はいー。これも超わかりづらさ満点ね!!
ただ、ご主人の「住民税の計算表」なんかを詳しく見たことがある方ならば「所得」と「収入」の違いってわかるかと思います。

でも、サラリーマンの場合、そういうものって「確認程度」でしか見ませんでしょ?

ななもそんな一人だったのですが、自分で税金を払うときがやってきたので、詳しく勉強しています。これはサラリーマンの方でも共通する部分があります仕事

 

スポンサーリンク

所得は「控除」がすべて引かれた後の金額のことです

サラリーマンは上記の通り。
フリーランスや自営業の場合は「控除」と「経費」を差し引いた分が「所得」となります。

 

所得って何がそんなに大事なの?というと、税金を払うときは「年収」ではなく、この「所得」がベースになります。

なので、全く同じ「収入(年収)」があっても、AさんとBさんでは、払う税金は違ってきます。(払っている保険などの控除部分が各自異なるため)

 

控除の詳しい話は難しいので、とりあえずサラリーマンの場合、簡単に言えばこんな感じです。

 

個人事業主の「所得」は国民健康保険料やら税金が決まる重要事項です☆

サラリーマンでも「所得」は大事なのですが、個人事業主は「所得」を減らすことは、収入を得るくらい大事なことだと思っているはずです。

(きっとななもそうなる~w)

 

なぜって、個人事業主や自営業の場合「所得」で「税金」はもちろんのこと「国民健康保険料」まで違ってきますので、いわゆる「節税対策」はかなり重要です。

 

一番有名な所得の節税対策は「青色申告」すること

青色申告すると「65万円(複式帳簿というものをつけた場合)」の控除が受けられます。

つまり、その分「所得」が少なくなり「税金や国民健康保険料」が安くなるわけです。

 

まあ、極端な例ですが、自営業で年収1000万円だったとしても、
「経費」や「控除」で1000万円分あれば「所得は0」になるわけです。

 

ちなみに「所得0」でも国民健康保険料は8000円くらい払うんですって!!地域で料金に差はあると思いますが、所得0でも8000円。。どんだけボッタクリ事業やねん^^;

ということは、所得がそれなりにあれば、国民健康保険料はもっと高くなるわけでございまして、

 

確かに「青色申告」は敷居が高いですが、ある程度の収入(サイトによっては月5万円のネット収入があるならば青色申告のほうがいいと書いてるくらい)

があるならば、やっぱり青色申告なのね~^^;

 

基本はサラリーマンも個人事業主も一緒だということを押さえておこう☆

例えば「保険」

サラリーマン家庭の方は年末にいつも「年末調整の用紙」書いて、保険屋から来たハガキをくっつけますよね?

 

あの作業。個人事業主も一緒なんです。

個人事業主も「保険控除」しっかり項目ありますので、できるはずです。
(まだやったことないのでしっかり理解してるわけではないのですが。。)

そういう「経費」になるものは、忘れずにどんどん申告しましょうね!!
(と来年の確定申告時の私自身に言い聞かせる。うんうん)

 

これも私自身がこれからやることなので、更に勉強して少しでも損のないように申告していきたいと思います^^

スポンサーリンク