前に「臨時出費は月割にして家計管理をする!」と書いたのですが、はっきり決まっていない出費まで含んでしまっていました。

例えば

  • 冬の灯油代(暖房代)
  • 家電

は「固定の金額」がわからないわけだ。だから「結局毎月計算しないとわけわからんじゃない?」となる。

けれども「固定資産税」ですと「年間75000円」とわかっています。少しずつ下がってはきますが、大幅には変わらないよね。

 

スポンサーリンク

年払いしている項目は月割して毎月の家計管理に組み込む

そう!この表現が一番わかりやすい!(今頃気がつく。。。)

医療保険は年払いしているから「月割」で管理しているのに、なぜ車の任意保険は月割にしてないんだ?と風呂に入りながらふと思った。

「そっか!年払いしてるものは全部月割にすればいいのか!」

という基本的なことに今更気がつく^^;

 

年払いしている項目を年間の臨時出費から抜き出す

これも以前の記事で抜き出していたのでそのまま使います。

年払い支出

 

上記の表から、31万円を12か月で割るとおよそ25,833円

なので「26,000円」を「年払いしている項目分」とします♪

これで5月の固定資産税の支払い時や1月の年賀のときに大きく支出がぶれることはなくなるね^^と今頃気がつく。

 

あとは灯油代を除き「たまたまその時にかかった臨時出費」となります。そうだそうだ。これの方がわかりやすいわ。

 

もう固定資産税などを払ってしまっているので実行は来年の4月からかな

この家計管理の弱点は「年初め」からしかできないことかも^^;

4~6月分の貯金を計算してしまって、7月を年初めにしちゃえばいいだけの話なんだけどね。

 

一応まだ家計簿公開と年間の貯金額をブログで書きたいので、ななは来年からにしようかな。

スポンサーリンク