ふきん。実は、ななは夏以外、食器拭き用のふきんは洗ったことないです^^

ドン引き!!!!

夏は、すぐにぬれたふきんが乾かないで、においがしてくるので、
仕方なく、食器用洗剤で洗って、天日干ししていますが、
湿度が下がってきたら、まずやりませんwwww

 

笑い事じゃない??
でも、別に食中毒とか起こしたことないよ^^

 

 

スポンサーリンク

乾燥する季節に入ったら、ふきんも加湿器代わりだ!!

がなな流ですwww

 

洗濯物は言うまでもなく、手を拭くタオル、ふきん、
ぬれたモノすべて「加湿器」だと思っていますww

しかも、乾燥してきたら、速攻乾くので(特に暖房炊き始めたら)
においなんてしてきません。

においする前に(雑菌が増える前に)乾いてしまうからだと思います。

 

これを生かさずしてどうする!!!

冬になったら、当たり前に加湿器使っちゃってるご家庭ありませんか?

せっかく「天然加湿器」があるのに、
電気代使って加湿した上に、ふきんまで一生懸命洗っていたら、
時間と電気と水の無駄です。

 

いやー、そこでドン引きしてるのわかってますからね^^
でも気にせず、自分のズボラ理論を書く。
これがななブログの流儀です!!(あ、読者さま、行かないで!!)

 

 

洗濯物の干し方、なな流

洗濯物は外に出せるうちは出しますが、
北海道の場合、11月~4月は実質、外に洗濯物はだせないです。

もう、この時期になったら、外に干さなくてよくて、ちょっとラクになる♪

 

でも、北海道の場合、11月から暖房のピークを迎えます。
だからスゴイ乾燥してきて、なお部屋干しに適してきます^^

 

それで、まずは、一階にピンチで挟んでる洗濯物を干します。
(まあ、脱衣所というところだね^^)

二階は、ハンガー物を寝室に干しています。
他の部屋には、よほど洗濯物が多くない限り干しません。

 

これで、就寝時の加湿もバッチリ♪
(まあ、朝洗濯するから、夜にはほぼ乾いてますがね^^;)

 

それで、ふきんも洗わないし、
(台ふきんは、2日に一回、洗濯機の一回目のタオル類と共に放り込みますw)

とにかく、濡れたバスタオルなんかも、すべてが
「加湿器」になってくれるので、

 

実はけっこう電気食いの加湿器は、
子どもが熱出したとかでもない限り、登場しません^^

 

 

加湿器って、アレルギーの発祥元になることもあるって知ってた?

加湿器。あれこそ使ったら、水抜きして、
内部までスポンジ洗いして。。。とか、かなり面倒です。

んで、逆に、ここをズボラにやっちゃってる人が多いらしくて、
例えば、昨日の水が残ったから、それをそのまま使用するのも、
けっこう危ないんだそうです。

だから、加湿器こそ、ズボラにできないらしいです。

「加湿器が原因とおもわれるアレルギーがある」みたいですよ!!

 

そんなの面倒な上に、加湿しちゃったら、洗濯物の乾きもふきん類も
すべての乾きが遅くなります。

 

なな流を公言で「真似します!!」といえないあなたも、
「ああ、納得」と思ったら、こっそり実行してみてくださいね☆

とってもラクですわよ♪

 

※前々回の「楽天カードのポイント」の記事ですが、正確な情報に書き換えております。
ご覧いただいた方へ、心よりお詫びいたします。

スポンサーリンク