「小銭貯金は貯まったらすぐ銀行に持って行って、全部通帳に入れてしまうぞぃ☆彡」というパターンが「普通」だと思いますが、

ななはここ数年あえて「銀行」に小銭貯金せず、家に置いてるんです。
これにはれっきとした理由があるんです((( *艸))

家に全種類の小銭が相当数ある」って、特にお子さんがいる場合はすごく便利ですよ♪
「うわー!学校から、こんな細かいお金用意してって、どうすりゃいいの??」と、コンビニなどで買う必要のないものを買ってみたりする必要もナッシングよ♪

 

スポンサーリンク

小銭が必要なときは、家の小銭貯金でお札と両替してしまう。

ほら♪これなら、銀行に両替に行く必要も、コンビニなんかで1000円で80円くらいのガムでも買って(´・ω・`)

とかしなくてOKなのよ♪

 

銀行でお札の両替の枚数が多いと手数料取られますよね?
小銭もきっとそうだと思うんです。

小銭貯金を通帳に入れるのは無料ですよ^^「両替する場合」です^^

 

だからね^^なな流の「小銭貯金のコツ」のやり方で、簡単ストレスフリーで小銭貯金していって、「小銭が必要」なときは、小銭貯金から両替するんです♪

地味に、この方法で、小銭が「お札」にもなります^^

 

「彫刻刀 900円」とか「社会見学費 1200円」とか、妙にキレの悪い金額を請求してくるのが「学校の諸経費」というものですよね^^;

 

特別支援学級の場合なんて、社会見学の「自立訓練」ということで、自分で財布を持って、バス代を払ったり、お昼代を払ったりするのですが、

「お釣りが出ないようにご用意ください」ということで、

「80円×2、230円×2などなど。。」と、すっごい細かい小銭を用意しなくてはならないんです。

 

その度に、ママたちで「これどうすりゃいいの??」と必ず話題になります。

しかし、ななは「これ、細かすぎて困るよね~」といいつつ、家で優雅に小銭貯金を両替して、バッチリ毎年、超細かいお金を用意していまっす♪

 

彫刻刀 900円、社会見学 1200円。。。
1円単位の小銭まで、いつでもカモ~ン♪状態です♪

 

応用編で、お札も4万円ほどいつも両替できるように持っています

これは買い物のときに、ちょっと意識して「1万円」を出したりして、

「5000円1枚、1000円5枚」組を作ったりしています。

1000円10枚とかもたまにあったりします。

 

これも意外と使い道広くて、給料日の始めに大活躍しますし
(保険料や給食費とかって分けるから)

うちの場合、子どもの障害児デイサービスは「現金払い」なので、家計費に適当なお札の枚数がないときにも、1万円から両替できたりします^^

 

銀行で両替する場合、ななの行きつけの銀行は20枚以上から手数料がかかります。

例えば、3万円を1000円30枚に両替すると、数百円とられてしまいます。

 

そもそも両替のために銀行に行くことすらが手間ですので(運動になっていいかもだけど)家でいつでも両替できるのは、すごく便利ですよ~♪

しかも、予想もしない手数料にびっくりすることもないですよ~♪

スポンサーリンク