中小企業ってそんななんです。

 

これらの問題をどう「政治」で解決してくれるんですか??
世の90%の会社はこんな感じじゃないかと思いますよ。

産休をとってもうまく回せる「ごく一部の」大企業や、進んだ企業だけ見て
話をしてても、一生解決しないんです。

 

だから最初言ったような「24時間無料育児付き」くらいの勢いの育児政策
しなければ、小手先の「保育園を増やす」だの「保育ママを増やす」だのやっても、

それを「利用するお金」が、我々大多数の庶民にはないんですよ。

 

全員に基礎控除の形が一番ベストだと思う。

一案に出てるようだけど、女性が働いてるかどうかにかかわらず、
「全員に基礎控除」という形にすればいいじゃない?

お金と育児に「切羽詰まって」困ったことのない政治家先生に、
本当に必要とする「育児支援」なんか考えられませんって。

そんな論議に無駄金使わないで「全員に基礎控除」
これで難しいことなく終了です。

 

専業主婦を外に出して働かせて、少しでも税金を搾取しようとか考える前に、
政治家先生の生活費のお給料を年収300万円台にした方が早いでしょ?

そしたら、今まで見えなかったことがめちゃめちゃ見えてきますよ。

スポンサーリンク