トイレの水ってバケツの水で流せるの?実は流せます。はい。先日の北海道大地震で数時間断水してしまい、実際の断水経験をもって流してみました。

個人的には停電のショックが1だとすると断水のショックは20ってところ。やっぱり一番精神的に来るのは「トイレが不自由すること」ね。

まずは頭の片隅でもいいので「風呂に溜めていた水でトイレ流せるよ」と覚えておくと万が一の非常時に全然違います(*´ω`)

 

スポンサーリンク

風呂に水を溜めておくことって非常時には大事

バケツ水で流すのですが、もちろん普通の水でもOKですが「断水=どの蛇口からも出ない」となります。ですので「風呂の残り湯を使う」ことをしないと流れません。。

地味に大事な「風呂水を捨てない」

今回は夜中の3時の地震だったのでたまたま風呂水は次の日の洗濯用にとってありました。これが午前9時だったらアウトでした。。

 

我が家の場合は最初1時間くらいは断水しなかった

停電は10分くらいだったのかな?心配になったので蛇口を開けるとまだ水は出たので「断水はしなかった~。よかった~」と思っていた。

しかし1時間後くらいに断水しました。

  • 「大きな地震が来たらまず風呂にできるだけ水を溜めておく」
  • 「停電したら(広域に大きな災害の可能性があるので)水を溜める」

今後のなな家スタンダート。

 

バケツ水でのトイレの流し方

トイレにバケツ水を流していいのは「配管に損傷がない場合」なんだそうです。

そんなこと気にもせず流してしまいましたが、下水管に損傷があるのに流すととんでもないことになるらしいのでまずはそこを気を付けよう。

 

トイレの流し方。参考にさせてもらったのは「nanapi」より、「断水時のトイレの流し方」です。

  1. 8リットル程度の水をバケツに用意。
  2. 床に敷物(紙類で)をする
  3. 「汚水の飛散防止」にトイレットペーパーを一枚だけ置く。
  4. 便座はあげておく。
  5. 本当は保温便座等のスイッチも外すのだが、
    面倒なので、それはやめておきました(アース?もついていたので)
  6. コツはバケツの水を勢い良く中央(たまり水)にむかって流すこと。

 

なな流バケツでトイレを流すときの注意点

  • 飛び散り気にせず勢いよく流す。
  • 流した後は水位が下がるので、3~4リッターくらいの水をもう一度入れておく(におい防止)
  • 小用は数回溜めておけ(風呂水貴重)
  • 2~3回に一回は2回流す(やはりきちんと流れないので)

 

問題は床への飛び散り。思った以上に飛散しまくり

飛び散りますよ。たった数時間であっという間に公衆便所のにおいだよ。ただし非常時はそんなこと気にしてられません。あ、ワタシは気にしてられなかった。

そんなことよりも風呂水がなくなる前に断水が解消するのか、いよいよどうしようもなくなったら避難所とかでは簡易トイレ使えるだろうか。とそちらの心配ばかり(>_<)

 

いやいや私は気になる。という場合は、nanapiには「飛び散るので広告などの紙を床に敷き詰めましょう」と書いてありました^^

私は捨ててもいいTシャツで少し床拭いたりしたかな。んでそのまま捨てると。

なんせ非常時ですし、多分いつも気になることは相当気にならなくなります。

新聞紙は防寒用に役立つので、広告などがいいそうです

災害時であれば、生活に役立つものは貴重です。新聞紙は寒い時なら防寒用になったり、そのほかにも使い道が広いので、nanapiには「広告などがおススメ」とありました。

 

汚れを覚悟すれば流すことは可能。大は特に気を付けたほうがいいかも

「大は気を付けたほうがいいかも」これは平常時に書いたタイトル。

実際は気を付けるも何も流さなきゃ仕方ないわけだ。大丈夫。非常時は平常時と全然気になるところが変わるので。

まあ「バケツで流す=汚すもの」と最初から覚悟して流したほうがいいかなと思います。。。

 

庭に穴掘って埋めていくの最高じゃね?とちょっと思った。

トイレテントって知ってますか?

  • テントを立てる
  • テントの中に入り穴を掘ってそこに用を足す⇒埋めるの繰り返し

う~ん、くみ取らない汲み取り式トイレ?断水するとね、それって何の心配もないよね。ってふと思った。

 

いつも当たり前に出ている水が出てないと不安からすごいストレスになるのね。私なんて15分おきのトイレになってしまった(>_<)

水も飲めないしいつまで断水するかもよくわからんから、買い置きのお茶も飲みすぎたら今後困るかも?と思ってやっぱり水分も控え気味になる。停電=物流ストップなので。

 

ただ風呂水があったからトイレが流せたのはそれでも少しは安心しました。トイレ対策に風呂水。めっちゃ大事です!

スポンサーリンク