ここでは、家の貯金全体が300万円程度以上になってきて、
「口座を分けて管理したい」と思ったときを想定して書いてみたいと思います。

300万円を普通預金一本にドカンと入れておく。

 

マイナス金利時代ですから悪くはないかもしれませんが、

貯金が300万円程度になってきたら、ある程度「貯金専用口座」を目的別に分けたほうが、お金の動きが見えやすいのかな?と思います(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

なな家のめちゃくちゃな貯金専用口座を反省する会

それ、勝手にやっててくんない?って感じですみませんm(__)m

本当にめちゃくちゃなんですよ。。。
災害が起きたら、きちんと全額引き出せるの?という状態。。

貯金額は多くないのにね。

 

今のなな家の大雑把な貯金専用口座の内訳

万が一のための1年分の生活費用口座

ゆうちょ定期預金に200万円 なな名義

定額貯金に36万円 なな名義

 

繰り上げ返済用&大型出費用&万が一の大きな医療費用

ゆうちょ定期預金に100万円 オット名義

給与振込の地銀の貯蓄預金に約300万円 オット名義

今年中ゆうちょ定期預金に100万円予定 なな名義

 

子ども用

ゆうちょ定期預金に100万円 オット名義

ゆうちょ普通預金に40万円程度 オット名義

ゆうちょ普通預金通帳の裏の定期預金に80万円程度 オット名義

 

なな家の貯金用口座をもっとわかりやすくまとめよう!

万が一のための1年分の生活費用口座

ゆうちょ定期預金に200万円 なな名義
定額貯金に36万円 なな名義

⇒これはなな名義の定期預金に236万円、同じ通帳に積んでしまう!

 

繰り上げ返済用&大型出費用&万が一の大きな医療費用

ゆうちょ定期預金に100万円 オット名義
給与振込の地銀の貯蓄預金に約300万円 オット名義
今年中ゆうちょ定期預金に100万円予定 なな名義

まとめるべきなのだが、繰り上げ返済をするのに、地銀の貯蓄預金があると大変便利なため、これはこのままに。

 

子ども用

ゆうちょ定期預金に100万円 オット名義
ゆうちょ普通預金に40万円程度 オット名義
ゆうちょ普通預金通帳の裏の定期預金に80万円程度 オット名義

普通預金の裏の定期預金80万円を普通預金に移したい!
そうすると、管理は2つの口座で済むよね♪

 

なな家の場合の「定期預金」と「貯蓄預金」と「普通口座の裏の定期預金」の違い

定期預金=定期預金専用通帳
定額貯金=積み立て用貯金専用通帳

ゆうちょ定期預金通帳

 

貯蓄預金=普通預金の裏にある「貯蓄専用」の口座
使いたいときは、銀行に「貯蓄預金口座」の開設の申し込みが必要だよ♪

 

普通口座の裏の定期預金=ゆうちょ銀行の場合は、普通預金の裏に「定期預金」を積むことができます。

ゆうちょ銀行 普通預金通帳

ゆうちょ銀行普通口座通帳

 

普通預金通帳の中にに定期預金の通帳欄もあります♪

ゆうちょ銀行普通口座内定期預金

 

「定期預金専用通帳」は「通帳を作る」必要がありますが、

普通預金の裏の「定期預金」は、思い立ったときにすぐにATMで「定期預金」としてお金を積むことができます。

下ろすときは、名義本人が窓口に出向き、印鑑等が必要になります。

 

名義は夫婦で分けて、できれば貯金額の半分ずつくらいにしたほうがいい

なぜかと言いますとズバリ
「名義の本人でないと定期預金は解約等できない」から。

 

ですので、すべて旦那様の定期預金にしてしまうと、旦那様が急病で倒れて定期預金を下ろしたい。という時等、とても面倒になってしまいます。

逆も然り。

ですので、理想は貯金総額の半分ずつで夫婦名義を分けたほうがいいです。

 

なな家は約65%が夫名義。でも「貯蓄預金」は妻でも下ろせる♪

なので、貯蓄預金に積んでいる額がけっこう多いのです(*^▽^*)

一番は繰り上げ返済のときに「貯蓄預金から繰り上げ返済したい」といえば、
夫が書類を3枚くらい書くだけで、普通預金に希望額が下りてくるので便利だから。

 

万が一のときも、貯蓄預金はキャッシュカードがあるので、1日に100万円までは
ななが下ろすことも(事実上は)可能です(‘ω’)ノ

なので、貯蓄預金って、
「貯蓄用」にできて、しかも下ろすときも面倒が少なくて、意外といい預け先かも♪

スポンサーリンク