一人暮らし。。。ななは経験ないんです。

でも心から思う。もし、一人暮らしをしていたら、
80%くらいの確率で結婚生活は選ばなかった気がする。。

と、暗い話したいんじゃないんですよ!!

 

今日の記事は希望にあふれる記事なんです!!

「もしも、ななが一人暮らししたら、いくらのお金がかかるだろうか」
という、ワクワクする計算をしたいと思います^^

 

スポンサーリンク

ななの想像一人暮らし家計簿

まあ、想像でしかないので、思いもかけない費用が発生するかも
しれませんが、あくまで想像なのでお許しを。。

 

まず、離婚した場合。
こちらのほうが、金銭的には大変です。

家賃も発生しますし、死亡保険金も下りません。
そのシビアなほうで計算してみましょう。

 

まず、3人現在の家計簿から、一人になったらいらない分を削除し、
一人になった場合の予想金額を訂正します。

 

住宅ローン 50000円 30000円

電気 7891円(8月分) 6000円(ガスと電気になったとして)

水道 3669円 2500円

電話 1525円

携帯&プロバイダ 5668円

こづかい 20000円

保険 9000円 2000円

NHK 1250円

水代(会社付き合い) 800円

給食費 5000円

以上が固定費、準固定費部分

 

食費 18472円 13000円

日用品 994円

ガソリン 4400円 0~1500円

被服費 2035円

外食 1250円

病院(2回) 2640円

子ども費 6028円

レジャー 3600円

理美容 1000円(子ども)

雑費 1199円

オット弁当 720円

交際費 2969円

 

めっちゃ線引いてあるがなwww

だって、外食、レジャー、今の体調ではいけませんw
ほぼ0で勘案していいw

 

車はやっぱりできれば持ってたいので、もし手放さなければ、
ガソリン代1500円くらいかな。。

外出恐怖で、ほとんど出ないので、そこまでもかからないかもしれない。

 

他の部分の線は、一人暮らしになれば、どの方も要らない項目になりますよね^^

なので、ここまでで

 

なな離婚でもしも一人暮らしなら 約 7万円

プラス一人暮らしになるため、国民保険料や国民年金を納めなくてはならないので
満額払うとしたら 国民年金 15,040円

(高いな。一人暮らしになったら、障害年金センターに相談ですな。。
障がい者手帳持ちなので、ナンボか減額されるかもしれない

 

国民保険料は、所得で決まるんですね。
それではよくわかならいので、一応10,000円(も払わないだろうけど)
としておきましょう。

 

合計 約95,000円

 

あれば、最低限、夏の間は生活できる計算となりました^^

北海道は冬があるので、暖房費を考えたら、やっぱり、
月15万円くらいの収入は確保必要ですね。。

 

これがシビアに考えた場合の計算。

 

なながいつも神様にお願いしているのは、こちらのケース。
(そんなこと願ってるから、病気が治らないんだよっ!!)

 

 

夫、50歳までに死亡した場合。

なんと、1500万円の死亡保険は、50歳までしかかかってないんです!!
その代わり掛け捨てで、月4000円弱ですが、

子どもがそのとき20歳になるので、「これでOK!その後は貯金できるでしょ?」
と思って掛けているので。。

死亡保険は、子どもの年齢もかみ合わせて、よくよく考えてくださいね!!

 

 

この場合の家計ケース(ひとり暮らしを想定します)

住宅ローン 50000円 0円

電気 7891円(8月分) 5000円(オール電化なので、もう少し削れるはず)

水道 3669円 2500円

電話 1525円

携帯&プロバイダ 5668円

こづかい 20000円

保険 9000円 2000円

NHK 1250円

水代(会社付き合い) 800円

給食費 5000円

以上が固定費、準固定費部分

 

食費 18472円 13000円

日用品 994円

ガソリン 4400円 0~1500円

被服費 2035円

外食 1250円

病院(2回) 2640円

子ども費 6028円

レジャー 3600円

理美容 1000円(子ども)

雑費 1199円

オット弁当 720円

交際費 2969円

 

占めて合計 4万円以下!!

驚異的な数字が出てきましたよ~~~~!!!www

それに、国民保険料等を加味しても

約 65,000円以下で生活できます^^

 

家賃払わないってすごいよね^^
(固定資産税を払わないとなりませんが、来年最高で8万円あとは下がっていく一方^^)

8万円だとしても、6700円の家賃さ^^

 

しかも☆ 死亡保険金も入ってきて☆ 退職金その他モロモロもいただけますし☆
遺族年金も入りますし^^

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

あなたが亡くなったら、毎朝一番に土下座状態でしっかり頭さげて、
仏壇も毎日ピカピカにしますからね^^

毎日、寝る前に話しかけますからね^^

大事にしますからね^^

 

↑いや、今やれよ!!!www

 

今日記事は単に、
「そういえば自分ひとりになったら、どのくらいお金が必要なんだろう」
とふと思い、計算してみました。

 

若い一人暮らしの方や、OLさんなどは、
美容費とかがもっともっとかかってきますので、
(ななも、若い頃はそれなりにかけていたよ^^)

 

完全に「引きこもり用一人暮らし」の計算ですが、
実際に、こんな感じで生活されてる方を、節約ブログではちょこちょこ見かけますので、
非現実的な数字ではないと踏んでます。

 

てか、実はななは、こういう事態になっても、あわてないために、
普段節約してるというのも、かなり大きなウエイトを占めてるんですよ^^

この「ミニマム生活」が「苦」じゃなくて「当たり前」になれば、
何ら支障ないですからね^^

 

意外とミニマムに生活できそうなことに、ちょっとワクワクのななです^^

 

今日の格言 夫は生きてる間も大切にしようw

スポンサーリンク