あのですね。節約ブロガーと謳うならば、値切り交渉とかの達人でしょ?でなきゃなのかもですが、ななは値切り交渉って苦手です(´;ω;`)
なんていうのかな。。結局まだまだ意識が甘いのかな!?

しかしなな家には、大阪のお姉さまたちにも負けないであろう
「値切り交渉のプロ、カリスマ節約家 ななオット」がいます!!w

今まで「交渉可能」な場面で「値切り交渉」をしなかったことなど一度もありません!
もはや値切りは常識。そしてそのプロの技をちょっと見てみましょう☆彡

 

スポンサーリンク

車、車検代、家電、引越し料金 とにかく営業マンがいるときはトコトン値切り押し

さあ、この商品に大筋決めました☆彡

その次に出てくる言葉は必ず「いくらまで安くなります?」

このセリフ言いますとね。実は大概もうちょっと安くなるんですね。

 

しかし!そこで「それじゃその提示額で買い!」とはなりません。

「他の店も見てこようかな。同じ製品なら安い方がいいし」とさらに押しをはかります。

 

この時にビクビクしたり「店員さんに申し訳ないな~」という態度は一切見せません。

20分くらい延々と説明させたから、ここで買うか~。とはなりません。

う~~ん。まあオットは「それが仕事でしょ?」と思ってるのかもね。
罪悪感など全く感じていません。

 

ちなみに、オットは「感覚派人間」なので「他店のチラシを提示して競わせる」とかいう
「合理的な値引き交渉」はやりません。

「この半端分の3200円安くならない?」というような、
「押し!押し!押し!の一手」がオット流のやり方です。

 

「え?23200円の3200円って値引き率10%以上じゃない(゚д゚lll)」
みたいな相当ゴーインな値引き交渉も、顔色一つ変えずシャーシャーと言ってのけます。

(値引き率とか小難しいこと考えないのが逆にいいのかも)

このくらい大胆なことを言うと、予算以内に収まることが多いです。さすがカリスマw

 

洗濯機や冷蔵庫など、期間が空いたら困るものは、なな一人で行きますけれど、
(オットが値切りに夢中になって、期間が空いてしまうので)

かなり不便していても、納得する価格が出るまでは絶対「買い」にはなりませんw

 

一円でも安く買うのは消費者としての義務

くらいな気持ちでいないと、値切り交渉って難しいのかもしれません。。。

 

車検代もさくっと値切り交渉でさらに1000円OFFにしてきたw

本当は、車検屋さんの方から電話が来ることになっていたらしいのですが、
9月車検終了の9月半ば過ぎても連絡がないので

「こっちから電話した方がいいよ」となな。

 

「ええ?向こうから電話してくるって言ってたのに」と言いつつも、車検切れで走るわけにいかないので、オットが電話。

 

  1. 「電話待ってたんですけど、忘れてました?」
  2. 「ああ、○日ですね。わかりました。このミス分、もちろん値引きしてくれますよね~?」

。。。。。。。。!?ww

すげ~~!!何でも「自然にさらっと」値引きに持っていくこの交渉術!!

これ、もう「値引きすることが脳内に根付いてる」んだろうね。

 

ななだったら、このタイミングでは多分値引きの話は出てこないと思う(´;ω;`)
だって「脳内に根付いてない」んで。。

こうして、48000円だった車検代を47000円にして帰ってきました。

 

なな家の節約は、オットの「結婚前から積み上げられた節約魂」の効果も実は相当貢献していると思います( ‘ω’)b

スポンサーリンク