札幌や札幌近郊って、毎年の雪かき問題が切実ですよね。。。
何が切実って「雪を捨てる場所」なんです。

つい先日、「雪捨てを巡ったトラブル」とかってありましたでしょ?
あれ、雪のない地域なら「何でそんなことで??」と思うかもしれませんが、

雪国だと、いつ起こってもおかしくないトラブルだったりします。。。

 

ほんと、雪捨てるところ無いので、
自分の敷地なんかに黙って雪捨てられたら、ほんっとヤバイんです。
みんな精神的にね。。^^;

 

スポンサーリンク

そこで「融雪槽」をつけようという話になる

雪国の方で一軒家の方なら、一度は話題に上がるであろう融雪槽。。

まず、融雪槽って何?というのは、
自分の敷地内に、穴をほってそこへ雪を捨てられるようにします。
地下水と若干の電気で投げた雪を溶かす原理のようです。

 

基本的には地下水が使える地域じゃないとNGなようでして、
使うときに蓋をあけ、そこへ雪を投げます。

融雪槽

 

これね。雪国の雪の量ってハンパないんで、
庭先に融雪槽があるって、泣くほど嬉しいことなんですよ。。
うちにはないですが、間違いなく、すっごく便利だと思う。。

だって、家の裏まで、多いときなら20回以上重い雪を運ぶんですよ。
ななはそこらへんに捨てて、残りはオットにまかせてますが^^;
まじめにやってたら、今のなななら本気で倒れます。

その距離が全然ないというだけでラクというのが一つ。

 

そして、家の周りに雪を捨ててると、当然家は雪にうもります。。^^;
はい^^ただいまなな家、窓のあたりまで埋まっております^^;

これも解消されるんですね^^
だって、地下に捨てるんですから。

なので、融雪槽ってかなりすぐれものなんです^^

 

融雪槽の価格もけっこうなすぐれもの??

逆説的な意味でね^^;

これだけ便利なものです。当然10万円ではつけられません。

ななの周辺の業者で、工事費込で最低でも80万円は見なくちゃダメかな??
見積もってもらったことないんでわからないんですが、
カタログなどには、そのあたりの値段が表示されてますね。。

 

うちの市は、無利子で融雪槽代を貸し付けてくれるそうですが、
月の固定費がしばらく上がりますでしょ。。

住宅ローンがないならいいかもですが、住宅ローンを抱えながらではちょっと厳しい。。

 

 

融雪槽を付けずに、超格安に雪を捨てる方法がある!!かも。。

まあ、出来る方とできない方がいますが^^;

札幌でもちょっとへきちになってくると、どこかここかに「空き地」ってありますよね?

うちの市はポツポツと空き地が散在しています^^

 

こないだ、いつも子どもが遊びに行かせてもらってる家に、
果物なんかをお礼に渡しに行った時、ちょうど雪の話になったんです。

その家自体は雪が捨てる場所がなさそうで、
「雪降ったら大変だね」ったら、

「そうなの、だから隣の空き地の地主さんと話して、
両隣で(空き地を挟んで家が建ってるので)ワンシーズンで
5000円ずつ地主さんに振り込んでるんだ~」
なんて言うのを聞いて。。。

 

!!!!!!!!!!!

雪捨ての名案じゃないのよ!!!!☆キラッ

 

だって、どうせ4月にはとけるんですよ。
ほんの数ヶ月なんですよ。

ワンシーズン5000円。20年払い続けても10万円で済む。。

空き地にしてる地主さんだって何もしないで?お金が入ってくるわけだし、
こちらとしても、堂々と捨てる事ができる^^

WIN-WINじゃないっすか☆

 

まあ、ただ、若い人ならこういうのって喜んでOKしてくれると思いますが、
地主さんによっては、OKしない人もいるかもなので、
まあ、必ずできる案ではないんですが・・・。

 

実はなな家の隣も大きな空き地あり^^

地主さんは隣の方です。

でも、引っ越したとき、他の方から
「あの空き地に雪捨てないほうがいいよ。皆にも捨てさせてないから。。」
って言われて、自分の土地に捨ててたんです。

ただ、私が体調を崩し、どうしても家の裏まで運ぶのはキツイので、
地主さんに
「体調がよくなくて、ちょっと捨てさせてもらうこともあると思います。
すみません。。。」
と、お話して、多少は雪がはみ出てます^^;

でも、聞いてた感じじゃなくて、全然すぐに
「溶けるんだから、気にしないで投げなさい」と言ってくださったので、
捨てさせてもらってます^^

 

かなり広い空き地なので、オットとも話して
「(向こうが)嫌がらなければ、5000円くらいのお礼して捨てさせてもらおうか」
って話してます^^

もし、ワンシーズン5000円程度で快く捨てさせていただけるのなら、
これほど良いことはないなと^^

 

もし、こんな方法がとれるなら、とても格安に、そして
なんの遠慮もなしに空き地に捨てられるかもしれないよ^^てなお話でした^^

スポンサーリンク