前回の「オール電化の値上がり率」の記事は、北海道のオール電化の皆様ならみんなでひっくり返ったことでしょう・・・。

ななもあの表を見たとき、軽く3分はフリーズしましたからね。。。ただ、黙って値上がりした。困った。ばかりも言ってられない。

 

ということで一緒に同封されていた、「節電テクニック集」から、なな的に目新しかったものをピックアップします☆彡

 

スポンサーリンク

蓄熱暖房費節約のための知恵

部屋の温度を22度設定から、20度設定にすると、
蓄熱暖房機の場合では、1シーズン14、960円の節約になるそうです。

(札幌市、木造、戸建。38坪で試算)

 

なな家は28坪の家ですからここまで値下がりしないでしょうがけっこう効果大ですよね!

うちで何も対策しなければ、年間27000円も値上がりしますから「8000円程度」の節約になっただけでも大違いです!

 

冬の寒さをしのぐ家での服装も上着、靴下等で暖かくしよう

暖炉

  1. 上着を一枚多く着ると2度体感温度があがる。
  2. 厚手の靴下を履くと0.6度体感温度が上昇
  3. ひざ掛けで2.5度ほど体感温度があがる。

上の2つはやっていたのですが、そうだそうだ、

ひざかけやってなかった!!!

そういやアパートのときのパソコンタイムは毛布を腰に巻いてたよ~~!

 

さしあたってひざ掛けは買わなくてもOK!代用も節約の基本!

ななのひざかけは、毛布で代用っすよ!!!

普段は誰も見てないのだから、家にある毛布で十分!

暖かいしね~~☆彡

お客様がみえるときもひざ掛けを使いたい。というときになったら買えばOK♪

 

今年はななもひざ掛けならぬ「毛布掛けww」ですごして、暖房費を少しでも抑えられるように頑張ってみます^^

 

窓には断熱カーテンを導入する。

断熱カーテンってかなり体感温度が変わるんです!びっくり!

義母の家で、断熱カーテンを使ってるんです。

 

義母の家はリビングの窓自体が開けたら出入りできる窓です。
なので、床まで届く「断熱カーテン」を冬になったら使用しています。

義母の家はもうじき築40年になるので、やはり寒さはこたえます。。

でも断熱カーテンで「あ、暖かい!」と違いを感じるほど、暖かかったですよ^^

 

なので、大きな窓だったら、
「床まで届く大きな断熱カーテン」だと、断熱性能がよくなるようですね^^

 

今は断熱性能の高いレースカーテンもあるらしい。

なな家は、まさかこんな電気料金爆上げになると3年前は全く思ってなかったので当時のままの遮光カーテンです(>_<)

うちは、110センチだったかな?の普通窓なので、できれば「床まで届くカーテン」じゃないほうがありがたい。

 

そんなときは

  • 断熱性能の高いレースカーテンをしてみる

という選択肢もありそう♪

レースカーテンなら取替えのときに採用できるかなー??とりあえず、すぐにはやりませんけどね。。。

効果のほどがわからないので、今のレースカーテンを取り換える時期に考えてみます( *´艸`)

 

他の電気料金節約術については、ご興味あればぜひ「電気料金の節約」のカテゴリーをごらんください(人”▽`)

スポンサーリンク