マイナス金利で預金が危ない!預金封鎖になるかもしれない!

しかも「預金金利はマイナスにならないが、手数料の値上げはあり得る」などと聞いたら、
銀行なんかに預金してらんない!家庭用金庫にお金を置いたほうがいい!

 

と思うのはある意味当然でして、家庭用金庫バカ売れ??だそうですが、
金庫自体も最低2万円くらいはお値段がするようでして(ななザクッと調べより)

となると、手数料がいくら以上なら家庭用金庫に入れたほうがいいのかな?という計算をしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

家庭用金庫が2万円という前提で計算してみます

まず、家庭用金庫の購入のメリットとしては、

  • 預金手数料
  • 引き出し手数料

この2つの金額がポイントになってくると思います。

振込手数料は金庫とは無関係だと思うので。。

 

引き出し手数料が108円の場合

20,000円÷108円=185,18・・・

ですので、186回以上引き出した場合に金庫代金の元が取れることになります。

 

186回の引き出しって年数で言うとどのくらい?

なな家は「お給料の時、ボーナスの時、臨時出費で年2~3回」
くらいの引き出しが平均的なので、

12回+2回+3回=17回。
キリよく年間20回おろすとします。

とすると、

186÷20=9.3年使って金庫代金の元が取れる。ということになります。

 

10年でやっと元が取れる。のスパンなら、
家にある程度まとまったお金を置いておくリスクと天秤にかけたら、

なな家なら、まだ金庫はいらないかな~?となるかな。。

 

預金手数料も引き出し手数料もかかった場合の金庫購入は?

まさか預金にまで手数料かけないとは思うけどね!!
(はい?怒ってますよ(-“-)

一応計算してみます。

銀行手数料でざわつく

預金手数料108円、引き出し手数料216円になった場合

なな家は、預金は今のところ、一か月に2~3回するので、
2.5回と考えて年間30回くらい預金しています。

引き出しは年間20回。

  • 預金手数料 108円×30回=3240円
  • 引き出し手数料 216円×20回=4320円
  • 年間手数料 およそ7560円
    (はい?怒ってますよ(-“-)

 

金庫代金20,000円÷7560円=約2.6

あら~~♪預金手数料までかかったとしたら
約2年半とちょっと使えば金庫代金の元が取れちゃう~♪

これなら家庭用金庫買いだね♪
はい?怒ってますよ(-“-)

 

まとめ&銀行手数料対策!

もしも預金や引き出し手数料まで完全有料になってしまったとしたら、
まずは「預金や引き出しの仕方」自体を変えないといけないですね!

 

  • 預金なら、金額がまとまってから預金する。
  • 臨時出費は、極力家の預金から賄えるようにする。
    引き出しもボーナスとお給料はまとめる。

 

どっちにしても金庫必要じゃないか??

ちらっと見たところ、100万円くらいなら入りそうな金庫が4000円で売っていたので、そういうものに入れる?

できないんだと思うけど、
パッと見、簡単に持ち運びできそうな感じの金庫だったけどね(;´・ω・)

 

しかし防犯上、なな個人の考えとしては、家庭用金庫ってやっぱり怖いので、
極力銀行中心で回したい。とは思っています。

預金金利は0.001%とかで全然いいのでね。

スポンサーリンク