マイナス金利??なんか難しい話が出てきましたが、
単純に「住宅ローンの金利も下がる」と思ってよいでしょう(#^^#)

今までも相当低金利でしたので、下げ幅は少ないにしろ、超低金利(というかマイナスだし)のうちに「固定5年、10年」などに借り換えるチャンスかもと、ななは思っているんですよね。

 

住信SBIの住宅ローンは「固定5年0.5%」を打ち出しています!
5年といえば、うちの場合ちょうど住宅ローン減税が終わるころ。

シュミレーションしてみたところ、思っていた以上に元金の減りが早くて、めっちゃ迷っちゃってます。。

 

スポンサーリンク

5年後の繰り上げ返済時、残高に20万円も差が出る!!

固定5年0.5%で借り換えた場合、ちょうど繰り上げ返済予定のときまで0.5%が続くことになります。

今は優遇で1%。試しにシュミレーションしてみたら、5年後の残金に大きな差が出ました!!

 

今の1%で借り続けた場合の5年後の残高はおよそ757万円

住宅ローン開始から10年6か月(今から数えておよそ5年後)の残高

現在の住宅ローン残高推移

残高7,567,314円です。

 

0.5%に借り換えた場合の5年後の残高はおよそ742万円です

今年の4月を借り換えスタートにすると、住宅ローン借り換え開始から5年後が
「10年6か月後」となります。その前提で計算します。

今年の4月の残高はおよそ1015万円です。

 

今「月5万円」返しているので、0.5%でも「およそ月5万円」返すようにすると、18年で借り換えればいい。ということになりました。

この条件を入力して「5年後」を見ます!

借り換えた場合の残高推移

残高7,421,566円となります。

ここでおよそ145,000円の差が出ました。

 

毎月1000円繰り上げることで更に6万円の差が出る

なぜ1000円?と言いますと、今の返済額が月50300円弱なので、

借り換え後の「月49100円」ですと、あと月1000円繰り上げに回せば、今とだいたい同じ返済額にできます(#^^#)

1000円×60か月で6万円分も足してしまって

今から5年後の残金に20万円以上の差が出ました♪

 

なな家の場合、諸費用を入れるとマイナスになるが、繰り上げ返済で挽回!

諸費用がおよそ34万円かかってしまうので、ここまでは結果としてはプラスにはなりません。

しかしですね。5年後に「繰り上げ返済」を控えております。

 

繰り上げ返済後の残高と返済額の違いを見てみよう

条件は今から5年後に繰り上げ。返済額変更型の繰り上げ返済の場合。

 

現行のままの場合の残高は7,567,314円なので、760万円として計算します。

現行残高で繰り上げ返済

繰り上げ後の残高はおよそ301万円

次回からの返済額は「20,232円」となりました。

 

借り換えの場合の残高は6万円減らして737万円から計算します。

借り換え残高で繰り上げ返済

繰り上げ後の残高はおよそ278万円。

次回からの返済額は「19,252円」となりました。

 

残高に23万円もの差がつき、実は返済期間も5か月少なくなっています★

返済期間も5か月少なくなっている上に、
毎月の返済額も1000円程度の差がついてますよね☆彡

 

もしこの後、繰り上げをしないとすると、

1000円×13年=156,000円分と、20232円×5か月でおよそ101.000円

合わせて257,000円も差がつきます。

 

返済期間すべてで、理論上では487,000円の差がつくのですね~♪
これで諸費用分が入ってもちょっとお得するかな~♪

 

まとめ

なな家のポイントとしては、今の銀行が金利を下げてくれるかどうかです。

3年固定0.8%あたりを提示してくれれば、諸費用もかからないし考えどころですが、

今のままの「3年固定1%」が限界。と言われたら、借り換えも視野に入れたいと思っています。。

スポンサーリンク