玄関フードって、雪国にしかないでしょうかね?
簡単に言うと「玄関を覆うちょっとしたお部屋?(表現下手だな^^;)」
をつけてる家が札幌では多いんです。

何故かと言うと、雪が多いので「玄関があかなくなったり」
玄関のすきまに雪が入り込む→隙間ができる→部屋が寒くなる」みたく
なるのを「玄関フード」で防げるのですね。

うちも冬になると、どうしてもたまにそういうことになってしまうので、
「玄関フードをつけたい!」ってことで実際見てきました^^

 

 

スポンサーリンク

玄関フードをつけようと思った時は必ず現物を見たほうがいいです!

ちなみに玄関フードってこんなやつです^^(3枚引き戸型)

玄関フード 3枚引き戸

 

うち最初は、現物も見ないで、いきなり見積もり取るつもりだったんです。
でも、たまたまオットが急に休んだので、
「玄関フードの実物をジョイフルAKに見に行こう!」ということになったのですね^^

玄関フード、見ておいてよかった!!

なぜかって、うち、入り口が狭いんですね。150センチくらいしかないんです。
結論からいうと、150センチの入り口では玄関フードをつけたら
何か大物を買ったら入らなくなります^^;

 

玄関フードのお値段と引き戸型について

2枚引き戸は開く部分が少ないです。
それを改良したのが3枚引き戸でして、「開く部分が広くなる」んですね。

3枚引き戸だと最低でも30万円は見なくてはいけない。

2枚引き戸だと、安ければ20万円くらいでできるのもあるのだが、
うちの広さでは、2枚引き戸では60~70センチ程度しか開かないらしい。。

それじゃあ、買い物のとき困るよね。ということになり、
3枚引き戸を見ていたら。。。

 

ん??3枚引き戸でも開かない部分ってけっこうあるんじゃない??
と動かしながら気がついた。

ジョイフルAKに飾ってあった玄関フードで測ったら「およそ70センチ」
ほど開かない部分がある。

あれ??ってことはよ。うちは150センチ間口。
70センチ開かないってことは「80センチ」くらいしか開かないって意味じゃん

 

2枚引き戸とさして開いた時の広さ変わらないし!!!
それなら玄関フードはいらないね。。って結論に。。^^;

 

断熱ドアをしてる場合、防寒の意味では玄関フードはいらないらしい。

確かにうちも、ドアがしっかり閉まっていれば、真冬でも寒い風は全く入ってきません^^
断熱ドアですので^^

ただ、雪が積もって、子どもやオットがそのまま出て行くと
雪が玄関に挟まってしまい、そこから隙間風がはいるわけですね。

そうすると一気に寒くなります。。
そうですよね。。マイナス10度とかの冷気が入ってくるのだからね。。

 

そういうわけで、
「ドアの雪を徹底してそのたびに綺麗にしよう!!」とオットによくよく言っておいた^^
(具合悪い時でも、暖房効率が悪くなるので、自分でやってたからね。。)

 

ドアの下の端と、下の部分に雪がたまりやすいです。

ですので、玄関フードがない家の雪かきは何はともあれ
「ドアを素晴らしく綺麗にすること」から始めるのが鉄則ですな^^

 

玄関が広いお宅は玄関フードを考えてもいいと思いますが、
入り口が狭いお宅は、更に入り口を狭くしてしまいます^^;

 

なので、いきなり見積もる前に、展示してある玄関フードを一度
ご自分の目でしっかり確認することを強くオススメします^^

何も知らないで玄関フードに30万円以上払って
「入口めっちゃ狭いんだけど!!」ってなるところでした^^;

見に行って本当、よかったよかった^^

スポンサーリンク