前回「掛け捨て保険で保険料を節約しよう」という記事を書きましたが、

保険に入れるか心配になるケースとして

「健康に不安のある人も入りやすい保険」ってありますよね?
この「健康に不安のある方」って具体的にどんな方が該当するのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

保険業界の「持病のある方」にあてはまる病気

これは、5年前、私がオリックス保険に入ったときの告知書より抜粋します。

 

以下の場合は普通型保険で「ご契約をお引き受けできません」の病気一覧です。

 

1、現在入院中、あるいは医師により、入院、手術(帝王切開や内視鏡によるものも含む)
をすすめられていますか?

2、過去5年以内に、次の病気で、医師による診察、治療、投薬、検査を
受けたことがありますか?

がん(白血病、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍含む)、狭心症、心筋梗塞、脳内出血、脳梗塞、
くも膜下出血、統合失調症、うつ病、パニック障害、神経症、心身症、自律神経失調症、
ノイローゼ、てんかん、不眠症、ぜんそく、慢性気管支炎、肺気腫、過換気症候群、
慢性膵炎、かいよう性大腸炎、慢性肝炎(肝炎ウイルスキャリアも含む)、肝硬変、慢性腎炎、
ネフローゼ、糖尿病、こうげん病

 

(現在は持病の種類が変わっているかもしれませんので、
ご検討の方は、保険会社に質問してみてくださいね^^)

ちなみに自分で「うつかな?」とか思っている場合ではなく、
「医師の診察を受けた」場合です。

 

以上の場合は、普通型の保険ではなく、
「持病のある人の保険」ということになってくるかと思います。

(私自身は、障害を持つ前に契約しているので、普通型にはいっています)

 

そう。「契約時」に持病がなければ、
その後に私みたいに、「完治は10年単位だね」といわれようとも^^;
普通型保険に入ったままでOKです。

 

持病のある人の保険は、当然、普通型よりは割高になってしまいます。
それでも、どの病気で入院するかわかりませんので、
やはり、備えておきたいですよね。。。

 

保険業界では、けっこう精神科領域を「持病」としているのが多い

のが個人的にはびっくりしちゃいました。

統合失調症あたりは、診断がつくと入院となるケースが多いらしく
(精神科に入院したときのうわさ情報)
ここに入ってくるのはわかるのですが、

 

自律神経失調症とか、不眠症とか、過換気症候群まで契約できないとなると、
けっこう厳しい印象をうけますよね。。。
(病院にいかず、「不眠症」と自分で思っている場合は含まれません。
あくまでも「医師の診察を受けた場合」ですので、そのあたりはうまく切り抜ける^^)

 

まあ?私もいわゆる「神経症」で入院しましたから?
入院の確率の高い病気と思われているのでしょうかね??

 

そんな持病のあるあなたのための保険もきちんとあります^^

先ほど書いたように、アフラック(掛け捨て保険)でも
「健康に不安のある人も入りやすい保険」というのがきちんとありますし、

上に挙げた病気をもっている方なんて
めっちゃいらっしゃいますから、そのあたりの対応は保険会社も考えているでしょうね^^

 

アフラックの「健康に不安のある人も入りやすい保険」は、
普通型より保険料は割り増しになるものの、告知事項もごく簡単で、
「ご契約時の保険料のまま保障が一生涯続きます」だそうですよ^^

 

持病があるからって、保険あきらめなくていいんですね^^

スポンサーリンク