この家を新築で入居した3年目くらいまでは、蓄熱暖房機って「安い!」と自信をもって言える暖房器具でした。

しかし、ほくでん(北海道電力)の値上げ幅が激しすぎて、電気の使用量としては、年々下がっているのに(使わないように鋭意努力しているのに)まったく臆することなく、年々電気代はどんどん上がっていきます。

 
よく考えたら「蓄熱暖房機の電気代」が高いのではなく「ほくでんの電気料金体系が高すぎる」んですYO( `ー´)ノ

 

スポンサーリンク

H25~26年度の蓄熱暖房機電気代

なな家での「蓄熱暖房機の電気代」というのは、暖房料金が全くなくなる6月~9月の料金を

「オール電化で蓄熱暖房機を使わない電気料金」と設定し、今は「10000円」で計算しています。

 

つまり、請求されている料金は下記の料金+1万円と計算してくださいませm(__)m

 

平成25年度暖房費分の電気料金

H25年11月
6382円

H25年12月
9098円

H26年1月
18,195円

H26年2月
14、521円

H26年3月
11、831円

H26年4月
6882円

H26年5月
3584円

冬期間暖房機の電気代合計 70,493円

これが「最初の値上げの時」の料金です。確か夜間料金10円台でしたよね?

つまり、夜間料金8円台の時はもっと安かったんです!

H26年~H27年の蓄熱暖房機の電気代 爆上がり

GREEN20160902334818_TP_V

電気の使用量はむしろ年々少しずつ減っています。記録しておけばよかったのですが、
我が家の使用量が思い切り増えたわけではない。というところにご注目ください。

計算方法はH25年~26年の電気料金と同じく、請求金額は+1万円です。

 

平成26年度暖房費分電気料金

H26年11月
10,314円

H26年12月
16,579円

H26年1月
25,603円(H23年1月の全請求額より高い( `ー´)ノ

H26年2月
20,120円

H26年3月
14,399円

H26年4月
9901円

H26年5月
4740円

冬期間暖房料金合計 101,656円

 

アパート時代から、ずっと5~6万円で来ていた暖房代。
いきなりの10万円越え。

 

そして、H27年度は軽減措置が終わった分、単価は高くなりました。

ただ、原油価格の下落に伴い「燃料調整費」で全体の電気料金は安くなっています。

さらに暖房の節約頑張ってどのくらい安くなるかな~(*´ω`)

H27年度暖房費分電気料金

H27年11月
12,853円

H27年12月
13,735円

H28年1月
22,779円

H28年2月
16,634円

H28年3月
16,765円

H28年4月
8194円

H28年5月
5133円

H27~28年度暖房費分合計
96,093円

 

あれ~?「燃料調整費」で全体の電気料金は安くなっています。なんじゃなかったの~?

安くなってもあまり料金の変化ないね♪(怒)

 

蓄熱暖房機の電気代が高いのではない(高いんだけど)

電気料金が高すぎる!!

日本人っておとなしいですよね。暴動とかよく起きないよな~。。

 

うちは28坪吹き抜けなしの2階建て一軒家。広い家はもっと電気料金がかかる!

暖房に関してはこだわりまして
「とにかく冬寒くないこと。暖房代がかからないことを第一に考えて」家を建てました。

日当たりも重視しました。夏は我慢!長い北国の冬を中心にして考えました!

それで年間10万円越えだよ!

 

さすがにオール電化では限界がある!と思い、
石油ファンヒーターを買ったら「寒さの我慢せずに」節約できています!

 

今年の分も集計が終わったらこの記事に追加しようと思います!

スポンサーリンク