節約ブログランキング、特に節約カテゴリーの「お金ないんだよ!」メンバーへ、
うちのカリスマ節約家、ななオットの凄すぎる過去の生活をとくとお送りします。

節約カテで上位の方たちは、さすが「頑張って!」と応援したいブログが並びます。
しかし!オットの過去の生活を聞いてしまったら、少なくとも節約カテのメンバーでオットの上を行く人には、残念ながらまだ出会えていません。

我こそは、アンタの旦那になんか負けてないわよ!という方がいらっしゃれば、どうぞブログ教えてください♪

 

スポンサーリンク

オットの節約術は根性と「慣れ」ですべて成り立ちます。

まずは、色々言う前に、オットの凄さをどんどん書いていきます。

よく「節約ブログなんて所詮架空だから」なんて2chで見るけれど、うちのオットに限っては実話です。なんなら横について一緒にやってみてくださいw

 

  • シャワーの温度はぬるま湯より若干冷たい温度
  • 蛇口がお湯か水かしかないため(混合水栓ではなかったため)真冬に外から帰ってきても、真水で手を洗う。
  • 居間の温度は真冬16度。オットの2階の自分の部屋の温度、体感で8度くらい。
    その部屋ですぐに布団をかぶって朝まですごす。
  • しかもドライヤーというものは必要ないので、頭を洗ったらタオルドライのみで、そのまま推定約8度の部屋に行き、布団をかぶる。
  • 暖房はあるのだが、今時の贅沢な暖房を使うなどイミフなので、数十年前のストーブを炊く。朝家を出るときは当然消していくのが常識。よって部屋は暖まらないまま。
  • なので、結婚後、北海道真冬、外気温マイナス10度前後の暖房の効かない車に15分程度乗ることなんて、特段問題ではないと言い放つ。
  • ブログを読んでわかるとおり、これだけオットに節約生活を強制しているのに「今は贅沢に慣れた」というのが口癖。
  • 前にななが「暖かいお湯が出ることを当たり前という感覚を変えていきたい」と書いたが、すぐそばに「暖かいお湯が出ることが贅沢」な人が既にいた。
  • よって、ななと子どもが入ってから3時間くらいたった、湯温34度くらいのお風呂でも、ななが思ってるほど冷たいと感じていないのかもしれない。
  • 「いや~、もう贅沢に慣れたから、昔の生活はできないわ」と言うオットは、節約ブロガーとしては、もはや神レベル。
  • ななは今の生活をあまり贅沢と思ったことがない(‘`ァ’`) . 。o (ダメだこりゃww)

 

オットの根性節約術に補足をいれます。

シャワーの温度が低いままシャワーを浴び続けていたことを知ったのは、実はつい最近で、子どもに教えてもらったのですよ。

今はオットと2人で実家(オット)に行っているので、2人でシャワーに入ったら、冷たかったらしい。

 

その時にオットが子どもに
「おとうが小さい頃は、この冷たいシャワーを我慢してずっと入ってたんだよ」
と言ったらしいΣ(゚д゚lll)

これ今まで知らなかった。。

我慢してるうちに慣れてきたのか、ずっと我慢してたのかは知らないのですが、家の風呂に入ってる時に

「うちは暖かいシャワーで幸せだね」と子どもに言ってた。

 

オットの部屋がどうして推定8度とわかるかというと、独身で付き合っているとき、真冬にオットの部屋に入ったのですね。

オットは普通通り、ジャンパーを脱ぎ、さあ、いつものようにくつろごう。みたいな感じだったのだけど、その日は特段外も寒く、

ななはどうしてもジャンパーを脱ぐことができなかった。。

 

今ならまだしも、まだお付き合いしていて「さあ結婚へ向けて♪」という時に、少しでもいい格好したいときじゃないっすか。

でも。寒すぎてジャンパーを脱ぐのは無理だった。しかも寒すぎて、若干動くのも難しいほどだった。

 

それに気づいたオットは
「ななの家に行こうか^^」と言ってくれた( ´▽`)

それ以来、冬の家デートはなな家になった^^;

 

オットはもちろんその後、その部屋に帰って寝るんですよ。
緊急時じゃないんですよ。毎日っすよ。

しかも本州と違って、約4ヶ月は「厳寒」と言ってもいい気温っすよ。

しかも、冷たい(?)シャワー浴びて、ドライヤーしないで、その部屋に行くんですよ。
毎日ですよ?

 

オットが昔の生活の毎日をブログに書いたら、ぶっちぎり1位だと思うね。
だって、ここまでやってる人見たことないもん。

 

何言ってんじゃい!私は節約カテだが、シャワーは年中真水だぞ。しかも東北以北だぞ!しかも部屋の温度は常時5度だぞ!車の暖房なんて使ったことねーし。

という猛者がいらっしゃれば、ぜひ、うちのカリスマと比べさせてくださいm(_ _)m

 

ちなみに、オットの生活をぜひ取り入れたいという方へ。
オットに、これらの生活をするためのコツを取材しました。

「う~ん。慣れだね」

うちのオットこそ、難しいことは一切言いませんw

「慣れ」で上記の生活ができるそうですので、ぜひご参考ください。

 

ごめん。ななは根性節約無理。

スポンサーリンク