「節約といったら、まず何から手がけますか?」

こう聞くと大抵の方はこう答えるような気がします。

「食費を削るのが一番でしょ?」
そうですよね^^すぐに着手できそうなところですものね^^

スポンサーリンク

節約の基本はまず、固定費をザクっと削るのが一番効果的です。

なぜかというと、固定費というものは、一回節約してしまえば

あなたが仕事をしているときも、お風呂にはいっているときも、
こどもの看病で明け暮れているときも節約してくれます
^^

 

料理好きな方なら、食費から始めてもいいかも?と思うのですが、

 

問題は私みたいな
「10年主婦やってても一向に料理が上手にならない」
というタイプ^^;

料理が嫌いだと、もう思考停止しちゃって、
「どうやったら食費が浮くか」って考えても、たかが知れちゃうんですよね><

 

手取り年収300万円台から年100万以上貯金する私としては、

食費の節約は最後でよい。まずは3大固定費から節約する!

これが格言ですw

(外食を週4~5回以上している場合は同時進行したほうがいいです、それはのちほど♪)

 

固定費ってどんな項目のことをいうの?

固定費というけれど、「固定費」がわかってないと節約しようがないですよね(;´・ω・)

 

以下が、平均的な「なな家の収支」と「固定費」と「やりくり費」となります。
(H23年4月)

手取り月収約225,000円

50000円

電気(約半年間、これに暖房費が加わる)
8000円

水道
4000円

電話1500円

3人分の携帯&プロバイダ(ここポイント☆)6000円

保険(医療保険、死亡保険の合計。学資は別計算)9000円

夫小遣い20000円

NHK(1年分を割っています)1250円

水代(会社つきあい)3600円

給食費 5000円

以上が、いわゆる、固定費と半固定費^^

の中で、最初に手がけたい項目が赤文字。
赤字を節約することができたら青文字を節約していきましょう^^

 

下記の表も同じ要領です^^

食費 28000円

日用品

3000円

理美容

800円(平均)

ガソリン14000円

被服費5000円

お礼(私が病気のため義母等に子どもをみてもらったとき)

2000円

外食 3000円

病院2500円

雑費2000円

子ども費(療育代含め)6000円

旦那弁当代4000円

 

上記すべて含めて、普段家計簿につけている分。

 

その他の大型固定費

車検代(軽2台)年間約60000円

車税金年間14000円

車任意保険2台分(ポイント2☆)年間40000円

家の税金 年間80000円弱

冠婚葬祭(不定期発生)年間50000円~

 

大体大まかなお金の流れがなな家の上記の感じです^^

 

家計に困るご家庭は固定費が高いことが多いです

よく節約雑誌をみる私は、
まずもって、「家計に困ってますーー><」というご家庭のほとんどが、

  • 保険料
  • 家賃
  • 携帯代

の「3大固定費で家計を圧迫している」ことが多いです!

 

この中で、ネットですぐに節約しやすいのが 「保険料」です。

 

なので、その「ネットですぐ節約できる」保険料の節約から順番に
一つずつ削っていきましょう!!

どうしてネットだと安くなるのかもあわせてお話しますので、

「ネット??対面じゃないと怖いんだよね。何かと」

というあなたでも大丈夫^^

 

私自身も、ネットでかなり節約しました。
ネットで節約したときの注意点などもしっかりお話しますね^^

でも、7年間ネットでの保険を使ったりもしています^^

もう結構節約してる。という方でも、ネットを使えば更に節約できるかもです^^

 

では、次回から、本格的に節約の中身へ入って行きましょう☆

スポンサーリンク