たまに見ませんか?「夫からは生活費4万円をもらって、そこから食費、日用品、色々払っています」と。。。

いや、元からこの方式絶対おかしいよ?疑問をもってほしい。と前にも記事に書いたのですが、
ほらほら。最もいい例がでてきましたよね。あのダンカンとかいう男。

まあ、マスコミが盛ってる面はあるでしょうけど、8割くらいは本当なんでしょう。
ありえないですよ?聞いたら「やっぱりうちも離婚したほうがいいのだろうか」と本気で思うはず!!

 

スポンサーリンク

ダンカンは家計は自分がすべて握っていて、相当のケチだった

という噂が飛び交ってますね。

なんか葬儀のときは、愛妻家を気取ってましたけど、とんでもないっすよ。

ソース元:ガールズチャンネル ダンカン亡き妻の治療費支払い拒否?!

 

電球一つ買うのも、奥様がいちいちダンカンからお金をもらって、しかも細かくその使い道を見てたらしい。

男が家計握るとほぼこうなりますよ。

 

だって「家族を養うお金」なんて気持ちがないから「4万円で生活して」とかそういう発想になるわけでしょ?要するに「ドケチ」なわけです。

ドケチかと思いきや、自分は月5万円のローンで車買ってたりします。
そういうことに一切口挟むなよ。ってそういうこと。

 

どこの世界に「生活費4万円、車のローン5万円、夫の小遣い7万円」
とかになるんですか(`・ω・´)

こういう男、結婚する価値なし(ってななは思う)

 

中にはきちんと計画して貯金できるご主人も「まれに」いると思います。
そういうご家庭で、奥様も安心して納得してるのなら「妻が家計を握る」ことにこだわらなくたっていいと思います。

でも、きちんと金銭管理できる男性は「まれ」です。

 

ドケチ男はこれだけにとどまりません。ダンカンのありえない発言、行いをもう少しみていきましょう。

 

治療費は払わないといい、ガン闘病中の奥様に働かせ、その最中自分は不倫。

ガンですよ?パニック障害ですら働くのって大変なんです。

闘病でどんどん痩せてきて、それでも治療費が必要だからと介護の仕事を続け、最後は介護では辛いので、事務職に変えてもらい、ずっと働いていたらしい。

体力もなくなってきてるときに、本当に辛かったでしょう。

 

というか、末期ガンに近いとわかってたわけでしょ?
そんな家族を「働かせ」ますか?どこまで狂ってんの?と思いませんか?

本人が「働きたい!ここから出せ!」といっても止めるくらいが本当じゃなくて?
しかも「女性」です。体の構造も男のように働けるようにはできてないんです。

 

あれ?「生活費4万円」とかしか旦那からもらってないあなた。
他人事とか思ってます?

「私の旦那は、生活費は月4万円だけど、ガンになったら治療費は当然出してくれるわ☆彡」
とか思ってます?

多分ね。治療費出してくれる可能性50%ですよ。

 

普段から「ギリギリ」しか渡したくないんです。その中から病院代まで出してるというご相談もお受けしたことがあります。

そんな旦那が「ガンになった?よし!!俺が夜中働いても治療費を稼ぐ!」なんて発想になると思いますか?

普段の病院代すら出さないのなら、かなりの確率で、あなたや、ややもすれば子供が大病しても「治療費は出さない」というと思いますよ。

 

これからの人生本当にそれでいいですか?
女性であるあなたが、末期ガンになっても働くのですか?

 

「それがいいんだ!」というのなら、私が口挟むことじゃありません。

考え方は人それぞれ。ガンになっても仕事が本当に好きだから最後まで働きたい!という方もいるでしょう。

 

「本人が心から望むのであれば」そういう人生もあっていいと思うんです。
自分で「働く!」と決めた方なら、体は辛くとも「気持ちは」体ほど辛くないと思うんです。

 

でも、治療費を稼がないとどうしようもないからと働くのは、心身ともに辛すぎます。

しかも、奥様が命懸けな最中、ダンカンって男は不倫までしてた。
あ、まだ自分は関係ないとか思ってます?

あなたの旦那さんもダンカンとほぼ同じですよ^^;

 

それでいて、旦那のご飯や洗濯の世話はしてあげるのですか?
一人のほうがよほど「楽」じゃないですか?

一人なら治療費は稼がないといけない。でも気持ちは全く違いますよ。
「悩みの種」がいないのだから。

不倫されることも、ありえない罵詈雑言を聞かされることもない。
具合の悪い時に、無理する必要もない。

 

亡くなってから、「ママリン~」なんて大芝居されたってどうしようもないでしょ?
いない方がよほどマシ。

 

生活費を最低限しか渡したくない夫というのは、思考回路は大体ダンカンと一緒です。

「女性の幸せ」をもっと貪欲に求めたってバチは当たらないと思うんですけれどね。。

スポンサーリンク