検針の紙と一緒にいつも入ってくる「お知らせの紙」の中。

  • 「当社の電気をお使いの方に「ポイントサービス」をはじめます」
  • 「貯めたポイントは道産品や商品券などに交換できます」

おおお♪ほくでんもやるじゃないか~!
そのくらいの意気込みがほしかった!!では早速「詳細」をウェブで見て超ビックリ!

 

スポンサーリンク

ほくでんポイントサービスの最初の案内が下記の画面

北海道電力ポイントサービス

?????

記事を読んで?アンケートに答えて?情報を投稿して?
ポイントサイトか???

 

でもこの画面を見たときは、まだななは特に何も思わなかったよ。

「ああ、記事を読んだりアンケートに答えたりして貯める方法もあるんだ~」くらい。

 

電気の使用量等は全くポイントと関係ないことが超ビビった

とりあえず愚痴言う前に証拠をお見せいたします。

北海道電力ポイントサービスQ&A

本サービスの利用により電気料金の割引の特典はありません。

浮世離れしすぎてて、怒り通り越して苦笑状態ですわ"(-""-)"

 

要するにポイントサービスを受けたいなら手を動かせということ

アンケートに答える、投稿する、キャンペーンやイベントで貯める。

全部「君の時間を割け」ってことでしょ?

 

インターネットにそこそこ慣れているななでさえ「めんどくせ」と思うのに、
高齢者の方なんて、全然恩恵ないですよね?

何でどこまでも「上から目線」なの???"(-""-)"

 

極め付けのセリフ「電気料金の変更はありません」

あのさ。その超面倒なポイントサービスしなくていいですから。
このポイントサービスの運用だって人員必要なわけでしょ?

ポイントはいらないから。ごく一部の人しかできないものに無駄な時間割かなくていいから。

 

今年は、原油安に伴いだと思いますが
「燃料調整分」が大きいので、3万円台の我が家で4400円ほど値引きされています。

「去年よりはかなり安くなって助かり」ますけれども、
最初の電気料金の感覚から行くとやっぱりまだ「高い」ですよね。。。

 

電気小売自由化に対抗するなら電気料金の値下げに人員とお金と時間を使って!

スポンサーリンク