さあ!いよいよ1000万円の貯金を達成しました!

1000万円がある。というと
「資産運用をしましょう!まずは投資信託からいかがですか?」
という声を一度でなく聞くはずです。

しかし「投資信託やってるんだけど、利益が出てなくて心配だ」というネットの声も少なくありません。

1000万円貯まったら「投資」に何割か回す。というのが常識(?)になりつつありますが、
現金で持っていても意外とリスクは少ないのかもよ?というお話です☆彡

 

スポンサーリンク

貯金額を増やす前に住宅ローンを減らすほうが先決!

どうしてファイナンシャルプランナーたちは「投資」を盛んに勧めるかと言うと、
「インフレに備えるため」という回答がまず上がります。

モノの値段が上がってきた。その際、定期預金に入れていたのでは、現金の価値が目減りする。
なので、貯金を株や外国為替などに分散しておく。

ほーほー。なるほど。と思いますよね?

 

一般的にはインフレになれば金利も上がる。住宅ローン返済のほうが危ない!

モノの値段というのは、上がれば上がるほどいいというものではないですよね?
カップラーメン一つ5万円とかになってはいけないわけです。

なので、インフレになってきたら、通常は金利を上げて、お金が市場に回りにくくします。

 

しかし!住宅ローンの残高額はインフレだろうと変わりません!

極端な例を言えば、今まで0.8%の金利で借りていたのが、30%の金利になる。
2~3%でもかなり返済額が違ってくるのに、30%って((+_+))

つまり、いかなるときでも「ローンの残債が多い」というのは、家計にとってよろしいことではない。

「とにかく借金はなくせ」というのは、非常に大事な家計管理術です!

 

インフレを気にして投資信託などしなくても、預金金利も上がる

極端な例ですが、今の日本は地味に極端でもないかもなお話で、
(実際なったら非常に困りますが。。)

韓国が破たん(実質破たんかな?)したときに、一番難を逃れたのが

「住宅ローンなどの借金が一切なく、現金のみを持ってた人」だったそうです。

 

韓国の破たんの時、定期預金の金利が31%になった

びっくりしすぎて、ブックマークし忘れたのに、金利ちゃんと覚えていますから!!

預金金利31%ってどんなかわかりますか?

100万円を1年銀行に預けておくだけで31万円の利息つくwww
1000万円なら1年で310万円ってwww

 

仮に1000万円を複利で31%の金利で3年運用した場合

複利計算

3年目でもはや元金の倍以上の額になってるしwww

 

裏を返せば、住宅ローンの金利と言うのは、定期預金より高くなりますから、
「金利50%」とかになってもおかしくない。ということにもなりかねません。

 

まとめ

「インフレになって現金の目減り」というけれど、
インフレになったら、預金金利も上がるはずなので、

投資を勉強して、利益をきちんと上げられるのなら別ですが、

素人が、金融機関等に勧められるがままに「投資信託」やら「株」などを、
勉強代と思える程度ならばまだしも、

100万円単位で持つのは、
鉄板攻略法だったはずのFXで大失敗したななとしましては、おススメしません(‘Д’)

 

一番の「資産運用」は、借金をなくし現金を持つことだと、ななは思っています!

1000万円の貯金はあるけど、ローンもあるよ。という場合は、
投資信託等に回さず、堅実にローンを完済してしまいましょm(__)m

スポンサーリンク