お昼の番組のバイキングだったかな?ヒルナンデスだったかな?でお金の特集を先日やっていたので見ていたのですが、

「将来お金に困らないためにすること」の中に「ライフプランニング表を作ってお金の動きを知っておく」というのがあったんですね。

人生は思ってるように進まないもの。だから綿密なプラン必要?とその時は思ったけれど、意外と、しかもかなり役立つことがわかりました☆彡

 

スポンサーリンク

早速なな家のライフプランニング表を作ってみました^^

あまりにもザックリすぎて、考えてるライフプランニングと全然異なっていたため^^;
少々修正も加えてみます。

使ったのは「エクセルタイプ」じゃなくて、本当にザックリ計算型のライフプランニング表です。

エクセルがすぐダウンロードできて使える場合は、エクセルタイプの方が細かく入力できるかもです^^

 

なな家のプランニング表です♪

ライフプランニング表作成

なな家のプランニングの「詳細」ははっきり見えなくても差し支えないと思ったのでw
こんな感じで出てきますよ^^という例としてご覧下さい☆彡

上記図は途中で切ってありますが、実際は100歳までのプランニング表が出てきますよ♪

 

プランニング表の入力の際に注意してみたこと

ライフプランニングを立てる上で、一番大事なことは
「収入は低めに、支出は多めに」入力することだそうです。
(FP3級のテキストより♪)

 

「生活費」とは「家賃」を除いた分ですので、家賃は含めずに計算してください。
あと、保険料や教育費も別計算されますので、これらも含めず計算します。

あと、なな家のように「特別出費」を分けている場合は、普段の生活費+特別出費を計算して、「一年の生活費」として入力しよう♪

住宅ローンを組んでる方の「家賃」というのは、固定資産税や家の修繕費部分となります。

 

住宅ローンを繰り上げ返済する予定のある方は、繰り上げ返済で減った年数なりは計算してくれないので、

「その他の収入」という欄がありますので、そこに「繰り上げて減る金額予定分」を「収入」として入れてしまいましょう♪

ななは「家賃減少」という欄を作って、住宅ローン分を調整してみました♪

 

プランニング表を作成してみての反省点と良かったこと♪

あら?繰り上げ返済までの年間貯金額がバッサリ100万円切ってるわね~~~m(-_-m)~
(年間収支というところが年間貯金額の予定になります)

と思ったけれど、教育費が全国平均からとった自動入力のため、うちとはかけ離れてるので、
(今年の段階で教育費に一ヶ月3万円かかってるし。。無理無理)

どうにかこうにか年間100万円貯金は死守できそうかな?という感じかな?

 

生活費は特別支出を「年間60万円」と設定したので、この予算も守れるように、工夫していかなくては!というところです。
(あ、固定資産税は抜いてるんだ♪ちょっと余裕できたかも♪←危ない考えその1)

 

年間貯金額がかなり低く推定されてるため、繰り上げ返済をして500万円ほど残るようにしたかったのですが、この表では300万円くらいになってしまいます。

思ってるようにいかないのが人生。このくらい厳しく考えててちょうどよいのかも。。

 

大まかですし、この通りに進まないかもしれないけれど、一応生涯に渡り、赤字は発生しないらしいので、ちょっと安心しました(*´∀`*)

 

旅行、車購入などの大きなイベントを入力できますので、大きく赤字になってしまった場合は、金額を下げるなり、もう少し時期を遅らせるなりできるところもいいかも♪

教育費も大学まで考えている場合は、かなり参考になるかと思います!

プランニング表はPDFで出てきますので、印刷することも可能ですよ♪
お金の家族会議をするときにも使えそうだね(*´∀`*)

 

え?なな家の家族会議はいつするの?って?

ジャイアンななが把握していればそれでいいんです!!

オットからも「俺は全然わからないから全部任せてるから」と心強いお言葉を頂いてますので、
ジャイアンなな、どんどん突き進みます(p`・ω・´q)

スポンサーリンク