様々な事情で住宅ローンを支払うのが厳しいという方も非常に多いと思います。

私の身近な例でも、私たちより15年くらい早く家を買って、
私達は繰り上げ返済で期間短縮してますので、
返し終わる時期が私達より長くなってしまってるというケースもあります。

皆さん、初めからまさかこうなると思って買ってなくて、
「今の生活がいつまでも続く」と思い込み、最初は家を買うわけです。
私もしかりです。

 

 

スポンサーリンク

失業、病気、色んなことで住宅ローン返済が厳しくなる。。

団信に入ってるから平気平気!!なんてのんきなこと言ってませんか?
また一記事とりますが「団信」ってほぼ死亡のみしか下りないと思ってください。

それでいいじゃんとかまだ言ってる??

 

いい?(何で上から目線!?)
人生というものは「元気か死亡か」じゃないんです。
元気な時って、こういうふうにしか思ってないのよね~ε-(;-ω-`A) フゥ…

「生きてるけど働けない」
こういう状況にいつ陥るか本当にわからないんです。
私自身が身を持って初めて知りました。

 

生きてるけど働けないとなり、団信も下りないとき、どうしたらいい??

まず、目先を考えるならば、この方法が一番安心です。
ただし「家の査定額のほうがローン残高より高ければ」の話です。

この場合、家を売却すると、お金が手元に残りますので、
市営住宅を申し込みながら、家の売却を考えるのも一つかなとは思います。

市営住宅は、「当選したら家を売ります」と言えば申し込み可能です^^

 

それに、もし身体障害になった場合でも、バリアフリーの県営、市営住宅もあります^^
(というか、どこでも順次、一部の部屋をバリアフリーに切り替えてると思います)

 

ローンの残高より、家の査定額が低い場合。
借金を負ったまま新しい家賃となってしまうので、これはケース・バイ・ケースだと思います。

失業で、夫婦元気であれば、多少の借金が残っても安い市営住宅に入って、
今までの住宅ローンの差額分を何とか返していくのもアリかもしれませんし、

障害で働けない場合は、「家」をどのように考えるかだと思います。
やはり住みやすいところですし、通院の関係なんかもあるでしょうから、
考え方次第かなと思います。

 

義母は半身不随の義父を看ながら住宅ローン完済させました

昔だから団信ってなかったのかな?と思ってたんですが、
先程も書いたように「半身不随」では団信って下りないんです!

これびっくりした方多いでしょ?
私もたまたま調べてて、めっちゃびっくりしました。

 

義父は倒れてから6年後に亡くなりましたが、
その間、働いてる時期もあったのですが、もちろん一般的なお給料ではなかったでしょう。

なので、義母は朝から晩まで働き通しました。

住宅ローン、大変だったと思います。
でも、「子どもたちのために頑張った。働くことを教えたかったから」と。

そして最後は義母の手一つで住宅ローン完済させました。
そして子どもたちは、働くことに関しては、現代っ子とは思えない根性を据えました。

 

そして、住宅を自分(義母)のものにした最大の良かったところは
「年金生活で家賃を払わなくていいこと」です。これは大きいと思います。

当然壊れたものは自分で直さなくてはなりませんが、それを加味しても、
固定資産税年間5万円前後のみしかかからないのは大きいでしょう^^

何かあったら、売ることも可能ですし、売ったお金は全額自分のものとなります^^

 

老後にこの安心感を得られるのは非常に大きいと思います。

 

住宅ローン返済が難しくなったときのまとめ

ただ、義母は昔の人ですから、現代人の体力とは全く違います。
私30代で義母が60代のころ、明らかに義母のほうが体力ありました^^;

というか、今こそ義母の方が体力ありますわ^^;

 

体を壊してまで住宅ローンを何が何でも払うということとは
ちょっと違うと思いますので(私個人は)
そのところの兼ね合いも考えながら、住宅ローンと向き合っていきましょう!

 

私も今日は平穏に暮らせていますが、明日はどうなるかわかりませんからね。
他人事ではなくて、いつでも「もしも」に備えていかねばですね!

スポンサーリンク