さあ、今年から、いよいよなな家にエアコンがやってくることになりました。

北海道は(札幌周辺)は、10月の半ばころから(早ければもっと前から)
5月の半ばまでは、暖房必須ですので、

徹底的に節電できるのは、6月~9月までと非常に短いわけです。

 

その貴重な「6月~9月」に、電気代を食うことは明らかなエアコンを、
とうとう導入しなければならなくなりました><

 

「北海道にクーラー」。。。どうしても解せなかったのですね。
5,6年以上前から35度とかの日があったにも関わらずね^^;

 

しかし、去年、9月頭くらいまで、32度とかの日が続き、
もちろん、8月からずっと暑いわけでありまして、

エアコン導入せざるをえないな。。。」と。。。

 

 

スポンサーリンク

32度がエアコン導入の境目ですね。。

なな感覚では、外気温30度だと、家の中はまだどうにか、すごせるんです。
(そのために新築したわけだしね)

でも、今年は、薬の影響か、急に30度になって、
思い切り太陽出てると、バテてきますね><

暑いのはかなり得意だったのに><

 

しかし、いくら新築で熱効率がいいと言っても、
そして、元気でも、32度を過ぎると、「ヤバイ」感じがしはじめて^^;

 

そういうときの夜も当然「ヤバイ」んですよね。。

 

日中の熱が逃げないのと、
北海道は、日中いくら暑くても、夜には20度とかになるのですが、
最近、最低気温27度とかの日も散見されるようになってきて。。。

もう本州と変わらないでしょ?

 

冬は平気でマイナス20度近くなるのに、夏35度っておかしくね
って心から、心から思うのですが、

もう、日本全体熱帯化してきてるのね。。。^^;

 

とかいう感想はどうでもいいとして
(感想長かったぞ!!)

 

それで、いよいよ、エアコン導入です。

 

 

今のところのエアコン消費プラン

まず、「寝やすくするために買った」ので、日中は、35度になろうと
絶対しのいでみせます。

今までしのいだんだ。しかも、ここは北海道だ。

夏に電気を食いまくるわけに行きませぬ。
(36度になったら考えます。←何で1度違いなんだよっ!!ww)

 

8時ころ寝るので、7時からエアコンをつけて、
部屋を寝やすいようにしておき、タイマーで、11時ころには消えるようにセット。

 

暑くなったら、その後は窓をあけてしのぐ。

 

この作戦でまずはやってみようと思います。

 

 

一度、エアコンの部屋で寝てみた感想

起きてるときは涼しくて最高なの^^

でも、寝てからは、なんかブーンって言ったり、急に止まったり、
「エアコンの風で、子ども寝冷えないかな。。」

とか色々気になって、なんか熟睡できなかったですね。。。

 

慣れたらなんてことないんだろうけど。。

なので、早速次の日は、一階で子どもと私は寝ました^^;
(もちろん、旦那一人寝るためにエアコンつけるのは絶対なしww
暑くてイヤなら、君も一階に下がりなされ。というスタンスですので^^)

体感温度は確実にエアコンのほうが涼しいですけど、
根は北海道ですからね。。

窓開けた風のほうが、寝やすいかもしんない。。。^^;

 

午後7時を回っても、「これヤバくない??」という感じのときのみ、2階へ行きます^^

まあ、脱水時のOS-1みたいなものですね^^
(意味わからんし)

 

暑すぎるときの非常事態のためにクーラー用意しておく。

そんな感じです^^

 

なので、クーラーの電気代のこともすっごい心配してたのですが、
なんか、大丈夫かもしれないです^^

(多分、夏は、ほとんど1階で寝るだろうから^^;)

 

エアコン

 

もう、「北海道にエアコン」っていうのが、どうしても許せないと言うか、
冬、あれだけ寒いのに、そして、雪かきしまくって(何か関係あるの?ww)

そして、夏まで電気を食う。

 

もう、節約ななにとっては、本当に本当にイタイ決断だったんですけど、
さすがに、このところの暑さはケチれないよね。。。

という話になり、

 

泣く泣く、エアコン(冷房のみのやつね)をつけることになりました。

 

エアコンの節電方法も、調べまくって、少しでも電気代を押さえて、
快適に過ごせるように、頑張ります^^

 

まあ、というか、稼働日数自体が年間10日くらいのような気もするので、
そんなに気にしなくてもいいかもしれない^^;

 

ああ、北海道だよ。本州と違って、「冷帯湿潤気候」なのよ。
「冷帯」とついてるからには、夏に28度以上はダメでしょ!

夏35度って、もう、気候の分類かわってるじゃん!!

 

ああ、今年も暑くなるそうです。だから35度の日もあるでしょう。。。
乗り切るしかないか。。。

スポンサーリンク