先日「夫の死亡保険を解約しました」という暴挙に出た我が家ですが、なな家の場合「今」夫が亡くなった場合には「死亡保障額はいらない」ということで、

逆に、子供がいない場合、国民年金からは「一時金 12万円~」のみの一時金しか出てきません。一時金ですから、一回だけ12万円(以上の場合もありますが条件厳しい)が出るだけです。

それに対して「子供と妻が残った場合」は、子供が18歳に到達した3月31日(高校卒業)まで、毎年遺族基礎年金が下りるんですね。なので、子供がいる場合のほうが、金銭的なことのみは、かなり優遇されます。

 

スポンサーリンク

遺族基礎年金をもらうには国民年金の滞納期間がないことが大条件となります

高校を出て、すぐ会社員になった人の場合は心配ないのですが、

例えば大学に行ったりだとか、自営業で「生活するには国民年金までお金が回らない!」とか、若い世代ですと「もらえるかわからないのであえて払ってない」ということもあります。

 

大学に行ってる間は「免除制度」もあるのですが、親の年収が高いと(今はどうかな?)免除制度は効かなかったのですよ(はい。私。なので未納数ヶ月有り)

ということで、20歳のころ大学生だった人は、よほど国民年金に関心があり、親も動かない限り、ななのように未納期間が発生してる場合があります。

 

年齢によっては遡って未納分を収めることもできるので、一度国民年金の問い合わせに聞いてみるのもよいかと思います。

「免除期間」は「未納期間」にはなりません。ただし、もらえる年金額は下がります。けれども「滞納期間」というカウントはされないはずです。

なので、遺族基礎年金に関しては、心配ないかと思います。

 

今の正確な遺族基礎年金の支給要件は次のようになっていますね。

  1. 被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。(ただし、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。)
  2. ただし平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

 

国民年金の未納者って意外と多いと思いますので

特に家庭を持っている方は、今一度しっかり国民年金の納めた記録を見てみることをオススメいたします。

「65歳まで生きないかもしれないし、第一もらえるかどうかわからんのに、意味ない保険料だよね」

 

というわけでもなく、遺族年金、障害年金と、若いうちに使う可能性もある年金保険料ですので、重要です。家族を守るためにもね^^

 

子供がいる妻は、遺族基礎年金でかなり生活が助かります!

最初にも書いたように、子供が高校卒業する年まで、年間約100万円ほどおりてきます。
月額にするとおよそ8万円なので、相当助かります。

子供が2人以上ですと、加算されます。

遺族基礎年金の対象者と年金額

うちの場合ですと、772,800円に子供一人なので222,400円が足され、年額995,200円支給されます。

あれ?数年前は2人で100万円超えていたような気がするのに、減っている(°0°)!!

なお、うちの場合は子どもが「障害年金2級相当」になるので、20歳までになります。
生来の障害で、特別児童手当2級支給の子は、原則将来障害年金2級相当になります。

 

遺族年金をもらうには、滞納期間がない他に

「死亡者と生計を共にし年収が850万円未満」という条件があるようなのですが、こんなところまで達して、「うちって遺族年金出ないんだ~!困った~~!」と言ってみたいななですw

 

他のサイトで調べたのですが、年金機構のHPの遺族基礎年金のページには、この文面がなくなっていますね。昔の話なのかな?

私が年収850万円を超えたら、年金機構に聞いてみたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ
いつか超えてみせるんだよっ(`・ω・´)ムボー。。

 

しかし、場合によっては、この条件に当てはまってる人もいる可能性がありますので、もし、今もこの年収基準があるならば、

その場合も、遺族基礎年金分を貯蓄や生命保険でまかなう必要がありますね!

 

子どものいない専業主婦の方も若いうちは遺族基礎年金が出ません。

国民年金って、最初にも書いたように「妻ひとりで子供なし」の場合「実質的な遺族年金はない」という塩対応でもあります(´;ω;`)

なので、子供がいない専業主婦の方が「生命保険の必要な死亡保障金」ってグッと高くなります。

 

子供がいない分、働きやすいとはいえ、長く専業主婦をしてると、やはり外に出て働くのは大変でしょうし、

パートといえども、自分の生活を支えるわけですから、いざという時の後ろ盾がありません。

 

ですので、一見「子供がいない方が生活費だってかからないし、それこそ死亡保険なんて必要ないんじゃない?」と思いがちかもですが、遺族年金に関しては若いうちはアテになりません。

厚生年金の場合は幾ばくかはおりますが、うちで月4万円程度です。

貯金なく、これだけで生活するのはやはり大変ですよね。。

 

なので、同様に、貯蓄や生命保険で準備する。
または、旦那様の元気な間にお仕事に出て慣れておく。というのも必要かもしれないですね。

 

やっぱり貯金は色んな意味で大事ですぞよ☆彡

スポンサーリンク