保険の見直しは大切で、今の時代は掛け捨て保険だよ。
というお話は何度もさせていただいてるのですが、

 

大変難しいケースは「持病がある場合の保険の見直し」なんです。

 

しかも、うつやパニック障害という、
「若いうちからかかる病気」も持病にしっかり含まれるため、
なお、困難を極めます。

 

ちなみに、健康な方の場合はオリックス生命のCURE一押しです^^
私も、健康な頃にオリックス生命のCUREに入り、
請求時も非常に早く処理していただいて、本当に助かりました^^

 

(読者様であり、親しい方なんかは、高い保険料を払っているにも関わらず、
入院保険請求の用紙が届くのが遅くて、クレーム入れたそうです。

オリックス生命は、31歳加入1670円という格安にもかかわらず、
用紙が届くのも、振込みも非常にスムーズでした。

値段がいいからサービスもよい。とは限らないようですよ!!)

 

 

スポンサーリンク

持病があるんだけど、保険料を見直したい場合、こんな考え方もあり。

本当に個々のケースで違うので、一発で「これがオススメ!」というわけでは
ないので、あくまで、ななブログの一意見程度にご覧ください。

 

例えば、ななの場合、精神系の病気があり、日々おばあさんのようなw
生活をしておりますが、

内科系は、素晴らしいといわれるくらい、何もないんです。
(去年倒れたとき、3回くらい立て続けに血液検査等したので)

 

ということは、長引く入院の可能性は、今のところ、
パニック発作がひどくなったときくらいしかない。と言っても、
まあ、よろしいでしょう。

(熱中症とか、不意な入院は除き)

 

そういう場合は、思い切って

「コープ共済、月1000円コース、持病のある方向け」
に、掛けなおすのも一案かもしれないと思うのです。

 

このコープ共済の加入条件は非常にゆるく、

[質問] 申込日における健康状態についてお答えください。
(1)現在、下記のいずれかに該当する。
イ.入院中である。
ロ.医師から、今後、入院または手術をしたほうがよいといわれている。
(ただし、入院または手術をする時期について、申込日より1年以上先であることを医師から明示されている場合は除きます。)

(コープ共済サイトより引用)

 

上記の条件のみで入れるようです。

「精神系の病気はダメ」だの、「服用中」はダメだの一切ないようです。

 

確かに、保障は、入院一日2000円しか下りません。
それじゃあ、現役世代は足しにならんってこないだ言ってたじゃん。

って思うでしょ?

 

 

そこで、コープ共済こんなプランを立ててみました。

1、まず、上記の1000円コースに掛けなおす。
(今の保険は、医療部分は解約する、死亡保険も掛け捨てで持病ありOK
がないかも調べてみるとなおGOOD♪)

2、月3000円を「掛けてるつもり」貯金する。

 

つまり、「保険料4000円」と考えます。
月3000円の部分は2000円でもいいです。

 

実はこれで、3000円だと、20年で72万円貯まるんです!

これ、50代とかの方なら、積み立て部分を多くしたほうがいいかもしれませんが、
今、30代前半の場合、20年後、まだ50代前半です。

この間、入院しないかもしれません。

 

このプランのいいところはどこかといいますと、
「貯金部分は、誰の医療費にも流用できる」ことです^^

 

例えば、一人ひとりに掛けた保険は、その人にしか下りません。

このプランでも、もちろん一人ずつ、1000円のプランに入ってほしいのですが、
(どちらも持病がある場合)
貯金額の部分は、二人で4000円とかにしておけば、

どちらかが入院しても、関係なく流用できます^^

 

そして、精神科の場合、「自立支援制度」というのがあり、
それを使えば、入院費が1割になると思います。
(ちょっとこのあたりあいまいなので、精神科に通ってる方で気になった方は、
病院のケースワーカーに聞いてみてください^^)

 

入院前に「自立支援制度」に入っていることが条件なので、
もう1年以上とか通ってる方は、該当になると思うので、
こちらは早めに主治医にご相談下さい^^

(私はそんなこと知らなかったので、入院費用は3割で払った^^;)

 

それでも、3割でも、21日間の入院で、10万円までいかなかったです。
精神科って、点滴等の医療行為を原則やらないので、安いのかもしれない。。

 

だからね。

特に若い方の場合、「入院」にものすごく不安を覚えなくても、
まず、そんなに入院することって少ないと思いますし、

 

コープ共済からでも、一日2000円は下りますので、

 

「マジ、家計ほんっと、どうしようもない!!」
って状態で2万円とか保険料で払ってる場合、
そして持病がある場合は、

こんな選択肢もあるかもしれない。。という

ななの個人的な考えでございます^^

 

ほら。保険料は、「保険料」にしかなりませんから^^;

 

あくまで、「こういう節約方法もありじゃない?」という一意見です^^

スポンサーリンク