フリーランスと書いてますが「ネット収入」のある方が一番迷うところだと思います。
フリーランスの方も一緒のようですので(調べて理解するのにめっちゃかかったで^^;)

この超わかりづらい「フリーランスの場合の扶養」のお話です^^

なお、ここでいう「扶養」とは「ご主人が会社員」の方の場合で、自営業等の場合は当てはまらないと思いますのでご了承ください^^
(自営業は「扶養」という表現ではないかと思います。違ったらご指摘を。。)

 

スポンサーリンク

フリーランスで確定申告が必要なのは専業主婦の場合「年収38万円」からです

フリーランスの場合、年間38万円以上の収入
(収入と所得もまた違います。。記事下に「所得」についてのリンクを張っておきます)
がある場合から「確定申告」が発生し、税金の徴収の対象になるはずです。

 

「103万円までは非課税」ってよく聞くと思いますが、それは「パート」などでどこかに「勤めてる(給与所得)」場合のことを指すようで、

フリーランスが関係するのは「年収38万円」と「年収130万円」が大きな壁となります。

 

なので「フリーランス(ネット収入含む)」の方は「年収38万円」を超えた段階でまず「確定申告」が必要になり、自分で税金を納める必要がでてきます。

(配偶者控除は年収に応じて少しずつ調整されます。)

 

一番大事なのは「社会保険の扶養」に入れるかどうかの年収130万円のライン

はい。もう、この「所得税の扶養」だの「社会保険の扶養だの」がホンットわけわからんだったのですが、正直「所得税の扶養」は知識程度でいいです。

 

「年収130万円」を超えなければ、大きな税金の額にはならないようです。

年収125万円程度ですと、所得税、住民税でおよそ8万円程度と思われます。

 

障害者控除が効く状態の方は「課税所得が(年収ではなく)基礎控除等すべて引いた金額が120万円程度以下の場合、住民税は0円になります。

なので、私はH26年度の住民税は0円です。

それより何より「社会保険の扶養」から外れると、とんでもないことが起きます!

フリーランス(ネット収入)のある方は、何はともあれ
「年収130万円は超デカイ壁」と思ってくださいませ。

この年収というのは「昨年度の年収」ではなく

今後の年収が130万円を超える場合

という、フリーランスにとっては、非常に悩ましいところになりますので、上記のリンクが参照になれば幸いでございますm(_ _)m

 

ラインとしては所得税なんて目も当てられないほどの思い切り高い「国民健康保険」と「国民年金」を自分で払うラインがこの「年収130万円」になるのです。

 

ちなみに、ななの自治体では年収130万円だと、国民健康保険で年間14万円以上(国保の金額は収入ではなく所得で決まる)国民年金で年間18万円以上払うことになります。

 

しかもここが「節約ブログ」として大事なところなのですが、

 

自分で国民健康保険と国民年金を払ったからといって、自分自身への恩恵は見事に1円もありません。(国民年金に401K掛けろとかそういうムズい話はここではなしね)

国民健康保険は家族でも本人でも「3割」ですし
国民年金は「専業主婦の3号」も「フリーランスの1号」も将来支給される金額は全く一緒です。

 

と思っていたのですが、先日精神科の自立支援の更新をしましたところ、
「月自己負担限度額2500円」という上限管理表が入ってきました♪(指定精神科のみね)

まあ、普通に通院して、月2500円超えたこと、ここ数ヶ月なかったので、実質的にはあまり恩恵はないかもですが(´ε`;)

 

でも、「月自己負担限度額」なんて初めて見たものだったので、
国保を払っている私自身の所得(本人ななが障害者というのもあるかも)で計算されたのかもしれないですね^^

その他にも、収入によっては高額療養費が安くなったりだとか、恩恵0ってわけではなかったみたい♪

 

しか~し!!ご主人の社会保険料等が下がることはありません!!
(月収ベースで家族分も払ってしまうため)

 

ということは、ご主人も今までと同じ金額の社会保険料、厚生年金を払い、なおかつ
自分自身も年間30万円以上も、国や市町村に一気に払う必要が出てくるのが

この「年収130万円」のラインなわけです。

 

制度が変わらない間は収入調整できるのなら年間130万円以下がお得!

まあ、160万円以上になれば家族自体の手取りは上がるでしょうが、
しかし「実質タダ払い」に変わりはありません!

ここが「専業主婦優遇を見なおせ!」という論議になるのでしょうな。。。

(年金に自分でプラスして付加価値をつけることはできますが、それはまた今度^^)

 

そこが「会社員」の凄さだということを、自分がフリーランスになって勉強してみて初めて知りました。。

 

もう、どうやっても年収130万円に収まらなくなったらもう仕方ないので、
青色申告にしたり、節税で少しでも「国民健康保険料」を抑えるしかありませんが、
(国民年金は「家族で困窮」していないと減免にはなりません)

 

年収130万円に抑えられるうちは、ご主人の恩恵をしっかり受けた方が絶対オトクです!
(だと思います。。)

 

国民健康保険料は「所得」で計算されるが、払うラインは年収130万円

年収130万円を超えて、国民健康保険を払う場合は「所得」から計算されるのですが、

 

「国民健康保険を払う対象」は「年収130万円」で「所得」ではありません。
(ご主人が協会けんぽの場合)

 

この「社会保険の扶養」もまた、ご主人の「社会保険協会」によって異なってくるかもしれません。

この記事で書いたのは、ご主人が「協会けんぽ」に入っている場合です。

 

色んなサイトで「年収130万円」と書いてあるので、恐らく一律だとは思うのですが、
ご主人が他の社会保険協会に入っている場合は、そちらのサイトをご一読ください。

 

フリーランスの妻の扶養のまとめ。

ゴチャゴチャ訳のわからないことを書きなぐってしまいましたが^^;

ネット収入は「年収130万円未満」になるように調整する!!
(出来る場合はですけど。。)

これをしっかり叩きこんでおけば、大きな難は(??)逃れると思って大丈夫です^^

 

年収調整して、確定申告が終わった身としましては、

年収調整しようとも「今の売上」の状態によっては国保、国民年金等払わないといけませんが、

 

青色申告届けや開業届けを出していない場合「経費」がほとんど取れませんので、私個人は昨年度は、年収調整した甲斐はあったのかな?と思っています♪

 

ちなみにネット収入の場合の「103万円」の壁は、旦那様の会社の「家族手当」等が支給されなくなるライン「かも」しれません。

ネット収入の場合の「配偶者特別控除」のラインは別記事にて書きたいと思います☆彡

 

月収にすると約108,000円で年収130万円となります。

 

この節約術は、国にとってはNGかもわかりませんが、こちらも「タダ払い」したくないので、
しっかり押さえておきたいっす!!

 

参照:収入と所得の違いって何?(超重要♪)

スポンサーリンク