住宅ローンの繰上げ返済こそ、
意見の割れる論議はないなと本当に思う次第です。

しかし、節約ブログを書いてはや3年。色んなことを調べ、勉強してみて、
やはり「最高の資産運用は住宅ローン繰り上げ返済」と思っております。

やみくもに繰り上げ返済すると失敗する。ということであって、
計画的な繰り上げ返済はむしろしないと損。くらいに思います!

 

スポンサーリンク

住宅ローンは団信にはいるから、繰上げ返済は損!?

団信というのは、「団体信用生命保険」というもので、
ローンの途中で、借主が死亡したり、高度障害等になったときに、
生命保険会社が、代わりにローンの残高をすべて支払ってくれるというものです。

 

これは、フラット35という商品以外は、
一般的な銀行で借りた場合、自動的に入ることになっています。

銀行負担となっていますが、実際は金利から差し引かれています。

 

フラット35は、住宅ローンとは別に支払うかどうか決める必要があります。

でも、大体、みなさん団信に入るんですね。

万が一なんていつあるかわかりませんからやっぱり入りますよね?

 

だから!?

「繰上げ返済しちゃっても、旦那が死んだら損じゃない!
それだったら使っちゃったほうがいい」

という意見は、なな的には反対です。

 

そもそも住宅ローンの繰り上げ返済って何?

住宅ローンはアパート等の家賃とはちがって「借金」してますから、

他のローンと同じでお金に余裕ができたらまとめて支払えるんです。

そして、繰り上げた金額分の「元金」が減ります。

 

これだけでも、大きなメリットになるのですが、
(元金に対して金利がかかるため、元金が少なければ支払う金利も少ない)

それより、もっとビックなメリットがあるんです!!

 

繰上げ返済をすると、銀行に支払う金利がカットできる。

毎月、淡々と支払っている、その「住宅ローン」は、
元金だけでなく、知ったらけっこうビックリするくらいの「金利」も含まれています。

 

例えば、なな家では、1570万円、o.9%で支払いが始まり、
8ヵ月後くらいに一度繰り上げ返済をしていますが、

H25年3月度の住宅ローン50.000円のうち、10,000円は金利分です。

繰上げ返済してなかったら、もっと多いんですよね~((+_+))

 

返済額分すべて「元金」を支払ってる。と思ってた方いませんか?

 

繰り上げ返済の金利カットの図を見るとメリットがさらにわかる

例えば、なな家ですとH25年4月に100万繰り上げてるので、

4月から「元金100万円分」の支払い回数と、金利がカットされます。

 

図で示すとこんな感じ。(期間短縮方式の場合)

繰上げ返済図

住宅ローンシュミレーションより引用)

実は図でみるとわかるとおり、最初ほど、金利って多いんです。

それを、繰上げすることによって、図の「短縮期間」の部分がカットされます。
次回は、その後の部分から、また返済がスタートするので、

「金利と支払い回数がカット」されるわけです。

 

繰上げ返済したらどのくらい金利を払わないで済むか。言い方変えれば得するか。

我が家を例ですと、1570万、30年でローンを組んでます。

2回繰り上げして、時期が違いますが、
わかりやすくするために、H25年4月に200万返済したと考えます。

それで、シュミレーションします。

 

住宅ローンシュミレーションの繰上げ返済シュミレーションより)

繰り上げ返済金利カット分計算

それで、シュミレーションを押したら、

繰り上げ返済金利カット分計算

はい^^
200万繰上げで50万、支払うはずだった金利を削減できました^^

 

今、銀行に200万預けておいて、3年でいくら金利がつくと思いますか?
おそらく、ここ3年ほどの金利なら、3年で1000円もいけばすごいという感じです。

つまり、繰上げ返済=最高の資産運用でもあるんですね^^

 

団信があるから夫が死んじゃったら損じゃない?は危険!

確かに。しかし、団信をあてにできるほど、亡くなる確率って多くないです。

 

住宅ローンを組み始めるのは、30代~40代が多いと思うのですが、

■30代の死亡する確率は0.1%以下、1250人に1人。

■40代は0.2%、50代は0.4%、60代は0.9%が死亡する確率

住宅ローンを組んだので生命保険を見直してみた。亡くなる確率

60代ですら1%切っているんです。

現状の退職制度ですと60代には給料がなくなるため、
住宅ローンは基本は終わらせていないといけません。

 

というわけで「団信があるから繰り上げ返済は損」というのは、1%未満に賭ける。
ということですので、現実的ではないですね~。

 

住宅ローンは何回も言いますが「借金」です。家賃とは違います。

借金はできる限り早くなくす。これが家計を守る金言です☆彡

スポンサーリンク