子ども小学校最後の家計簿、そしてパパが17年勤めた会社のラスト2回のお給料となります。

実生活自体は今の会社に入って2か月目となりました。子どもも1年生、パパも1年生。

ということで、とても久しぶりにななも「1年生」の気分ですが、今回の家計簿はまだ卒業を迎えてないので(!?)

いつも通り淡々とした3月家計簿デス。

 

スポンサーリンク

3月度家計簿公開

収入 240,000円
灯油手当分割り振り 18,000円

合計 258,000円

 

住宅ローン
50067円

水道
4480円

電気
28143円(1月分)

灯油
1112円

固定電話、プロバイダ
4845円

医療保険
6500円

夫お小遣い
15000円

給食費
5000円

以上が固定費、準固定費デス。

 

食費
29,304円
(うち外食 5707円、パパ昼1100円)

日用品
6094円(イミフな爆買い^^;)

ガソリン代
7413円

病院代
3960円

美容代
8421円(ママ6年以上ぶり白髪染め)

交際費
12,467円(義母へファンヒーター購入)

その他
1242円

 

以上

支出 184,000円

貯金 およそ73,900円

 

アプリ家計簿付け3か月以上経つのにまだ慣れないという展開

アプリの家計簿だと「締めの計算」っていらないんですよ。

支出、貯金。全部計算して出してくれます(*´ω`)なので魔力に吸い込まれる♪

手書き時代は「締め」に40分くらいかかっていましたが、今は10分あれば来月分のお金の仕分けも含め全部できます。こりゃ嬉しい♪

 

項目がまだわかりづらいので、自分でわかりやすいような改良をせねばデス。

へ~。食費に3万円かかったんだ~。ということはすぐわかるのだけど、外食費も含んでます。とかいうのは、今のななのつけ方ではすぐにわからない。。

「食費」という項目の中に全部入力していたことを、ブログに書くときに忘れている始末。。

 

 

地味に一番ショックだったのは「交際費」が何だったか思い出せなかったこと。。

項目をタップして「内訳を表示」をタップすればすぐにわかります。

家計簿アプリzaim

でも「一目でわからない」のはダメだと思うの。少なくともななは一目で知りたい。

ということで、項目の改良はまだまだ必要なようですm(__)m

 

逆にタップでわかるのが嬉しかった項目が日用品です。

ここはなな的には「日用品は今月6000円買った」でいいんです。逆に細かいと見づらい。

はて。しかしなぜ6000円も買ったのだ?というときに「内訳を表示」というところをタップすれば

家計簿アプリzaim 日用品

その他って何ぞや??ということでタップして出てきた「履歴」をタップすると。。

おお!LEDの蛍光灯買いましたわ~!と思い出せて嬉しい♪

 

今までは大型出費で精算していたのに、アプリの項目に合わせたのでよくわからなかった例。

 

項目は「自分が一目でわかるように」なるように、まだ設定しなおしが必要なアプリ家計管理です。

スポンサーリンク