灯油ストーブを使っているご家庭ではごく当たり前の光景で、何がそんなに感動的なのかサッパリわからない。という感じだと思いますが、

オール電化蓄熱暖房組にしてみれば、外の温度にすぐ合わせることのできる灯油ストーブがやっぱり恋しいわけですよ~。

特に北海道の秋口にあたる今がまさにそのとき!!

 

なな家は工事がいらない「石油ファンヒーター」を買ったのですが、思った以上に優れもの♪
プラス「暖房代節約」も狙っていきます!!

 

スポンサーリンク

なな家で購入した石油ファンヒーターは木造15畳用にしてみました。

なな家は1階は18畳が一部屋とお風呂、トイレ。玄関。コンパクトw
2階は3部屋あり、すべての部屋に電気蓄熱暖房機が設置してあります。

2階は蓄熱暖房機を使うので、1階を暖める目的で買いました。

 

「部屋が12畳で15畳用の石油ファンヒーターなら外気温が0度くらいまで下がっても暖められました」というレビューのあるストーブ。

ええ~~?それは言い過ぎじゃんwwとか思っていた。

とりあえず18畳の我が家は15畳用で行こうか。と購入。

 

断熱の効いてない家は今から書く感想ほどの威力が得られないかも!?

10年~5年ほど前もアパートの補助暖房で石油ファンヒーターを買っています。
「オール電化になるから~」と今は義母の家で活躍しています。

 

前住んでいたアパートは昭和築だったので、今の家よりはもちろん断熱は効いていません。

ただ、なな個人の感想は「慣れれば寒くない」といったところ。

リビングにFF灯油ストーブ、奥の部屋に石油ファンヒーター。
2LDK(10畳、6畳、4畳半)のアパートならこの2つで当時は寒さの不自由感じず過ごせました。

 

今の家。10月の気温が前提ですが、今の家は2階一部屋だけ蓄熱して、リビングは15畳用石油ファンヒーター一つのみで十分すぎるほど暖かいです。

ちなみに札幌近郊の10月の気温は、平均した雑感ですが、
「最高気温15度前後 最低気温8度前後」といった感じかな??

やっと「断熱性の高い新築にしてよかった」と心から思った瞬間かも(*´ω`)

 

1階リビングの18畳を鑑みて「木造15畳用」を購入してみた感想です

石油ファンヒーター

【あす楽対応/在庫有/即納/台数限定特価】ダイニチ工業石油ファンヒーター[9Lタンク] Lシリーズ木造15畳まで・コンクリート20畳まで長期3年メーカー保証商品FW-5614L/FW5614Lプラチナシルバー(S)

 

まず感想から。

  • 「うわ!!石油ファンヒーターめっちゃ暖かい!」
  • 「(札幌近郊の10月の気温なら)石油ファンヒーターだけで十分あったか~~い」
  • 「え?今日の最低気温4度だったの?
    蓄熱しないで石油ファンヒーターだけで全然OKだったよ~~!!」

すべてが想像以上の威力で驚いていますが、一番驚いたのが最後の感想であり、一番重要であり、そしてやっぱり石油ファンヒーター最高♪っす!!

 

蓄熱暖房機は予報の気温との差が少し大きくなるともう調整不可能

この問題が勃発??するのがちょうど9月終わりから10月。そう。今時期。

5年間、ずっとこの「蓄熱暖房機は秋口が難しすぎる件」に悩まされてきました。

 

リンク内に詳しく書いてありますが、蓄熱暖房機は「前日の予報」を見て「前の日」に使う暖房の量を調整するんですね。

寒いのイヤだからって、今の時期から蓄熱しまくってたら、電気代ハンパない。
しかしどうしても時折寒くなりすぎる。

 

そんな「急な気温変化」もやっぱり「灯油」ですね!!
10月17日までは何の問題もナッシングです☆彡早く買っておけばよかった(人”▽`)

ちなみにリビングの蓄熱暖房機は今シーズンはまだ使っていません♪

 

石油ファンヒーターを買うなら、暖められる範囲が広いものをGETしよう♪

10畳の部屋に19畳用とかいらないですが、なな家だったら理想は19畳用でしょうね♪
なな家は冬は蓄熱暖房機と併用するので、15畳用にしました。

>部屋が12畳で15畳用の石油ファンヒーターなら外気温が最低0度くらいまで下がっても暖められました

このレビュー、オーバーじゃなかった(@_@)

 

札幌近郊の気温の場合、さすがに真冬はファンヒーターだけではキツイと思います。

しかし「最低気温4度、最高気温17度、晴れ」の日は、朝に4時間ほどつけましたが、日中は消しているような状態♪

朝4度まで下がってるなんて全然わからんかった。
朝方つけてから適温になるまでも、30~40分程度だったんじゃないかな?

日中も寒いと思えばスイッチ一つで暖かくなるし、やっぱり北海道は灯油だね~。

 

石油ファンヒーター。かなりの節約効果もありそう~~!(^^)!

ワンシーズン回してみて、去年との暖房費の金額差も記事にしたいと思っています♪

スポンサーリンク