葬式費用。。お葬式を人生で50回以上喪主や施主等で執り行った方は、ほとんどいないでしょう。。要するにほとんどの一般の方は、お葬式って「素人」だと思うのです。

私なぞ「実家側の身内の」お葬式に出たことすらありません。おそらく実家側の身内のお葬式は両親のどちらかが初めての経験となるでしょう。よく葬儀社からパンフレットが入ってきませんか?

その度に「そろそろ考えてたほうがいいのかな」とは思っていましたが、先日「これだ!」という葬儀社「小さなお葬式」というものを見つけましたのでご紹介します^^

 

スポンサーリンク

オプション以外は追加料金がかからない明朗会計のお葬式

特に突然やってきた訃報の場合、お葬式のお金の知識がないのが普通だと思うので、葬儀社にいわれるがままに進めているうちに、葬式代が200万円ほどになっていた。

というお声がありました。

 

私も、もしも両親が同時に急な事故で亡くなったとしたら、100%上記のように「200万円くらいが妥当なのかな?」と思って払っていたと思います。

私一人っ子なので、喪主は夫がやるかもしれなくても、実質私一人で決めていくと思うのでね。

 

しかし今は違いますよ!いい葬儀社見つけちゃったもの!

全国展開してないんじゃないかな?と思っていたのですが、田舎の我が自治体にも対応していました^^安心しました^^

 

小さなお葬式の葬儀料金は以下の通りです。

小さなお葬式料金

上記は「ごく基本的なタイプ」のお葬式
(うちの自治体の場合。全国版は少し高めですね)

もっと高いプランもありますが、それは「食事付き」だったり、お花のグレードアップだったりするので、

「安く済ませたい」とお考えの方には、上記3タイプのいずれかになりますでしょうかね?

 

参列できる人数は基本的には50名くらいまでです

ですので、現役(働いてる)の間に「本人」が亡くなってしまった場合は、全国版の「小さなお葬式」にある「100名参列者OK」のプランを検討しなくてはならないかもしれませんね。

ただし、この「100名参列プラン」は「ほぼ普通のお葬式」ですので、オプションも多少かもしれませんが発生します。

 

ななの完全な独りよがり意見ですが、私のようなフリーランスや、現役を引退した方などは、本人の生前の強い希望がない限り「小さなお葬式」で十分ではないでしょうか?

(というか、私自身、最後の親を荼毘に付すときは、小さなお葬式にしようと思ってる)

 

自分のお葬式は身内だけで十分です^^

私はね。

夫と子どもに見送ってもらえればそれでいいです^^
何なら一番安い「直葬」で十分です^^

心から「今までありがとう」と言ってくれる人に見送ってもらうのが、私の最期の望みです^^

 

夫が現役の間は「夫が」迷うかもしれないけれど、13年前まで勤めてた会社=夫の今の会社ですが、

それですら、今、一緒に働いたお仲間が会社にいるのは6~7人程度です。
残りの十数人は「課長の奥さん(見たことないけどね)」でしかないですw

「心を込めてななの最期を見送ってくださいますか?」と「知らない十数人」にお願いするほど、度胸座ってません^^;

 

夫が現役引退したら、夫も一日葬で十分かなと。

夫が仮に平均寿命の80歳で亡くなったとしたら、当然お互いの親も亡くなってますでしょうし、たまに会う夫側の親戚も、生きてたら120歳くらいになってます。

というわけで、お通夜に来ていただくような方も10人いるかいないかですし、夫の兄弟等に告別式だけ出ていただくので十分なのかな。と。

うちの場合に限っては、我が子一人で私たちのお葬式を出すことは難しいと思うので、残った方は、役所に電話するように伝えておこうと思っています。(「火葬のみ」みたいな感じ?)

 

昔のしきたりからしたら「通夜を抜くなんて何事??」かもしれませんが、

ここは、節約云々じゃなくて「心を込めて故人を偲ぶ」ことが一番大事なんじゃないかな。と。

 

逆に、私のように考える人が増えているから「小さなお葬式」が大成長してるんじゃないかな?とそう思います。

親戚関係や、地域性などで、そういうわけにはいかないんだ。という場合もあるかもしれませんが、

都会や地域によっては、これからますます発展するのでは?と感じるお葬式スタイルだと思っています。

スポンサーリンク