って、タイトル息巻いてますが、かなり切ない感は否めません^^;

しかし、不思議なことに、秋口に蓄熱の設定間違えた時より、
寒すぎる日がずっと続いてる中での設定を下げるのは、
体がだんだん慣れてくるんだな~☆

なので、秋口に設定間違えて、超寒い思いした時よりは今のほうが寒くないです。
正確に言えば、体がなれました^^;

 

スポンサーリンク

オール電化の電気代が暖房、湯沸し器で7万円超えだよー!!

という読者様の悲鳴をコメントでいただきました。

これ、オール電化の電気料金UPって本気で真っ青なんです。
そして、東北以北だと「暖房節約」と言っても限界があるんです。

なんで?そんな簡単に暖房節約諦めるのよ?って??

 

とりあえず北海道の最近の気温を見てから、暖房節約について語ろう。

まずは、「寒いのなんか、こたつに入ってしのげばいいじゃん」
と思ってる、東北以南の方。

北海道がどれだけ寒いのか、ただいま示します。

南極の気温じゃないですwww。北海道です。

 

北海道、1月21日の一日の気温変化

気温

言わずもがなですが、丸をつけたところが北海道札幌近郊の一日の気温変化です。

グレーになっちゃってるところに注目☆

-15度とかになってますね^^お湯も一瞬で凍りそうだね^^(怒)
はい。私の住んでるところの気温です^^

言いたいことはそこだけじゃないんだぜぃ☆

 

最高気温に注目。はい。-4度ですね^^

北国の寒さ、ワイルドだろ☆

 

これでも、あなたはまだ「こたつに入ってりゃ大丈夫だべ」と言い張りますか??

北国の寒さで「暖房費節約」言われても、限度ありますから(怒)!!
でも、オール電化16%値上げで、節約は意識しないわけにいかず。。。

 

なので、今年はなな家の蓄熱暖房は頑張って節約しております!!

まず、札幌で最高気温が-4度あたりの予報になったら、去年まで
リビングの蓄熱は最大(100%)にしてました。

でも今年は、最高気温-4度とか言われても、ずっと85%程度でがんばってます。

 

これくらいの蓄熱量(写真下が蓄熱量の設定部分です)

蓄熱暖房機 真冬の設定

 

その分、最大にしても一日1KW食うタイプの玄関の蓄熱は70%くらいにしてます。
(リビングを最大にすると、うちの蓄熱暖房機(暖吉くん)は1日7KW食います)

 

今までは「リビング100%、玄関50%」とかにしてたんですが、
玄関をムッとするくらいまで温めておくと、リビングが寒くなりにくいような気がします^^

玄関が狭い家なので70%くらいに設定してると、大方の日はムッとします。。
70%でも「そんな暑くない」って日もありましたけど。。

 

リビングの蓄熱量を絞るとやっぱり寒いですよ。。

単純計算で去年より約15%部屋が寒くなってるわけですから。
新築なので、寒さはかなり逃げにくいですが。。

あと、寒くならないように意識して吹き抜けのない家にしたので、
北海道の場合は、吹き抜けなしが正解かもしれません。

吹き抜けでうまく暖気を循環させるように作ってる家もあると思いますが、
基本、吹き抜け+蓄熱暖房機はけっこう寒いです。

 

でも、寒い寒いばかり言ってられんでしょ??

そこで、次回は「少しでも家と自分自身を暖かくする方法」をお話しますね~^^

スポンサーリンク