かんぽ生命の養老保険って何モノ?とずっと思っていたのですが、もしかして、満期になったら利息が増えたりして?!( *´艸`)とか思い、じっくり調べてみました。

かんぽ生命の養老保険は「一時払い」と言って、前期前納という形で「満期金を先に払い込む」こともできます。もちろん「一時払い」が一番お得になります。

ですが!!超低金利だから?それとも元々そういう仕組みなのかわかりませんが「一番お得な一時払い」でさえも、現在(H27年4月)はいきなり元本割れ(°д°)
かと言って、使いようによってはかんぽ生命の養老保険もいいかもしれません☆彡

 

スポンサーリンク

まとまったお金を一時払いで払うのは個人的には損だと思います。

養老保険というのは「積立型死亡保障つき保険」なんですね。

例えば「500万円」を10年満期にした場合、保障の10年間の間に死亡した場合、それまでの払込金額に関わらず「500万円」が下りてきます。

何もなく10年がすぎた場合「500万円と配当金」が満期金として戻ってきます。

通常型(2倍型などもあります)の場合、およそ500万円プラスアルファ積み立てて、500万円がおりてくる形になります。

 

「配当金」がどのくらいかわかりませんが、今の低金利であれば、大きな配当金は見込めないと思った方がいいと思います。

40歳男性、10年満期500万円の場合の「一時払い金額」は
5,101,993円(H27年4月現在)

 

まずそもそも今、手元に500万円あるのなら「死亡保障」としての役割はいりませんよね?
それなのに、最初に10万円以上も余計に払うことになりますよね?

そんな単純じゃないのかもしれませんが、まず一時払いは「ななならしないですな」という感じです。30歳加入ならば、もう少し安くなりますが、まだ元本割れしてますね。

 

1年払いなら死亡保障と養老保険の貯蓄をどう考えるか?

40歳男性、10年満期、500万円保障の場合です。

年払い金額 512,725円。

元本割れ分は年間12,725円。

 

しかし、1年払いの場合「元本割れ部分」は「掛け捨て死亡保険」という考え方もできますよね?

10年間の間に死亡した場合「500万円」が払われるわけですのでね。

 

掛け捨て保険で、10年の保険期間で500万円の保障をつけるとどうなるか?

オリックス生命の「ネット専用保険 ブリッジ」で計算してみます。
ネット専用なので安い掛け金が売りの死亡保険ですね^^

40歳男性、10年満了、年払い金額15,410円

 

おっと!!養老保険の元本割れ部分の金額の方が安いではないか!!

 

しかも、わずかかもしれませんが、かんぽ生命の養老保険のほうは「配当金」も見込めます。

掛け捨て死亡保険は「解約金」はありません。

 

簡単に下ろせない&死亡保険つき&貯蓄にぴったり♪かな?

まず、途中で解約したら、さらに元本割れすることでしょう。
なので、満期まで積み立てる心構えで保険金を掛けることとなります。

そして、地味にけっこうお得な死亡保険までついていて( *´艸`)

 

半強制積立になるので、例えば、なな家のように「このお金は繰り上げ返済にしか使わない!」と決めている場合、

途中で気軽に下ろせないで、きちんと貯まっていくのは、非常に素晴らしいと思います^^

 

逆に言えば「万が一のときに使いたい」お金の運用には向いてませんね。

「10年後、繰り上げ返済に使う!」などという、明確な目的があれば、なかなかいい商品かもしれないと思っています^^

 

なので、目標金額の50~70%くらいを目安にして積み立ててみるのもいいかもしれない。。と、今のところ考えています^^

 

ちなみに、パニック障害で通院中&障害者手帳持ちの私名義ではかんぽ生命の養老保険(だと思う)は入れないと言われましたので(´;ω;`)付け加えておきます~(´;ω;`)

興味を持ちました方は、どこまでの健康状態ならば入れるのか、郵便局等でご確認をお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク